社会 (3) - ブナセムさんの、気になる事たち

パンダって絶滅危惧種だった?! でも朗報 ^^ 絶滅危惧種から外れる

みなさんこんにちは。^^
パンダって絶滅危惧種って知ってました? (゜д゜;)
ワラスは恥ずかしながら知りませんですた。(−−;)
しかし、心配もつかの間、どうもその、絶滅危惧種からは除外された模様です。


1c17a5d765394a9e88b3501222aebeb3_s.jpg


どういう事かというと、近年、中国でパンダの数が増えてきたため、
国際自然保護連合(IUCN)はパンダを絶滅危惧種から外したそうなのです。
先日のワラスは、同様の話題で、ザトウクジラの事を書いていたのです。
http://norisem.com/article/441723061.html


今回はそれに続く同様の朗報として、ワラスの気に止まったのですた。^^


[中国政府は、自国のシンボルともよべるパンダを救うために努力をした結果、
近年では野生のパンダの数が17%も増えました。現在では、この10年間で1番多い数の
2,000頭まで増え、絶滅危惧種から脱出することができました。
現在は「危急種」という分類になりましたが、これからも竹林を増やしたり、
密猟を厳しく取り締まったりして対策していくとのことです。


絶滅危惧種から外されたからといって、もう心配ないというわけでは
まったくありません。
パンダの生息する竹林地帯は増えているものの、未だ数十頭のパンダしか、
十分に餌を手に入れられない竹林もあるようです。2015年の調査の結果、
中国のパンダが生息している地区は合計33カ所で、そのうち18カ所では
10頭以下しか生息していないことが分かりました。
この状態に対して中国は、野生動物保護区を作ることで解決しようとしています。]

ギズモード・ジャパン 9月19日(月)19時10分 より一部引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00010001-giz-prod


中国も本気を出せば、このくらいの事をやってしまえるのですね。
どうも、公害やら汚染やら、大雑把に国際問題やらで、ワラスの中でも
イメージが良くなかった中国ですが、見直しますた。^^


先日の、ザトウクジラの記事でも語らせてもらいますたが、特定の生物種の保護は、
地球環境や生態系全体のバランスとかへの配慮と言う課題はあるかと思うものの、
努力次第で失いかけたものも、取り戻せるのだと云う事を証明出来た、
嬉しい事例の1つだと思った事でした。


実際、中国も気候変動等で、今後はパンだの餌になる竹林が3割は減少してしまうとの
予測もされているようで、やはり、地球全体の課題として捉えていく必要がありそうですね。


ところで、パンダは漢字で「猫熊」と書かれるほど、クマの仲間でありながら、
あの体毛の模様プラス丸顔の愛らしい顔立ちが特徴的ですが、その理由は
野生のパンダの主食は竹で、竹は全体の食物の99%以上を占めるといわれている
事にあります。
(食べ物の不足する冬季に、人里に下りてきて、人間の食べ残した残飯や
死んだ小動物・家畜を襲ったりしてニュースになる事もあるそうですが・・・。)
その竹や笹を食べる為に進化(変化?)した奥歯は人間の7倍ほどもあるそうです。
(凄っ!!)
しかもパンだの頬骨の周囲には、硬い竹を噛み砕く為に大きく発達した筋肉が
あるので、そのお陰で、クマとは違って、可愛らしい丸顔になってるということです。
納得!^^


因みに、日本で動物園で飼育されているパンダは、中国からのレンタルだそうで、
上野動物園のパンだの雄と雌のレンタル料は1年で8000万円ほどだとか・・・。
(レンタル?しかもそんな高けーのか・・・。)


と、云うわけで、今日は平たく言って、パンダとパンダ好きの人には、特に朗報となる、
パンダ絶滅危惧種からの解放、という話題でした。
それではまた。(^^)/

とんだマラソン大会 115人がスズメバチに刺される 岐阜県飛騨市 (TT)

皆さんこんにちは。^^


暑い夏も徐々に終わる気配を見せ始めた地方も多い中、スポーツの秋を象徴するように、
各地でスポーツイベントも多くなる時期かと思いますが、今日の話題のような、
他の生き物による事故にも気をつけたいところです。


