社会 (4) - ブナセムさんの、気になる事たち

絶滅危惧種クジラ ザトウクジラ個体群 大半が米絶滅危惧種リストから外れる

皆さんこんにちは。^^

クジラが絶滅危惧種に認定され、商業捕鯨がかなり前に禁止になってた事は、
ワラスも何となく知ってはいたのですが、その中の一種「ザトウクジラ」の
個体群の大半が、国際的な保護活動が奏功したため米国の絶滅危惧種リストから
外れたと、米海洋大気局(NOAA)が6日、明らかにした、とありました。

ザトウクジラに関しては個体数が回復しているようです。

yjimage (2).jpg
[海面から勢いよく跳ね上がるザトウクジラ 
Yahoo検索より]

詳細を調べてみると、AFP=時事 によると、

海洋哺乳類に対する過去40年の米国および国際的な保護・保全計画により、
ザトウクジラの14の個体群区分のうち9区分が史上最低水準からの回復を果たした。

商業捕鯨によりザトウクジラの個体数が激減し、米国では1970年、すべての
ザトウクジラが絶滅危惧に指定された。
今日、絶滅危惧のリストに残るのは4区分の個体群のみで、もう1区分は「
絶滅の恐れがある」と指定されている。

NOAAによると、国際捕鯨委員会(IWC)が1982年に採択した、現在も効力のある
商業捕鯨モラトリアムが、ザトウクジラの固体数の回復に決定的役割を果たしたという。

絶滅が危惧される4区分のうち2区分の個体群は、米海域では一年間のある時期にのみ
見ることができる。中米からの個体群は太平洋の米国西海岸(US West Coast)沖で
餌を求め、また太平洋北西地域の個体群はベーリング海(Bering Sea)および
アリューシャン列島(Aleutian Islands)の付近に現れる。

「絶滅の恐れがある」と指定されているメキシコの個体群は、米国本土の
西海岸とアラスカ(Alaska)に定期的に移動している。

NOAAは 2010年にザトウクジラの状況について広範な見直しを開始。
その結果ザトウクジラを14の異なる個体群区分に分類した。

米国では8月、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領が、
ハワイ諸島(Hawaiian Islands)北西の数千種の希少海洋生物が生息する
世界最大の海洋保護区を設立している。
【翻訳編集】 AFPBB Newsより引用


さて、ワラスはここで語られている、「個体群区分」て何じゃらホイ?
(同じ疑問を持った人も少なからず居そうに思ったので)と疑問が湧きましたので、
調べてみましたら、こちらのサイト http://www.ifaw.org/international/news/20445357031237312428123901236512383124701248812454124631247212521123982049120307259682223824489 には
「ザトウクジラのアラビア海個体群とオセアニア個体群」等と書いてあったり、
上記の引用記事内にも、アリューシャン列島とかベーリング海とありましたね。
因みにアリューシャン列島とベーリング海ですが



この地図の青チェックの入っている辺りの、弓状に並んでいる島々が
アリューシャン列島。そして少し上の方に、ベーリング海と青い文字で
書いてありますね。^^


今回の記事で個体群が確認された区分域のひとつがこの海域だと、理解しました。
要するに、それぞれの大きな個体群が生息(生活)している定住海域の事ではないかと
思われます。^^;

そう考えると、ザトウクジラも、居住海域ごとに大きな群れが、
それこそ国境のないザトウクジラ村みたいなイメージで存在しているようにも
思えませんか? ^^;>


あと、もう一つ気になった「NOAA」とは、Wikipediaによると、
アメリカ海洋大気庁(アメリカかいようたいきちょう、
National Oceanic and Atmospheric Administration)は、
アメリカ合衆国商務省の機関の一つ。
海洋と大気に関する調査および研究を専門とする。
略称はNOAA/ˈno(ʊ).ə/(ノア)。日本語圏ではアメリカ海洋大気局と表記されることも多い[1]。

概要
自然災害からより安全に人命や財産を保護すること、環境に対する理解を深めること、
海洋資源の有効利用に向けた探査・開発を推進すること等を目的として、
ニクソン大統領の提案により、1970年に設立された。
本部はワシントンD.C.近郊のシルバースプリングに所在する。


