メンタル・ヘルス系 (2) - ブナセムさんの、気になる事たち

タラソテラピ〜♪ *ヽ(^O^)ノ* (要するに海水浴^^;)

今日はこちらは、午後から夏空になって来ました。^O^

息子の部活が午前中で終わるので、息子を連れて海水浴に行かない?と、10時頃にカミさん。
^^
ワタスも大賛成!何しろ昨日の、
「恐怖の草刈 partU http://norisem.com/article/440103989.html」で、気が付きゃあ、
朝から筋肉痛&腰痛で何となく久し振りに「タラソテラピー」みたく海水に浸かりたいなぁ・・・、
なんて、丁度思っていた所だったからです。\(^o^)/


タラソテラピーをご存じない方に簡単な説明を付け加えさせて頂くと、
タラソテラピーとは、長い年月をかけて、フランスで療法として確立され、
生命の根源である海の恵みを体内に取り込むことによって、
身体の自然なバランスを取り戻すことを目的とした自然療法です。

その起源は古く、紀元前480年にはエウリピデスが「海は人のけがれを洗い流してくれる」
という言葉を残しているくらいです。

そして、前回の記事「お風呂に毎日入る人の“幸福感”は高い!?http://norisem.com/article/440127614.html」に、書き忘れていたのですが、
湯船どころか、海水に浸かる事が、ダントツ1位の幸福感&癒しだと言えると思いますよ!
勿論、きれいな海水であることが前提条件ではありますが・・・。


そんな海と砂浜が、有り難い事に、我が家から車で30分くらいの所にあります。
本当に感謝感謝です。(^_^) m(_ _)m

娘は午後から近所の友達と遊ぶとの事で、参加せずでした。(−o−)娘、親離れ進行中です。
(;;)

ちょっと寂しいけど、娘は家に残し、カミさんと2人で予定時刻通りに出発し、
学校で息子を拾ってから、その砂浜に向かって車を走らせますた。

殆ど1年ぶりに降り立つその海と砂浜の色の美しさは変わらずで、早速泳げる格好に変身して、
海に浸かりますた。^O^

未だ水温は少し冷たかったけど、晴れて暑くなってきていたので、
有る意味ちょうど良い感じでした。
南の太陽に向かって仰向けになり、海にプカプカ浮くと、本当に超〜気持ち良い!!(^^)

それこそ、自分て見えない力に守ってもらってて、これから何もかも上手くいくような
気持ちになってしまいます。^^

息子を見ると、海から飛び上がるような、不思議なジャンプをしているので、聞くと、
「ドロップキック!」と答え、ウケてしまいました。
あと、暫く見ないうちに、クロールのフォームがキレイになっている事にも驚きました。
(゜O゜)ノホント、子ども達、どんどん成長していくなぁ・・・。と、しみじみ思いました。

海では浮くだけではなく、マイペースに泳ぐことでも、身体は解(ほぐ)れます。^^

私もゆっくり気持ちよく泳ぎ、腰痛もすっかり治ってました。
カミさんとも、時には一緒、時にはお互い、思い思いにマイペースに気持ちよく過ごしていると、
あっちゅう間に2時間は過ぎていました。

公衆トイレに併設のシャワーを浴び、帰宅途中の町で買い物を済ませ、気持ちよく帰りつけました。
有難や有難や・・・。^^

ただ、一つだけ気になったのが、いつもなら、その砂浜には、砂浜と完全に保護色の
小さなカニが、沢山走り回っている筈だったのですが、今日は巣穴は所々あったものの、
姿を見ることはありませんでした。
減ってしまった?(・・;)ちょっと気がかりでした。

しかし、この夏、また何回か楽しみに来たいと思いますた。^^

因みに、場所のヒントは「第55回市民祭あしずりまつり花火大会・・・ http://norisem.com/article/439500228.html」に書いてます。^^