11日午前10時ごろ、岐阜県飛騨市神岡町で開かれていた
「第18回山の村だいこんマラソン大会」ハーフの部を走っていたランナー
115人が蜂に刺されるという事故が起きてしまいました。
幸い、重傷者はいないもようです。


岐阜県飛騨市神岡町



この大会はハーフと10キロ、5キロ、3キロの部があり、計1500人あまりが走り、
ハーフの部はその内700人弱の方々が走ったようです。打保橋(うつぼばし)
は長さ14メートルで、ハーフの部の参加者だけが走る場所だったそうです。
ランナーは7キロ地点の打保橋付近を通った際に、次々に蜂に刺されたとの事。
橋げたの下にキイロスズメバチのものと見られる巣が見つかったそうです。
恐らく、マラソンランナーが橋を通過する際に橋が揺れ、ランナーの踏み鳴らす
振動に驚いたキイロスズメバチが驚き、ランナーを敵と勘違いして刺したのでしょう。


しかし、マラソンランナーの方々も、ハチに負けず劣らず驚いた事でしょう。
まさかマラソン中にスズメバチに刺されるとか、そうそう予想なんて
出来るもんじゃぁないですよね。
しかも、こっちは痛いは腫れるはで、とんだマラソン大会になってしまいました。
軽症者だけですんだのが不幸中の幸いだったと言うべきでしょう。(T T;)


2536421301_faae9d51d0.jpg
by:chausinho スズメバチ


キイロスズメバチは体長17〜24mmで、スズメバチの仲間としては小型な部類で、
他のスズメバチと比べ、黄色い体色が特徴。
性格は凶暴で警戒心が強く、執念深いそうですが、スズメバチの仲間は総じてその辺、
大差ないのでは?と思いますが如何なものでしょう?


今回の事故が起きた橋は、そんな習性のハチが巣を作った位ですから、
恐らく普段は人も殆ど通らない、山中の道路のひっそりとした橋だったのではないでしょうか。


何にせよ、これから1〜2ヶ月はスポーツや山のイベントもあちこちで行われるでしょう。
しかも、8〜9月いっぱいまではスズメバチの活動シーズンです。
しかしスズメバチ恐し、と言っても、本来は刺激しなければ何もしてこないので、
ハチが飛んできたら、近くに巣があるかも?と予知し、あまり近づかないように
あらかじめ事故を予防するのも必要ですね。
もし、巣があるのを知らずに襲われたときは、80m以上は逃げないと、追いかけてくるそうで、
姿勢を低くして逃げるのが良いそうです。


と、言うわけで山でのイベントも油断大敵!と、今日は結ばせてもらおうと思います。
それではまた。(^^)/

人工地震?核実験?! 北朝鮮にテンヤワンヤ? (〜_〜)>

皆さんこんにちは。^^ 


突然ですが、ブログタイトル変えました。^^;>
スタンスは今まで通りです。
今後ともセムさんをよろしく願いします。^^ 


ところで、今日午前中、職場で利用者様用に流しているTVから、
「北朝鮮でM5,5の地震」と出ているがチラと目に留まりますた。
帰ってから、詳細を色々調べてみました。先ずはどういう事か見てみましょう。



●北朝鮮で観測の地震 気象庁「爆発による地震波の可能性」

北朝鮮で観測された地震について、気象庁は、自然地震ではなく、
爆発による可能性があると発表した。
気象庁は「何らかの爆発があれば、こういった波形を観測されることはある」
と発表した。


9日午前9時半ごろ、北朝鮮付近を震源とするマグニチュード5.3の地震が観測された。
気象庁によると、今回観測された地震の波形は、過去に北朝鮮が核実験を実施した際、
観測した波形と似ていて、震源はほぼ同じで、自然地震活動が見られない地域だという。
こうしたことから気象庁は、自然地震ではない可能性があるとしている。
   9月9日(金)18時20分  Fuji News Network より引用


WS000980.jpg

これ読んでて、セムさんは「オヤァ〜?」と、思いますた。
興味のある方は、ワラスじゃなくても気が付かれていると思いますが、
TVで「人工地震」て、始めて聞くなぁ・・・、と思いませんでしたか?

