ブナセムさんの、気になる事たち

H2Aロケット種子島宇宙センターから打ち上げ成功! 気象衛星ひまわり9号搭載!^^(宇宙航空研究開発機構(JAXA))

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
昨年7月に観測を開始したひまわり8号の同型機の
ひまわり9号を搭載した、H2Aロケット31号機を
2日15時20分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げました。
6e45ee674651a00d0dd66c604673a853_s.jpg
写真は、H2A29号機の時の様子です。


鹿児島県 種子島宇宙センター


ロケットは約28分後、衛星を予定の軌道に投入し、
打ち上げは無事成功しました。^^
9号は衛星のエンジンを噴射し、今月10日ごろに
高度約3万6千キロの静止軌道に乗せる予定。
当面は8号が故障した際に使う予備機とし、
平成2022年度から後継機として7年間、
観測を行う事になっているそうです。
これでH2Aロケットの打ち上げは25機連続で成功した事になり
、成功率を96.7%に高め信頼性を更に高めました。
約170億円と言われている開発費が実を結んで良かったです。
~\(^O^)/~


ちなみに、性能の方は同型機と言う事で、ひまわり8号と同じです。
先代の7号に比べ解像度を倍増させ、観測間隔は30分から10分に短縮。
日本周辺に限ると2分半ごとに観測でき、台風や集中豪雨などの
高い監視能力を持っています。
3種類のセンサーを持ち、雲の形や明るさ、雲や海・陸の温度、
大気中の水蒸気の分布を観測。
それらにより、雲の厚さやてっぺんの高さ、雲の種類を推定できます。
1時間ごとの雲の動きを見ることで上層の風向・風速も推定出来るのです。
これらに地上の観測データを組み合わせて、
天気予報が行われる仕組みとなっています。



凄い!マジで凄い! ^^
成功率を96.7%とか、日本のロケット技術も
捨てたもんじゃあありませんね! (^O^)ノ
そしてひまわりの性能も、
静止気象衛星で世界初のカラー画像を実現した8号と9号。
やるじゃん!三菱重工業・宇宙航空研究開発機構(JAXA) 
(^▽^)ノ


ちなみにワラス、これだけ騒いでおきながら、
衛星画像がカラーで見れるのを知ったのは
つい最近なんです・・・。(^O^;)>
ヤバイ!気象マニアの名がすたるぜ!
けど、本当に見慣れてくると、
こっちのカラーの方が断然見やすいですよ!^^


試しにどうぞ。^^
まず、こっちは従来の白黒タイプ
201611022130-00.png

気象庁 衛星画像「日本域」 より引用


で、こっちが目玉のカラー画像!^^/
201611022130-00 (1).png

同じく、気象庁 衛星画像「日本域」 より引用


如何です?^^
賛否両論はあるかもですが、ワラスは圧倒的に、
カラー版の方が見やすくて好きです。^^
特に、台風の観測・予測で力を発揮するとか・・・。
ひまわり8号・9号の今後の活躍に期待&感謝ですね。

それでは今日はこのへんで! (^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。