気象・災害 (4) - ブナセムさんの、気になる事たち

各地で浸水被害続出、16号台風 東海沖で温帯低気圧に 

皆さん、こんにちは。
16号台風、予想以上に強烈でした。(>_<) 珍しく雨と風の音で目が覚めました。
ワラスは仕事を、正直休みたかったのですが、そういう訳にも行かず、
しかも出勤時間には暴風雨も峠を越えた様子でしたので、ある意味ホッとしながら、
マイカーで出勤をしたのですた。
それが、この画像です。我が家から割かし近くです。−−;
DSC_0558.JPG

とは言っても、まだまだ風は強く、雨も強いのがもう一降りといった感じで、
十分に恐かったですが・・・。
風でハンドル、時々ぶれましたもん・・。(・・;)>
まぁ、何とか事無きは得られましたがね。


台風16号は、先日の予想より強い、「非常に強い」勢力で鹿児島県の大隅半島に上陸し、
その後は太平洋側の地方を縫うようにして進み、21時に東海沖で温帯低気圧になった
模様ですが、以下のツイートにも見られるように、あちらこちらで大雨による浸水被害が
出てしまっています。(;;)






















上記に貼り付けたのは、ほんのごく一部です。


他にも、九州南部から東海地方に至るまであちこちで、避難指示や避難勧告の
出ていた地域がたくさんありました。
飛行機は欠航が相次ぎ、鉄道も四国などは始発から運転を見合わせるなどの
地域も続出していましたね。
今回も10号台風の時ほどではありませんが、行方不明者やけが人が出てしまっています。





この方のような思いをしていた人も、少なからず居られた筈
(ワラスもその内の1人です・・)ですが、相手が台風ともなると、どうしても、
そうは問屋がおろしてくれないようです・・・。


実際、私の住む町でも地域によっては、浸水被害が出てしまった所がありました。(><)


今回の16号の、そもそもの誤算は、予想時には鹿児島上陸時には
960hPaの筈だったのですが、実際には945hPaだった事と、この時期にしては
台風のスピードが遅かった事などが挙げられると思います。
決して油断していた訳ではないでしょうけど、予想外、て事にも対応出来るのは、
やはり動物的勘(第6感)なんでしょうか?特にここ何年かは、平年では・・・、
という観念が気象面でも通用しなくなってきていると思います。
台風もあと1月は可能性がありますので、それこそ、動物的勘を大事にいこうと
思った、今日のセムさんでした。
それではまた。(^^)/

与那国島で最大瞬間風速66,8m 台風16号 連休明けから西日本(九州)に接近?上陸?

皆さんこんにちは。^^
台風の話題はあと1日2日、間をおこうかと思っていたのですが、
与那国島での暴風の話を聞いて、書かずには居られなくなってしまいました。
詳細を、セムさんなりに追っていきたいと思います・・・。



非常に強い台風16号が通過した影響で、17日午前10時過ぎごろ、
与那国島町祖納(そない)で、最大瞬間風速66,8mを記録し、
島内の550世帯が停電しているようです。
台風16号の影響で、船の便は石垣島と周辺離島を結ぶ航路を中心に
269便が欠航しました。


現地の方のコメントには「車もひっくり返りそうな位の強い風」等のコメントがあり、
暴風の物凄さが想像できます・・・。(;o;)
ただ、けが人等の情報は、今のところ見つかっていませんので、不幸中の幸いか、
犠牲者までは出ていない模様です。


ワラスはこの最大瞬間風速を聞いてゾッとしましたが、与那国島では去年(2015年)、
9月末に同町を襲った台風21号で最大瞬間風速81・1メートルを記録し、
家屋倒壊や窓ガラスが割れるなど279世帯が被害に遭ってます。


今回でも恐ろしい暴風でしたが、去年の21号よりはこれでも
まだマシな方だったのかも知れません。
先島諸島、17日21時現在は既に暴風域からは抜けている模様です。



続いて、この強烈な台風16号の進路予測ですが、明日(18日)以降は、
次第に東寄りに進路を変え、20日頃から先ず九州に接近・上陸の可能性があります。
(・・;)
予想進路図を貼り付けさせてもらいます。

先ず、72時間(3日後まで)
1616-00 (4).png
[気象庁 台風経路図 72時間拡大 より]
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1616l.html

それから5日後まで
1616-00 (5).png
[気象庁 台風経路図 5日間拡大 より]
http://www.jma.go.jp/jp/typh/16165l.html