9238371b67cfb2a4473dbcd023d0ec02-300x176.jpg


で、案の定「核実験」報道です。

韓国からも
「核実験の可能性高い」 国家安全保障会議開催

韓国政府も9日朝の揺れを「核実験の可能性が高い」とみて、
緊急の国家安全保障会議を開くなど、情報の収集と分析に追われています。

韓国政府は、午前9時半ごろの揺れについて「大規模な爆発による人工地震とみられる」
と発表。軍の関係者は取材に対して「核実験と分析している」と話しています。
また、聨合ニュースは「今までの核実験で一番規模が大きい」と伝えています。

韓国メディアは、9日朝の揺れの後、一斉に特別放送に切り替え、大きく報じています。
韓国メディアは、北朝鮮は9日、「建国記念日」を迎えていて、これに合わせて5回目の
核実験に踏み切ったという見方を伝えています。

一方、朴槿恵(パク・クネ)大統領は、国際会議に出席するためにラオスにいて、
韓国を離れています。このため、大統領に代わり、ファン・ギョアン首相が
午前11時からNSC(国家安全保障会議)を開き、情報の分析を行うとともに、
今後の対応を協議しています。

北朝鮮は、最新のミサイル迎撃システム「THAAD」が韓国に配備されることが
決まったことに「物理的な対抗措置をとる」などと猛反発していて、
事実、弾道ミサイルを繰り返し発射するなどの挑発を続けていました。(09日10:57)



また、日本国内でも
●北朝鮮でM5.3の揺れ 安倍首相「もし核実験なら断じて許容できない」

フジテレビ系(FNN) 9月9日(金)11時8分配信

北朝鮮で日本時間9日午前9時半ごろ、マグニチュード5.3の揺れを観測した。
北朝鮮が5回目の核実験を行った可能性がある。
午前10時50分ごろ、安倍首相は「もし北朝鮮が核実験を行ったのであれば、
断じて許容できません。
強く抗議しなければならないと思っています」と述べた。

最終更新:9月9日(金)11時8分

Fuji News Network より



表向きには、まぁこんな感じです。


ワラスは、今日の話題の中では、表向き出しかないであろう、各国の反応や、
上記の韓国や日本の政府等の反応など、別にいつも通りと言うか、
極論どうでもいいかな?と。


気になったのは、先程も書いた「人工地震」の事です。(−_−;)>


要は、P波の波形が無く、いきなりS波の波形だったと言う事ですね。


東日本大震災や、今春の、熊本地震の時も、後からネット上では、ちらほら
「自然地震の波形と違う」
「P波(初期微動)が無く、いきなりS波(主要動)となっている」
等、やはり言われていまして、キチンと図解入りで説明してくれてる
サイトも今時、少なからずありますた。


そう、地震なんて少なくとも核兵器を地下で爆発させれば、人工で可能なのです!
と、とうとう表向きメディアですら堂々と発表するようになってしまいました。
しかもきっと、今回は北朝鮮をダシネタに使って、無関心層の一般Pの関心を
「人工地震は北朝鮮が元凶」なんて観念操作をして、もっと危ない事をやってる
連中に注目が行くのをはぐらかすのが目的の一つかい?
なんて妄想を、セムさんはしています。
勿論、北朝鮮も実際やってるようには思いますがね。


普段、震源とならないような所でM5,3が起こせるのならば、
巨大プレートの地下とか、エネルギーの溜まった活断層に仕込んだら
もっと大きいのが起こせてしまうのでは?
なんて、今時、素人でも想像に固くないですよね。(T_T;)


今回は、北朝鮮に一般Pの憎悪の感情を煽って軍事に持っていこうとする
動きもあるのかもしれませんが、要するに、そんな表向きの情報に振り回されず、
せめて今日のセムさんレベルでも良いから、「本当は何が起きているの?」
的な視点を持って現実世界を見てみると、また新しい世界観が広がるかもよ?
と言いたくて、書き綴ってみた今日のセムさんでした。


それではまた。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。