その他 (3) - ブナセムさんの、気になる事たち

神戸うなぎの養殖に成功! 価格抑えめ 庶民の味に \(^O^)/

皆さん、明日30日は土用丑の日ですね。^^
と、聞けばやはり連想するのはウナギではないでしょうか?^^

ワタスもうな重・うな丼、そして蒲焼、どれも大好きです。
盛夏の時期の夏ばて予防の定番料理といっても過言ではないでしょう。^^
しかも価格抑えめ、庶民の味!の養殖に成功という話を聞けば、ウナギ好きの私、
放っておけません。(^д^)
今日はその「ウナギ」の話題です。^^


神戸市内で唯一のウナギの養殖会社「神戸養(よう)鰻(まん)」(同市西区櫨谷町福谷)
が、生育の難しいビカーラ種の自社養殖に成功し、「神戸うなぎ」として売り出している。
六甲山系の地下水を水槽に循環させる方法で、価格が高騰するニホンウナギよりも安い。
楠原真社長(54)は「肉厚で脂の乗りもよく、臭みもない。ぜひ味わって」と
胸を張ってコメントされてます。^^
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000007-kobenext-l28.view-000
(神戸ウナギの蒲焼)


水産庁などによると、ウナギのかば焼き(国産)の価格は稚魚のシラスウナギの不漁などで
1990年代の約2倍に高騰。専門店の閉店が相次ぐなど影響が広がっています。

ビカーラ種は主に東南アジアに生息。ニホンウナギの代替として注目されてきましたが、
デリケートで養殖が難しく、成魚まで育つ割合が低い難点がありました。

楠原社長らはウナギの養殖に適した水を求めて試行錯誤を重ね、適度なミネラル分を含んだ
六甲山系の地下水(軟水)に着目。餌や養殖に化学薬品を使わず、水中の酸素量を高める
設備を整え、安定供給にこぎ着けました。

同社のプラントセンターには、27基の養殖用水槽が並ぶ。東南アジアから
8〜10センチ大の稚魚を輸入。15センチ以上に育つと、別の水槽へ移す。
30センチ以上の成魚になると、さらに大きな水槽に移し、出荷を待ちます。
出荷まで1年余りかかりますが、水槽を3段階移し替えることで年3回の出荷が
可能となり、価格もニホンウナギの6〜7割に抑えられるそうです。

同社は、かば焼きの加工やレストランなど6次産業化も目指す。楠原社長は
「再び庶民の味として食卓に並ぶようにしたい。神戸の新名物にもなれば」と
コメントしています。

1尾1800円から。電話注文できますが、発送まで数日かかるそうです。
神戸養鰻TEL078・920・8729


うーむ、1尾1800円ですか・・・。^^;  1例として、
国産うなぎ蒲焼155〜173g1尾 九州産鰻(送料別)備長炭焼仕上げ蒲焼価格2100円(税込)
ですから、確かにそれに比べれば安い事には間違いないですが、
それでも今のワタスには手が出ないですね・・・。\(;▽;)/ 

まだ今年も地元のスーパーのアフリカ産とかの安売りを狙うしかないですね・・・。
(でも今日び、アフリカ産の方が意外と安全だったりして・・・。(^^;)>) 

因みに、ウナギの人工孵化からの養殖技術(完全養殖)は、一応、日本では技術的には
成功はしているようですが、(幼生は約9割が育つまでになったそう。)しかし、
2013年の現状ではシラスウナギ1匹にかかるコストは飼料代、設備投資、人件費、光熱費など
1000円以下では無理だといわれているそうです。(~_~;)
頑張れ!神戸養鰻!
ワタスは1尾600円の日が来るのを待っているぞぉ〜!!! ヽ(^O^)ノ

と、叫ぶ今日のセムさんでありました。それではまた。(^^;)/~

元「うたのおにいさん」覚せい剤事件で執行猶予付き有罪判決 (>_<)

今度は悲しい話題です。T_T

 かつてNHKの「おかあさんといっしょ」で、「9代目うたのおにいさん(1999〜2003)」を務めた、
歌手で俳優の杉田光央被告(51)は4月、東京・渋谷区の自宅で、覚せい剤を使った罪などに問われ、
東京地裁は、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

杉田光央被告は4月、東京・渋谷区の自宅で、覚せい剤を使った罪などに問われ、
「NHKのコンサートツアーの仕事がなくなった2年前から使うようになった」と、
起訴内容を認めています。

20日の判決で、東京地裁は、「覚せい剤への親和性・依存性が認められる」と指摘し、
杉田被告に懲役1年6カ月、執行猶予3年を言い渡しました。

杉田被告は、これまでの裁判で、
「サムと名乗る外国人の密売人と、普通の友達として同居してしまった」と言っており、
「お子さんたち、お母さま方、お父さま方、本当に申し訳なく思っています」と謝罪していました。
TT