勘の良いあなたは、きっと何処かお解りになると思いますよ!^^
お越しになる機会があったら、絶対お勧めです。

それではまた!セムさんでした。^^/

お風呂に毎日入る人の“幸福感”は高い!? (^^)/

皆さんはお風呂は好きですか?1日の疲れを取ってくれ、ホッと一息リラックス出来る、
そんな理由で私もお風呂は大好きです。^^以下、株式会社オールアバウトさんが、
その「お風呂」と幸福感との関連性を調査してくれていて、面白いなと思ったので、
紹介させて頂きますね。^^4


「お風呂に毎日入ると幸せになれる」。これは思いつきのつくり話ではなく、
科学的な研究に基づく話です。

2012年に静岡県の6,000人の住民を対象にした調査が行われました。その結果、
3,054人の方から回答を得ることができ、株式会社オールアバウトの研究グループはデータを
解析しました。毎日のお風呂(湯船に浸かる)習慣と幸福度の関連について分かったことがあります。


■幸福度とは?

個々人がどのような思いで暮らしているのか、ということを数値として測定するツールの
ひとつが「幸福度」です。国際的には先進国や途上国でも測定されています。
これは必ずしも所得とリンクしているわけではなく、国際的に見ると日本では1人あたりの
所得が高くても幸福度が低い、ということも指摘されています。

我が国では内閣府が国民生活選好度調査として幸福度を測定しています。具体的には、
現在どの程度幸せかを10段階評価(「とても幸せ」を10点、「とても不幸」を0点)で尋ねる
という方法です。今回のオールアバウトの研究でも内閣府と同じ方法で幸福度を測定しています。

■お風呂と幸福度の関係は?

今回の研究の結果、お風呂に毎日入る人に幸福度が高い人が多いということが分かりました。

研究では、お風呂の習慣について、「週に何回湯船に浸かる入浴をしているのか」を尋ねました。
その結果、約半数の人が週7回以上お風呂に入ると回答しましたので、週7回以上お風呂に入る
グループ(毎日お風呂に入るグループ)と、週7回未満しかお風呂に入らないグループ
(毎日お風呂に入らないグループ)に分けました。

また、幸福度についても半分ずつにグループが分かれるように8〜10点の人を幸福度が
高いグループ、7点以下の人を幸福度が低いグループとしました。

・毎日お風呂に入る人:幸福度が高い人の割合が54%

・毎日お風呂に入らない人:幸福度の高い人の割合が44%

毎日お風呂に入る人では幸福な人が10%も多いということが分かりました。

■なぜ毎日お風呂に入ると幸せなのでしょうか?

なぜ毎日お風呂に入る人に幸福度が高い人が多いのでしょうか。これは、私たちが
お風呂に入って感じる「気持ちが良い」という感覚が数字に表れたということだと思われます。

お風呂には温熱効果や浮力効果がありますね。温熱効果で血液の循環が良くなると
新陳代謝が活発になり、体の疲れが取れすっきりします。また、肩こりや腰痛といった
慢性的な痛みも改善します。浮力効果は、入浴中には体重の重力からの開放をもたらし
リラックス効果を生み出します。

こうした効果はこれまで多くの医学的な研究から分かっていますが、これらのお風呂の効果の
毎日の積み重ねが、幸福感につながっていると考えています。

■シャワーではダメなの?

この研究では同じようにシャワーについても尋ねました。毎日シャワーだけの人のグループと

それ以外の2つのグループに分けています。

・シャワーだけの人:幸福度が高い人の割合が38%

・それ以外(湯船を使用している人も含む):幸福度が高い人の割合が50%

つまり、シャワーだけ浴びている人は幸福度が低いということです。シャワーでは湯に
浸からないため、得られる温熱効果も少なく、浮力効果はありません。そのため、
新陳代謝や痛みを改善したり、リラックスする効果が少ないと考えられます。

と、云う事なのですが、幸福度の数値を8点以上に絞ったのは、やや辛口だなぁ、と思いつつも、
その数字での幸福感ならば、逆に精度が高いかも?とも思えますね。^^

しかし、確かに「幸福度」を数値で表せたのは解りやすくて良いなと、更に思いつつ、
シャワーのみの方にも幸福度の高い人が3割強も居る事に、逆に興味が湧いてきた私て、
まさかひねくれてる? ^^;>