となっていました。なるほど、環境に対する理解を深めること、
海洋資源の有効利用等の面から、クジラの生態調査等行っていたのでしょう。


こちらに限らず、日本の水産庁でも、南極海域のザトウクジラの個体数が急速に
回復していることを日本鯨類研究所も今春に明らかにしているようです。


しかし、忘れられがちかもですが、クジラの種類って意外と多くて、
80種類くらいいるそうで、全てのクジラが絶滅の危機に瀕しているわけではないようです。

その他、シロナガスクジラ、セミクジラが今回のザトウクジラと同じような状態に
あるようで、逆に、ミンククジラ・ニタリクジラ・イワシクジラ・マッコウクジラ・
ナガスクジラは個体数も多く、年々増加傾向にあるようです。

話はそれましたが、別に大事にするべき・されるべきは、クジラだけではなく、
同じ地球に住む生物は動植物を問わず皆、大事にされるのがスジかなぁ?と。
勿論、人知を超えた「バランス」が土台にあってこそ、であって、
人間の左脳的浅知恵を過信する事は、地球にとってもワラス達人類にとっても
長い目で見てどうなの?と、ついつい思ってしまいました。

まぁしかし、思うところは色々あるにせよ、絶滅危惧種が少しでも解放されたという
意味では、セムさん、良かったなぁ、とも思いました。
その辺の話は、また別の機会にと言うことで・・・。

今日はこのへんで。最後まで読んで下さり、有難うございました。(^^)/

カカオ豆減少でチョコレートが危機?(・・;)代替にアムラタマゴノキが救う?!

皆さんこんばんは。^^

今日は突然ですが、皆さんはチョコレートの主原料になる「カカオ豆」(の、生産)が
減少していて、実はチョコレートが危機に陥って来ているという事をご存知でしたか?
そしてその代替の植物でアムラタマゴノキと言う植物も有力候補に上がっているらしいことも。

チョコレートも好きなワラスは、そんな事とはつゆ知らず、寝耳に水的なショックでした。

しかし、一体何故なんでしょうね。その辺り、セムさん調べてみますた。^^;


★カカオ豆は生産が難しい

yd_fujii1.jpg
  [中米で撮影されたカカオの木と果実
   この中にカカオ豆が詰まっている]

@:カカオの苗は、植えても、実をつけるようになるまでに2〜3年はかかる。
さらに品質のよいカカオの実 が収穫できるようになるまでに6〜7年は必要と
言われている。
カカオは幹に直接花が咲き実になる植物だが、プランテーションのような
人工的な環境では、花から実になるのは全体の1〜3%程度しかなく、
非常にわずかな量しか収穫できない事。

A:カカオは限られたエリアでしか育たない。赤道から南北緯20度以内の範囲で、
年間平均気温が27度で16度を下回ることがなく、年間降水量が1500から
2500ミリメートルほどある、高温多湿な環境でないとダメな事。
さらに肥沃で水はけのよい土壌が好ましく、強風にあおられることのない
海抜700メートル以下の場所が理想的である事。

B:病害による被害は深刻で、ひとたび病害がまん延すればカカオの生産量が激減し
正常な状態に戻すのが難しくなる。ICCOの試算によると、カカオの世界生産量の
30〜40%を損失してしまう可能性がある事。

(藤井薫,Business Media 誠 より 一部引用)



と、あるように、そもそも栽培条件が厳しく難しそうですね・・・。

しかも、これらの条件を満たしていた、特に生産量・シェアの多い
西アフリカ地方の気候が、気候変動で乾燥化(好ましくない条件)しており、
生産量が減少しているようです。

更に、2013年のデータでは、全世界で生産量よりも7万トンを超えるカカオが
消費されたとあります。


なるほど・・・、生産量は減って、消費量は増えて・・・。
ここまで見ると、チョコレートが危機なのは当然ですね・・・。(;_;)


それじゃあやっぱり、将来的にはチョコレートは庶民の口には入らなくなるの?
と、少し不安になりました。
しかし、病害に強いカカオが品種改良で研究され続けていて、中南米の産地では
効果も出始めているらしい事。

そしてもう一つ、CNNによると、アムラタマゴノキと言う植物のバターは
カカオ豆からつくるココアバターに成分や特徴が近く、
チョコレートの原料の代替として利用できる可能性があることが分かったという、
研究結果がこのほど科学誌に発表されたそうで、
それらだけを見ても、光明が無い訳ではなさそうですね。

