自然 (2) - ブナセムさんの、気になる事たち

日本最後の清流<四万十川>で熱帯魚採取される! ヽ(◎д◎)ノ 温暖化の影響?

皆さんこんにちは。こちら高知県西部地方は、台風12号の北上の影響か、
東寄りの風が昨日辺りから時々強めに吹いたりしてます。小さいですが、
勢力を強めながら北上中であなどれません・・・。

さて、皆さん、日本最後の清流と、よく言われている「四万十川」をご存知の方も
多いと思います。^^
この四万十川の河口(汽水)域で、熱帯魚が採取されたそうで、驚きました。
いったいどうなってんでしょうね!? (?o?)>
どういう事か、早速見てみましょう。



高知県の四万十市の四万十川河口の汽水域で、主に熱帯に生息しているオキフエダイと
ヒメツバメウオ2種類の幼魚が見つかり、採取された。いずれも同川では初めてで、
四万十川水系の魚類調査をしていた「トンボと自然を考える会」が確認した。
海から入ったと見られ、同会は温暖化が原因ではないかと分析している。


採取したのは、同会の職員、野村彩恵さん(31)ら2人。会では月に2、3回、魚類調査をしており、8月20、21日の調査で2種類を初めて確認した。


オキフエダイは全長約4.5センチで成長すると60センチほどになるという。20日に同市間崎の同川本流の河口付近で見つかった。ヒメツバメウオは全長約2センチで、エンゼルフィッシュに似たひし形の体形が特徴という。21日に同市初崎の同川支流の津蔵渕川で見つかった。生息地は種子島や琉球列島以南で、2008年に、宿毛市の松田川河口で採取されている。

熱帯性の海水魚2種類が新たに見つかったことについて野村さんは、「海水の温度が上がり魚の生息域が広がったことが関係しているのではないか。今後も調査を続けていきたい」と話している。
                        
                        (毎日新聞より)



なるほど、採取されたのが8月下旬という事ですね。この時期、高知県の海域は海水温が高く、
漁港などでも見かけ、特に珍しくはないのですが、河口で、というのが驚きです。

と、言うのも、四万十川の源流は四国山地の1000m超えの山々で、
真冬には山頂近辺は50cm〜1mくらいの積雪がある所なのです。
その一つである四国カルスト(天狗高原)にはスキー場もあるくらいです。^^

で、真夏でも山間部は朝晩は肌寒いくらいの所で、当然、川の水も冷たいはずなのですが、
そこに熱帯魚が進入してきたということは、恐らく川の水も温かくなっていると言う事でしょう。


熱帯魚自体は伊豆や房総沖でもダイバーが初夏から秋にかけては海水温の上がった
黒潮に乗ってクマノミやツノダシ、タテジマキンチャクダイなどをよく見かけるそうで、
冬になると日本近海も海水温が下がり、死んでしまうそうで、
これらは死滅回遊魚とも呼ばれているそうです。
四万十川河口で採取された2種類も、その類と思いました。^^


しかし四万十川流域、冬は結構寒いんですよ!^^ 四万十市中村とか、
真冬は最低気温が−5℃を切る事も珍しくありません。
(お陰で、四万十川海苔も美味しいんです!^^)

今年の夏は四国も内陸部、猛暑日が多かったですからね・・・。
それで川の水温が上がったためじゃないのかな〜? (^_^)>

温暖化(自体が本当かどうか、セムさんはちょっと疑ってますが・・^^;)
の影響かどうかは、今後何年間かは調査してみてからでないと確定は出来ないでしょうね。^^

余談になりますが、高知県南西部の沿岸はそのお陰で、天気さえ良ければ
9月いっぱいまでは、例年海水浴が可能です。^^(ワラス達家族も経験済み!)
サーファーのメッカも結構ありますしね。興味の湧いた方は、
9月の高知の海も是非ご堪能下さいね。

それではまた。セムさんでした。(^^)/

※ちなみに
ヒメツバメウオ
href="http://bunanoriemon538.up.seesaa.net/image/95362_s_wiE382AAE382ADE38395E382A8E38380E382A4.zip">95362_s_wiヒメツバメウオ.zipa4f1baf9771d78b9cdded5f95e1a6089_s.jpg


オキフエダイ(Web魚図鑑より)
http://zukan.com/fish/internal26

オーバーヒートするアラスカ 北極圏で史上最高気温(29,4℃)観測(゜д゜;)

皆さんこんにちは。^^;梅雨明けしてすっかり暑く、しかし、カラッとして来ました。
皆さんの地方はどうでしょうか?^^>

さて、暑い暑いは日本ばかりではないようです。今回はなんと!アラスカ、
しかも北極圏の町での異常高温の話題です。^^;


「チリー(寒い)」、「フロスト(霜)」、「フリーズ(凍る)」など、名前だけから寒さが
伝わって来る地名がアメリカには多々ありますが、ここはその上を行っています。
アラスカにある「デッドホース(死んだ馬)」は、北極海に面し、地球の最果てとも
言われるくらい寒い土地だそうです。

★観測史上最高気温記録

この、動物が生きていくことさえ拒む極寒の地で、先週かつてない記録が作られました。
それは、寒さの記録ではなく、暑さの記録です。
13日(水曜)気温が29.4度(゜д゜;)まで上昇し、北極海周辺における観測史上最高気温を
マークしました。この時期の平均気温を15度以上も上回ったことになります。

※アラスカ州南部の州都「アンカレッジ」の7月の平均気温が14,7℃。「デッドホース」は
更に北の、北極海に面した町ですので、もっと平均気温は低い筈で、そう考えると現地の方が、
この高温にどれほどにびっくりしたか想像できますね。^^;

