趣味・園芸等 (2) - ブナセムさんの、気になる事たち

鉄道ファン必見!  路面電車を堪能…横浜市電保存館で「昭和」へタイムスリップ 30年代の横浜駅前の再現ジオラマも

「ゆず」の地元、横浜に、かつては路面電車が走ってたんですねぇ・・・。^^

今日はそれに特化されて展示されている、鉄道ファンは必見の横浜市電保存館の話題です。^^


かつて横浜市民の“足”としての活躍したものの、44年前に廃止された路面電車
「横浜市営電車」。
その姿を今にとどめるレトロ感満載の施設が市内にある。「横浜市電保存館」は
国内にある鉄道車両の展示施設の中でも、路面電車に特化したユニークな施設です。
かつて通勤・通学で使った市電を懐かしむ来訪者も後を絶たないそうです。

●珍しい貨物専用

 「高校時代はこの電車で通ったんだ。若かったころを思い出すよ」
そんな風に語る、最近では昔を懐かしむシニア世代も増えているそうです。

保存館は横浜市電の滝頭車両工場跡地に昭和48年に開館、計7両の実物車両を展示しています。

最も古い車両は3年に製造された500型車両。外観は港町をイメージしたかのようなブルーで
デザインされている。
木製の床を踏みしめると「ギシギシ」と音がするのも趣がある。
ソファの端にある丸みの帯びた手すりは手彫りで、まるで工芸品のようだ。

運転席の床面にあるボタンを踏むと、「チンチン」と軽やかな金属音が鳴り響き、
昭和にタイムスリップしたかのような感覚を味わうことができるのです。

珍しい車両としては、23年製造の貨物専用路面電車。沿線にキリンビールの工場があったため、
主にビール瓶の運搬などに使用されていた。また、車体に薄茶色とクリーム色を施した
「コーヒーブラウン」色の車両も展示。29年からわずかな期間のみ登場した「幻の車両」です。

●人気のジオラマ

保存館では、かつての停車場の雰囲気を再現するために、段差のあるホームを設置していて、
ホームにずらりと7両の路面電車が並ぶ光景は、圧巻。

もう1つの見どころは3年から54年まで旧国鉄横浜駅駅舎に設置されていた大時計。
昭和の横浜市民にとっては「駅前のシンボル」だったが、取り外した後は保存先が見つからない
状況が続いていました。横浜の“歴史の証人”ともいえる大時計は平成25年の保存館の
リニューアルを契機に館内保存が決まったのです。直径約1・6メートルの大時計は
今も時を刻んでいます。

昭和30年代の横浜駅前をよみがえらせ、横浜市電が走る様子を再現したジオラマも
人気だそうです。横浜ランドマークタワーや大観覧車のジオラマもあり、横浜がどのように
発展してきたかが、ひと目で分かるつくりになっています。

保存館を運営する横浜市交通局協力会では現在、多目的ホールなどの建設に着手しており、
市電が走っていた姿を収めた写真のパネルの常設展示も計画しているそうです。


なるほどですね。^^実は私、中学校まで鉄道ファンだったのです^^>しかもゆずっこの
私としては、大好きな横浜の話題とあって、思わず食いついてしまいますた。^^;

何かやっぱり懐かしいです。かつては鉄道(JR)沿線に住んでいたものですから、
寝台特急の写真とか、路面電車の写真とか、少ないけれど少年心にワクワクしながら
撮りに行ったりしたもんです。

しかし驚いたのは、横浜市電には「貨物専用」車が、あった事ですね。

44年前に廃止になったそうで、私が4歳の時、他所に住んでいた私が知る由もなかったのは勿論、
当然ゆずのお二人は未だ生まれてませんでしたから、彼らも乗るはおろか、
お目にかかったこともない筈なのですね。^^

横浜は、また旅行に行きたい所でもあるので、今度行ったら、横浜市電保存館を訪れてみたいと
思いました。(^^)>

気になるアクセス等の情報ですが


横浜市営電車 明治37(1904)年に横浜電気鉄道が開業後、大正10(1921)年に
市が買収し、発足した。自動車の普及や市営地下鉄開業で利用者が低迷し、昭和47年に廃止。
保存館は、横浜市磯子区滝頭3の1の53。入館料は一般100円など。月曜日休館。
問い合わせは(電)045・754・8505

です。それではまた。^^/

「フットパス」26日(日)朝、NHK総合で放送^o^;> 梅雨明け後・夏休みの旅行計画にも良さそう!

沖縄地方、奄美地方は梅雨が明けていますが、その他の地域は梅雨空が続いていますね。^^;

でも、そろそろ梅雨明け後の、そして夏休みの旅行とかの計画を練ってらっしゃる方々も多いのでは?
^^ まだ決まってない方には特に耳寄り情報だと思ったのですが、
今朝、NHK総合で【歩いて最高!発見の旅“フットパス”】をやっていました。^^

いま全国的に広がりをみせるフットパス。地域にさまざまな変化をもたらしているようです。

実際、日本でもフットパス整備は、まず、各地、自らの暮らす地域において、
個性豊かに育まれてきた文化・歴史・産業・景観等の資源を、地域の魅力として再認識・
調査することからはじめ、その後、それらの魅力にもっとも触れることのできる小径を探し出し、
ルートマップや道標の作成を行います。
 
 そうすることで日本のフットパスは、観光振興の側面のみならず、整備のプロセスそのものが、
地域が自分自身を見つめなおし、自らのよさに誇りを持つとともに、抱える課題に向き合っていく、
まちづくりのきっかけとなっています。
そして、各地がそのことに気付き、フットパス活動のすそ野は全国に広がってきています。