因みに
yjimage.jpg
 アムラタマゴノキ(Yahooより)
ウルシ科、原産地はインド、東南アジア。タイでは全国の雑木林に多数生育。
若葉と果実が食用になるそうです。



しかしですね、セムさん、ここまで調べてみて思ったんですが、気候変動といい、
それによる生産量の減少や止まらない過剰消費といい、
全てワラス達人間の自己責任じゃぁないですか・・・。

勿論、ワラスもですよ。(TT)

それだけじゃぁありません。以下のリンクの記事も読まれてみる事もお勧めします。

「チョコレート産業の裏側、なぜカカオ農家は豊かになれないのか」
  http://www.cnn.co.jp/business/35044552.html?ref=yj


読んでみての大雑把な感想ですが、要はカカオ農家が、そしてその国々の方々の
労働が安く買い叩かれ、搾取されてる構造がそもそも問題ではないだろうか?と。

自分も無自覚に搾取の側だと言うのに、セムさんですら思ってしまいました。
チョコレートの危機から見えてくる、真実の平和とはまだまだ言い難いこの世界。
根本の問題の解決はやはり、戦争がない事、搾取する者・される者のいない、
フェアトレードが当然、の価値観の世界じゃぁなかろうか?
と思った事でした。

今後はチョコを食べる時、せめてそんな意識も持つようにしようと思った
今日のセムさんでした。
それではまた。(・・)/

高速増殖原型炉 今後10年運転なら6000億円追加支出要 政府試算、廃炉含め検討 「もんじゅ」について ヽ(`д´)ノ

皆さんこんばんは。^^ 台風10号は30日に東北地方に上陸の可能性が強くなったようで、
関東・北日本はまたもや大雨・強風・高波等心配です。大した事が無いことを願っています。


ところで、しかし今日は、別の意味での心配つうか気になる話題です。
ほんとにもう!おっかなさと言ったら台風の比じゃねーぜ! ヽ(+д+メ)ノ
と、言う訳で、今日のテーマは高速増殖原型炉「もんじゅ」の話題です。



管理上の相次ぐミスで停止中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、
現行計画に基づいて今後10年間運転する場合、国費約6000億円の追加支出が必要に
なると政府が試算していることが28日、分かったそうです。既に約1兆2000億円を
つぎ込みながら稼働実績がほとんどなく、政府は菅義偉官房長官の下のチームで、
廃炉も選択肢に含めて今後のあり方を慎重に検討しているとの事。


もんじゅを巡っては、原子力規制委員会が昨年11月、運営主体を
日本原子力研究開発機構から他の組織に代えるよう所管の文部科学相に勧告。
それができなければ廃炉も含めた抜本的な運営見直しをすることも求めた。
文科省はもんじゅの運転・管理部門を同機構から切り離して新法人に移す方向で調整していた。

複数の政府関係者によると、もんじゅの再稼働には、福島第1原発事故を踏まえた
高速増殖炉の新規制基準を規制委が作った上で、これに適合させる改修工事が必要になる。
運転には核燃料198体を4カ月ごとに4分の1ずつ交換しなければならないが、
もんじゅの燃料を製造する茨城県東海村の工場も新規制基準に対応しておらず、
耐震補強などが必要だ。内閣官房を中心にした費用の検討では、こうした対策費に
10年間の燃料製造費や電気代、人件費などを加えると追加支出額は約6000億円に
達するという。停止中の現在も、維持費だけで年間約200億円がかかっている。

政府内には「(原型炉の次の段階の)実証炉を造れる金額。それだけの支出に見合う
存続の意義を国民に説明するのは難しい」という厳しい意見など、廃炉論さえある。
原子力機構は2012年、廃炉には約3000億円かかるとの試算をしており、
再稼働するかどうかに関わらず今後も多額の国民負担が必至だ。

もんじゅは1985年に着工、95年8月に発電を開始したが、約3カ月後に冷却材の
ナトリウム漏れ事故で停止した。
10年5月に再稼働したが3カ月半後に燃料交換装置の落下事故が起き、
稼働・発電実績は1年に満たない。