そして、湯船に使ってる人の幸福感はほぼ半数、残りの半分の方は湯船に浸かるだけでは、
もはや幸福感に届かない?^^;今回は、静岡県民を調査の対象とされたようですが
(これだけでも凄い事ですがね・・。^^;)、
もしも全国でデータが取れたらどうなんでしょうね?^^

地域によって、もしかして違いがあったりして・・・。^^
なんて更なる想像も膨らんで来ますた。


因みに我が家では、夏場(7〜9月上旬)までは、あまりの暑さに、水シャワーの方が気持ちよく、
リラックスして眠れる事も多いですよ。^^;> 
しかし確かに、筋肉痛や腰痛には湯船に浸かるが1番ですよ! ^^

あとは自分の育てたハーブやヨモギをネットでくるんで鍋で煮立て、そのお湯とハーブを
ネットごと一緒に湯船に入れて、「ハーブ風呂」にしています。^^
普通に風呂に入るより、リラックス効果、倍増ですよ。(^_^)/

都会のお住まいの方は入手が難しいかと思いますので、ご自分に合った香りの入浴剤を
代用されてみるのも良いんじゃないでしょうか? ^^

今後は意識して取り入れてみると、違いが感じられて、面白いかと思います。

それでは今夜も気持ちの良い風呂に浸かって、幸福感ゲット!といきましょう!^^

セムさんでした。(^^)/

カフェインの"眠気覚まし効果"は3日以上は続かない!? 米国・APSS(睡眠専門家協会)集会で発表。

皆さんは眠くても眠るわけにいかない時、眠気覚ましに何を摂りますか?^^

私を含め、多くの人はコーヒーをはじめとする、カフェイン飲料、ではないでしょうか?

平日の平均睡眠時間が6時間を切るような場合、「カフェイン飲料」を頼りにしている人は
少なくないそうですが、カフェイン神話を揺るがせる研究報告が、過日、米国・デンバーで
開催されたAPSS(睡眠専門家協会)集会で発表されたそうです。

 報告者は、メリーランド州シルバースプリングにあるウォルター・リード陸軍研究所の
Tracy Jill Doty氏らです。
それによると、何日か連続で睡眠不足が続いた後は、意外にもカフェインによる覚せい
(=眠気覚まし)や精神能力(=集中力)を改善する効果が得られなくなるという事です。


★3日目以降はプラセボと同じ結果に

カフェイン効果を探る研究は、次のような手順で行なわれた――。

健康なボランティア48人が集められ、一晩の睡眠を「5時間」に制限した条件下で、
5日間を過ごしてもらった。その間、被験者たちは1日2回、200mgのカフェインか
有効成分を含まないプラセボ(偽薬)のいずれかを摂取し続けた。

さらに、目が覚めている間は1時間ごとに知的技能テストが全員に実施され、
それが5日間にわたって繰り返されました。

その結果、最初の2日間こそカフェイン摂取組がプラセボ組よりも優位性を示し、
試験成績がよかったが、残りの3日間の成績は、逆転までは至らないまでも、
プラセボ組との差が認められなくなってしまったそうです。

前出のDoty氏は「カフェインは睡眠が足りない時の能力低下に抗うために、
世間でも広く使用されています。
しかし、今回のデータは、1日当たりの有効用量のカフェインを摂取し続けても、
複数日の睡眠制限から生じる能力低下を補う(予防する)には不十分であるという
事実を示唆しています」と話しています。

そして、平均的なコーヒー1杯分のカフェイン含有量は95mgだが、
「とりわけ意外だったのは1日2回の、200mgのカフェイン摂取による能力上昇が、
3日間(×5時間)の睡眠制限後に失われてしまった点でした」と、
Doty氏は自身の実験結果に驚きを隠せない。

カフェインが効かないのなら、ミカンにリンゴ、スルメやワサビも総動員!?