この事件、何が悲しいといって、今、高1の私の娘が確か2歳くらいまでのお兄さんで、

私も娘と一緒に「おかあさんといっしょ」をよく見ていて、「でこぼこフレンズ」や

「ぐぅーチョコランタン」とかも一緒になって楽しみながら、歌が上手いなぁ・・・、

てな印象で、結構好感をもっていたのです。;_;

ゲイの噂がある事は初耳でした(これに関しては、それぞれが個人の自由であって、

ゲイであろうとなかろうととやかく詰るのは、差別意識でしかないと私は思いますが・・・。)が、

よりによって麻薬とは・・・。(>_<)

ゲイの噂で仕事を下ろされ、2年前に仕事が無くなり、自暴自棄になっていたのでしょうか?
(昨日記事にさせてもらった「コーピング」彼はご存知なかったのでしょうね・・・)(TT)

自己破壊的な行動に出る前に、他のもっと建設的な選択は無かったのでしょうか?

真実までは、表向きのニュースだけでは知る由も無く、推測の域を出ませんが、物凄く残念で悲しいです。
相棒だった、つのだりょうこお姉さんもさぞや悲しまれている事でしょう・・・。;_;


彼が社会人として、1人の人間として、やった事の責任を問われるのは当然としても、

裁くだけでは人間は立ち直れませんし、薬物やアルコール等への依存症は無くならないでしょう。

ましてや彼は、人を殺めてしまったり、お金を騙し取ったりした訳でもありません。

彼が、有能なセラピストやカウンセラーに出会い、真の更正と復活をしてくれる事を
心から願っています。

大黒摩季(シンガーソングライター)子宮疾患完治で6年ぶりに活動再開 ^^

あの、「ら・ら・ら」、「あなただけ見つめてる」等、数々のヒット曲で有名な
シンガーソングライターの大黒摩季さん(46)が、子宮疾患の治療の為、活動休止中でしたが
6年ぶりに歌手活動を再開させることが19日、分かりました。^^

5年にわたる投薬治療と手術の結果、子宮腺筋症が完治したため復帰を決意されたそうです。^^


5年10カ月ぶりの復帰ステージに選んだのは故郷の北海道。

8月11日、高校時代に初ステージを踏んだライブハウス、札幌・ベッシーホールで
ファンクラブ限定ライブを行い、

さらに同13日に石狩湾新港樽川ふ頭で開催される「ライジングサン・ロック・フェスティバル」に
出演されます。

大黒さんは「故郷の温かい懐に頂かれながら、これまで胸が張り裂けんばかりに蓄電した
ROCKエネルギーを大放出し、思う存分大きな音と戯れて熱いスタートをきりたい」と

故郷で復帰する理由を語っています。

また、約6年ぶりの歌手活動再開への決意のコメントでも、
「現役時代の自分がどんなだったのかも忘れてしまう程に離れた世界故、焦らずゆっくりと。
再び歌える喜びをかみ締めながら一歩一歩、着実に、新たな大黒摩季を創っていきたい」。

「私が音の世界に戻ることで、心の過労がルーティーンになってしまっている同年代はもちろん、
思うように生ききれない殺伐とした世の中の体温が、1℃でも上がってくれたら最高です」と、
熱く語ってくれています。

ファンの方は活動再開を、特に心待ちにされていた事と思います。^_^

因みに私、特にファンと言う訳でもなかった(ごめんなさい)のですが、

大黒摩季さんの「ら・ら・ら」は特に印象に強いです。^^

あの曲がヒットしていた当時、私はまだ20代後半の独身者で、仕事で夜遅くまで現場廻りが多く、

疲れて車を運転している時にラジオからよく流れてきていたその「ら・ら・ら」に、

気持ちよく元気をもらって、その日その日の最後帰宅するまでのもう一頑張りの力を

後押ししてもらってた大好きな曲でした。m(_ _)m

そう云えば暫く、大黒さんの話題を聞かないなぁ・・・、と思っていたところ、

そんなニュースを見て、活動休止していたのを思い出した事でした。^^;

完治、本当に良かったです。

ところで、彼女が治療に専念されていた、「子宮腺筋症」とは、
子宮の筋肉層に子宮内膜が入り込んで増殖してしまう疾患だそうで、
不妊や初期流産を引き起こす事もあると言うなかなか大変な病気だそうです。

売れっ子のロックシンガーゆえ、多忙な日々が続き、睡眠やら食事やら充分に摂れず、

私たちからは見えない過労やストレスも多々あっての事ではないかと思ってしまいました。
(>_<)

何はともあれ大黒さん、ご復活おめでとうございます、お身体の方も大事にして下さいね。

また素敵な歌が聴けるのを楽しみにしています。^^/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。