文科省の担当者は「再稼働後の運営方法の想定次第でいろいろな試算があり、
それぞれ精査中。金額についてはコメントできない」と話している。

 【ことば】もんじゅ

通常の原発の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムとウランを燃料とし、
使った以上のプルトニウムを生み出す「高速増殖炉」の実用化に向け試験を行う原型炉で、
国の核燃料サイクル政策の中核。冷却に使うナトリウムは空気や水に触れると発火する
恐れがあるため扱いが難しく、1995年には漏えい事故が発生。
2012年には約1万件の機器点検漏れが発覚し、規制委から運転禁止命令を受けた。
                                (毎日新聞より)



うわあぁああぁああっ! 何ちゅう金の無駄使い!!
10年間で更に6000億円?その前に、停止中でも維持費で年間200億円?
と、言う事は、停止して20年て事で、200×20で4000億円!
少なくともこれだけ既に掛かってて、1兆2000億円を既につぎ込んでて、
稼動実績がほぼ0(ゼロ)!
どうせ本当は1Kwも発電してないに決まってらぁ!!

文科省担当者のコメントでも、
「再稼働後の運営方法の想定次第でいろいろな試算があり、それぞれ精査中。
金額についてはコメントできない」て、
まともにコメントしたら炎上するような内容なんじゃないでしょうな・・・。


今更ながら、そんなに金がつぎ込まれてたのかぁ!
て、かねがね、原発関係は金が無茶に無駄使いされてる、てウワサは聞いてたけど、
ちょっとでもこんな具体的な話を聞くと、
「そんな金が有るんなら、俺は欲が無いから(笑)1億円でいいから俺によこせぇっ!」
とでもセムさん、言いたくなっちまいますよ!

だいたい、核燃料の冷却材に、金属ナトリウムが要るって時点で、何でそんな事してまで?
てなりません?
ナトリウムて、化学反応が激しい物質で、化合物としての存在はいくらでも有りますが
(ex:食塩とかね)自然界では単体での存在は不可能ですよ。
それをわざわざ単体の金属ナトリウムにして、冷却材で使用する為には、
ナトリウム化合物を還元し、発熱やら発火させずに維持しなければならず、
そのために費やす時間やエネルギーだけでも、どれだけ無駄なんだよぅ!


まったく・・・、Dioやジョルノ・ジョバーナじゃなくても「無駄無駄無駄無駄・・・・・!」
と叫びたくなるに違いない!
おまけに燃料とくりゃぁ、おっかないウランやプルトニウム・・・。
あーあ、未だに原発推進に拘り続ける皆さんこそ、福一の事故から何を学んだんだよ〜!
ヽ(TOT)ノ 

命だけじゃなく、お金も時間も猛烈に無駄になってるじゃん!
もう止めようよ・・・。国民負担になるつうのが納得いかんけど、
廃炉に3000億円の方がまだマシやんけ!

だいたいこないだまで、数年間、原発稼動してなかったけど、
電力不足、起きてなかったじゃん!

「もんじゅ君」(Twitter)の話も聞いてやってよ・・・。
「もんじゅ君」と考える高速増殖炉=畠山哲郎(大阪科学環境部)http://mainichi.jp/articles/20160107/ddm/005/070/012000c

セムさん、今日は妄想爆走します! ヽ(@∀@)ノ


だからさ、いい加減にフリーエネルギーの存在を素直に認め、実用化に家事を、
あー間違えた。舵を切って下さいな!(^O^)/

例えばこんなの
「【フリーエネルギー】世界中の政府が隠す究極フリーエネルギー!
これがあれば、原発も石油も要らない!」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-165.html
とか

「ついにフリーエネルギーが開示された!|世界と日本の真実」
http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11733511253.html
とかね・・・。

これらのリンク先の記事を読んで頂いた時、今までの常識に外れているからと、
頭ごなしに否定するのではなく、ショックも受け入れながら、
少しでも理解出来るところがあったら、そこから知っていく・・・。
それこそが謙虚さや、新しい世界(観)を手に入れていく可能性だと、
セムさんも思うのですが・・・。


しかし、この手のネタは書き出すとキリが無いので、今日はこのへんで。
今日も最後まで読んでくださって有難うございました。^^

それではまた。セムさんでした。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。