非常に強い台風16号は17日20時には、与那国島の北約150kmにあって、
20km/hで北にすすでいます。
中心気圧は940hPa、中心付近の最大風速は45m/s(最大瞬間風速は65m)
中心から東側 110km・西側 70kmでは風速25m/s以上の暴風域、
中心から東側 280km・西側 220km以内では15m/s以上の強風域となってます。


こっからはワラスの私見ですが、この2つの予想図を見ていて思ったのですが、
九州近辺に来てからの予報円の半径が、やたらめったら大きくなってるのが
少し気になりますた。
ここから先の予想は、どう見ても台風の勢力圏の1,5倍以上はありますね・・・。
これじゃ何処に接近・上陸してもおかしくないですね。
まぁ、東シナ海を北上してからの進路予想が、今のところ難しい状況なのでしょう、
と、解釈しておきます。


17日22時現在、高知県西南部地方でも雨が降り出しました。
今日は朝からにわか雨も降りやすくなってきていて、明らかに台風からの
暖かい湿った空気の影響を受け始めています。
明日18日辺りから、西日本のあちこちで大雨になりだすかと思います。
20日頃からは更に、強風や高波も起こり出すだろうなと思います。
しかしこの辺から予報円の範囲が大きくなっていて、イマイチはっきりしないので、
また数日後に詳細アップを目指します。

それでは今日はこのへんで。(^^)/

気になる台風16号の行方 秋雨前線刺激し大雨の可能性も 先島諸島は週末大荒れ

皆さんこんばんは。^^

昨日に引き続き、台風ネタです。
14号(ムーランティ:マレーシアの言葉で木の名前)は中国に上陸し、
熱帯低気圧まで弱まりましたが、今回の16号(マラカス:フィリピンの言葉で「強い」)
は週末の沖縄(先島諸島)に始まり、順に、西日本から東日本にかけて日を追うごとに
大雨・洪水・暴風・高波・高潮等、影響を受けていきそうな感じになってきてます・・・。


そして、昨日見た進路予想より予報円の中心ルートが、だんだん南に下がってきてます。
先ずは下の進路予想図をご覧下さい。


1616-00 (2).png
「気象庁 台風情報  台風5日間進路予報より引用 」
 http://www.jma.go.jp/jp/typh/16165l.html


強い台風16号(マラカス)は15日21時現在、フィリピンの東にあって、
北西に25km/hで進んでいます。
中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は40m/s、中心から半径90km以内では
風速25m/s以上の暴風域。
中心から北東側 330km、南西側 220kmでは風速15m/s以上の強風域となっています。
このまま予報円の中心を進んだ場合、17日の午前中に先島諸島を直撃・通過し、
17日夜辺りから次第に進路を東寄りに変えながら北上し、19日夜から九州に接近し、
上陸する可能性も出てきている予想になってます。


1616-00 (3).png
「気象庁 台風情報 台風進路予報(72時間)より引用」
 http://www.jma.go.jp/jp/typh/1616.html


こんな具合で、16号、東シナ海を北上する辺りまでは発達を続けるもようです。
しかも先島諸島通過時は中心気圧935hPaと、非常に強い勢力まで発達している予想です。
大雨と、暴風・高波、高潮に警戒です。
こちらにお住まいの方は、当日(17日)は外出も控えるべきかと思われます。
その後、19日夜辺りから九州に接近し、20日には九州南部に上陸の可能性も出てきています。
これに加えて、秋雨前線が本州付近に停滞しているので、台風に向かって吹いて来る
暖湿気流が秋雨前線を刺激し、関東以西の地方は台風から離れていても、大雨に注意です。


と、まぁセムさんもまた、素人気象マニアなりの予測を立ててみましたが、
今のところ、高知県西南部やその周辺地域では特に大きなまとまったような
雨雲はないようです。
ま、明後日くらいまでは薄日が差しつつ、所によりにわか雨程度でしょうね。
本格的な影響は、出るとしたら九州・四国は18日頃から、東日本は20日ごろかな?
と、思っています。
ま、これも今日時点での進路予想の予報円の中心を通った場合の予測です。
日が経つにつれ、予報円も大きくなってますので、まだ何処に向かうか分からない感じも
若干、残ってますが・・・。

最後は最新の台風情報や雨雲レーダー、気象衛星の画像、それから身近な動物や
虫達の動向を見るのも有益だと思います。
大雨の前触れのアマガエルの「ケ、ケ、ケ」声や、嵐の前の静けさ的な感じとかがしたら、
深刻にならず、しかし早めの対策・行動をとってください。


また2〜3日後に様子を見てみましょう・・・。
それではまた。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。