 実際、多くのフットパスは行政ではなく市民団体により整備・管理されており、
地域の魅力の保存・育成および発信のため、環境保全活動、イベント、ツアー企画などが
活発に行われています。

そのような背景を持つフットパス、楽しみ方としては、まず当HP等で確認し、訪れたい地域を決めます。
最初は、ご自宅に近い地域がいいかもしれませんね。^^
 次に、歩くときに迷わないよう、フットパスのコースマップを入手します。
HPや窓口での案内のほか、書店でマップ等の販売もしているそうです。
 あとは、天気のよい日(ここ重要ですね!^^>)にマップを持っておでかけし、
ゆっくりと気に入ったフットパスを歩き、その地域の魅力を思いっきり楽しみましょう。^_^

 なお、地域によっては、フットパス・ウォークのツアーやイベントを行っているので、
そちらに参加してみるのも良いかも知れませんね。
ガイドスタッフの説明や郷土料理のふるまいなど、より深く地域の魅力に触れることが
できると思いますよ。^^

あと、忘れちゃいけない注意点ですが、フットパスは、その地域の「昔からあるありのままの風景」
を楽しむ道です。
 その風景は、自然にできあがったものではなく、地域の方々の長年にわたる自然への働きかけや、
風土に根ざした伝統的な生活スタイル、土地への愛着などの結果として生み出され、
維持・管理されてきたものですので、地元の方々への感謝の気持ちを持って行動し、
道を外れての田畑・樹林・屋敷などへの立ち入りや、ゴミの放置、動植物・山菜・農作物の採取などの
行為は、絶対に行わない事ですね。

あと、天気が良くても川の上流で大雨が降った直後とか、風の強い日の外海の波打ち際なんかも
突然の高波なんて事にならないとも云えないので、どっちも近寄ってはダメですね。( ̄_ ̄)ゝ

それさえ守ることが出来れば、きっと楽しい思い出の残る「夏空の下の思い出」が、
皆さんそれぞれに刻まれる事と思います。^o^/

大旅行に限らず、近所の日帰り旅行としても、気持ちの良いものになると思いますが、如何ですか?
^^

因みに、私が住んでる高知県も、ちょっと町場を出ると、たちまちフットパスのスポットに
なりそうな所が目白押しです。田舎・僻地の、逆に利点ですかね〜?^^> 

家も近所が直ぐに水平線の見渡せる海だったり、海辺の山道(殆どジャングルですよ(汗))だったり、
ほぼ天然林の山道散策だったり・・・。
う〜ん、気になる皆さん、高知県(西南部)にも、この夏、是非フットパスしに来て見て下さいな。
^O^

まぁ、何処を選ばれるにしても、「日本フットパス協会」というところがありますので、
そこのHPにアクセスして情報収集から、ていうのも良いかと思います。^^


ところで、ついでと言っちゃあなんですが、「フットパス」について、意味を調べてみたのですが、
どうやらイギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を
楽しみながら歩くこと「Foot」ができる小径(こみち)「Path」が語源のようです。
なるほど、何だか10年近く前に盛り上がりを見せてた、「エコツーリズム」にも繋がりが感じられる
ものですね〜!
それではまた! ^^/

梅雨も楽しい!進化した傘特集 \(^o^)/ヒルナンデス「詳しく知りたいンデス!」

今日の仕事の昼休みに、TVで「ヒルナンデス」を見ていました。
今回、一番気になったコーナーが、やはり梅雨真っ只中の今、

「進化した傘特集」でした。(*^^*)
(3つ目のWBUなんて、「台風」の時も重宝しそう…。(^^)d)


 先ず、さした時に柄の部分がセンターからずれている事で、

傘の広い部分の位置を回転させる事で、荷物やリュック、

更には前にひさしを持ってくれば抱っこした赤ちゃんをも守って

濡れにくくしてくれる「スマートアンブレラ」、

次に、持ち手の部分にドリンクホルダーが付いていて、

飲み物を置いたときに角度がちょうど良くなる様に

計算されている「カフェブレラ」、

そして何より今回、ワタスが一番気になった、

しかも一番気に入ったのが、「WBU」です!(*^^*) 

この傘は、
傘が回転し衝撃を受け流すことで、

台風のような強風でも壊れない、


万が一裏返ってもすぐに元通りなり、

骨組みが柔軟性のある特殊なプラスチックで出来ているので

曲げても壊れにくい!(^^)/

なんと、これまでに累計250万本以上売り上げた傘だそうです。

ワタスが何故「WBU」を気に入ったかと言うと、

やはり風に対する耐久性ですね。
(*´・ω・`)b 

117/hの風にも耐えられるとありますた。(゜ロ゜)

それでなくても、ワタスの住んでる地域は、

知る人ぞ知る台風の常襲地帯、何より台風なんか来なくても、

秋から春にかけては割りと当たり前に強めの風が吹きまくり、

雨が重なろうものなら情け容赦なく我が家の傘を逆関節を

とったり、はたまた複雑骨折させてくれたりで、

何本の傘が終わっちまったか分かりません。

しかも大半が私と息子の…。( ̄▽ ̄;)

(その内の何本かは安物ではありましたが…。orz)


そんな傘が有ったとは知らなかったワタスには朗報でした。
(^_^)

家に帰ってから、早速調べると、楽天市場で有りました!

(*^^*)値段は安い順に2052円、2592円(何れも税込、送料別)、

3064円、4212円(何れも税込、送料無料)でした。

ワタスに限らず、強い風の吹きやすい地域に住んでる人には、

特に重宝しそうですね。(^_^)

私も夏のボーナスが入ったら、家族で注文したいと思ってます。
(^^)d
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。