であるならば、3日目以降も睡眠時間を削らなければならない強行時期は、
カフェイン以外の眠気覚ましを工夫しなければ乗り越えられないという事になりますね。


近年は「フリスク芸人」なるコトバも生まれるほど、清涼菓子の愛好家も増えているようです。
ライバル商品に至っては、粒が通常(0.14g)の7倍(1.00g)もあるメガ版まで登場し、
「巨大ミンティア」とも呼ばれています。

因みに私は、ブラックミンティアを、時々舐めますが、短時間なら効き目が有りますが、
長時間の効き目は難しいし、摂り過ぎると何故か、咽喉が渇いてきます。

一方、21世紀を象徴する新・四文字熟語とさえ呼びたくなる眠気覚ましドリンク「眠眠打破」
シリーズは、現行では最上位の商品(ラスボス!?)も登場。その名も『激強打破』は、
含有成分も強烈です。

その原材料には、飲む前から思わず目が覚めそう。「スッポン、赤マムシ、サソリ、蟻、
ウミヘビ、馬の心臓......」。
もはや、読むカフェイン飲料か!?

これはワタスは初耳ですた。因みに私見ですが「眠眠打破」はよく効きますたが、
味の方は不味かった・・・。(T_T)
『激強打破』に至っては、成分を見ただけで、眠気が覚めるを通り越して、
興奮してしまいそうな・・・。味も気になりますね。^^;

カフェイン摂取の大きな目的が眠気覚ましや集中力アップにあるならば、
エナジードリンクでさらに補完しようと考える人も多いでしょうね、
ワタスもかつてはその1人ですた。


しかし昨年、24時間営業のガソリンスタンド従業員の男性が、エナジー・ドリンクと
カフェイン錠剤を併用し続けた結果、体調不良を訴えるとともに嘔吐で動けなくなり
、最後は緊急搬送されたものの死亡したという報道もありましたよね・・・。(;o;)

エナジー・ドリンクには、低血糖から生じる脳の働きを活性化されるための砂糖が
大量に含まれている、という盲点もあります。
最近ではエナジー・ドリンクとアルコール類を混ぜる飲み方も蔓延し、カフェインの
マスキング効果から無自覚裡に飲み過ぎてしまう傾向も増えているそうです。

怖いですね、ご自身の身体をよ〜く感じながら摂る様にしたいものです。

日本人の体格を鑑みると、健康な成人のカフェイン摂取量は1日当たり400mg
(マグカップでコーヒー3杯分)と内閣府の食品安全委員会も提唱しているそうです。
その効果も「睡眠不足2晩目まで」というのであれば、他の眠気不足対策も
動員してみるほうが賢明かもしれませんね。

コーヒーを筆頭とするカフェイン信仰一辺倒ではなく、その香りがα波を取り除いて
脳を覚醒させる「ミカン」効果や、丸かじりで脳を刺激して脳を活性化させる「リンゴ」効果。
同じく噛む効果が生まれる「スルメ」や、嗅ぐだけで安上りな「ワサビ」効果なども侮れないと
思います。


しかしですね、ワタスはそれらを読んでてつくづく思ったのですが、そこまで眠くなった時は、
ほんの15分でも「仮眠」を取った方が有効だと、体験的にも感じます。

仕事柄、夜勤明けはホントにしんどいです。(@_@)
夜勤中に2時間の仮眠休憩があるのですが、実質、眠れるのは1時間40分位、勿論、
無いよりは全然良いのですが、仮眠明けから、朝9時に夜勤が終わり、
家に帰りつくまでが1番、眠気との戦いになる事が多いです。

帰宅途中の車の運転中に、強い眠気に襲われ、ヤバイと思って、道路の大きくふくらんだ
休憩所の所まで頑張り、仮眠を20分位取った事もありますが、そのお陰で全然大丈夫になって、
難なく家まで車を運転して帰った記憶があります。

夜勤のない仕事をしている人でも、これが毎日、睡眠不足との戦いになってる人はなおの事、
ワタスの体験が使えるのではないでしょうか?(^^)>

と、言いつつも、やっぱり睡眠不足にならないような、のんびりとした毎日を安心して
過ごせる世界が1番なんじゃないかなぁ・・・。
なんて思う今日のセムさんでした。

それじゃ今日もお休みなさい。(−▽−)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。