デッドホースのみならず、アラスカの各地では猛暑となり、諸所で日最高気温を記録しました。
例えば、フェアバンクスでは13日(水曜)、14日(木曜)共に31度まであがり、
その日のロサンゼルスやニューヨークよりも暖かかくなりました。

★異常高温の続くアラスカ

アラスカの異常高温は今に始まったことではなく、この前の冬も春も史上最高気温を
観測しています。

気温上昇は、ここ数十年間にわたっての傾向で、過去60年間で年間平均気温が約2℃も
高くなっています。これは、世界平均の2倍で、特に冬の気温変化が顕著です。

★温暖化で得する面  

温暖化になると、得する国と損する国があるのですが、一般的に寒い地域は恩恵を受けることが
多いとも言われています。

なぜかというと、北極海の氷が溶け、航路が開けて貿易が盛んになったり、石油開発がしやすく
なったり、観光客が増えたり、農業のできる期間が長くなったりするからです。

そういった意味では、アラスカはまさに温暖化の勝ち組と言えましょう。

★温暖化で損する面

しかし、実際のところ、いい面だけではありません。ゆっくり暖かくなるならまだしも、
その変化が急だからです。

アラスカの大地はその約80%が永久凍土ですが、それが溶け始めると、地盤沈下が起き、
道路や建物などが壊れる危険が高まります。さらに冬季にできる氷の道路なども
使用できなくなり、交通網が遮断されます。加えて、山火事のリスクも高まるのです。

また、生態系にも大きな変化が起こります。海氷を頼りに生活するシロクマやセイウチの
生息が危ぶまれたり、南から外来種が侵入する恐れもあります。

それだけではありません。気温が上がることで低木が育ち、代わりにコケ類が減少することから、
それらを餌にするカリブー(右:写真)などに影響を与え、それを食べるクマや狼の生態系にも
変化が出るといいます。

こうしたリスクを抱えるアラスカですが、今世紀半ばまでには、さらに1〜2℃も気温が上がるとも試算されているのです。


こんなふうに温暖化の影響は、地球の極地域にも顕著に現れてきているようです。
2012年頃に極地域の永久凍土や氷の面積が減少している、と云うニュースも見た記憶が
ワタスにもよみがえって来ました。

しかし結局の所、温暖化の原因は何なのでしょうか?
一般には、化石燃料の過剰消費に拠る二酸化炭素濃度の上昇と言われているようですが、
本当でしょうか?

何故といって、温暖化に影響するといわれている温室効果ガスで、二酸化炭素よりも
メタンガスは4倍、フロンガスは8倍の影響力があるといわれていて、更にもっと言うと、
意外と知られていないのは、「水蒸気」です。

これらが、お互い相まって相乗効果を引き出しているのだろうと、セムさんは想像しています。
そして、温暖化に関しては、
こんな情報も→http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/co-d199.html
(但し、判断は自己責任でお願いしますm(_ _)m)


要は、メジャーに挙がっている情報だからと、鵜呑みにせず、
自身でも調べてみる事も重要ですよね。^^

どちらにしろ、地球も私たち人類も、大きな変化を乗り切りるしか無い状況に来ていると
言う事でしょうね。

この手の情報、結構気になる方なので、また次の機会にも記事にしようと思っています。^^
それではまた。セムさんでした。^^/

スッポンに絶滅の恐れ!? (@_@;)護岸工事や乱獲で 国際自然保護連合

皆さんこんにちは。^_^

皆さんの中にはスッポン料理を食べたことがある方も居られると思います。
私もその昔、と、言ったら大げさかな?20代の終わり頃に、当時の職場の仲間達と
スッポン鍋を食べた事があります。^^

鳥の味にちょっと似ていて、思ったよりあっさりした味だった記憶があります。
因みに、私の場合は、噂に聞くほど精力ビンビンとはなりませんでした。(笑)


ところで、今日はその「スッポン」の話題です。
何と、絶滅を危惧されている状態だということです。(=_=;)
 

国際自然保護連合(IUCN)は5日、絶滅の恐れがある野生生物を掲載した
「レッドリスト」を改訂しました。

 絶滅可能性の高さを示す5ランクのうち、上から3番目の「II類」に高級食材として知られる
ニホンスッポンを新たに盛り込んだのです。
生息場所である河川の護岸工事や養殖目的の乱獲が進んだためで、IUCNは今後、
個体数がどの程度減少したのか詳細な調査を行うそうです。

 ニホンスッポンは日本や中国、台湾などの河川や池に生息する体長約30センチのカメの一種。
他のカメと異なり甲羅が軟らかく、かみつく力が強いことが特徴。IUCN日本委員会によると、
食用文化があるアジア諸国では数百万匹が養殖されているとみられるが、
野生のニホンスッポンは生息地の開発などで著しく減少している可能性が高いという事です。

一方、環境省のレッドリストは、危険度の判断にはデータが足りない「情報不足」
としていますが、今後見直される可能性もあるようです。
但し、国内では卵から養殖する技術が確立しているため、食用には影響しないそうです。


フムフム、どうやらスッポン料理までが食べられなくなる訳ではなさそうですが、
野生種の激減は、やはり生態系のバランスと言う意味では考え物ですね。(−_−)

自然生態系の問題は、文明の享受を取るか、自然を取るか?なんて二者択一で解決するような
代物ではもう無いような気がしてます。
両方とも大事に出来る道がきっとあるはずだ、と根拠も無く、
でも直感的にはそう感じるのですが・・・。

でも乱獲はまずいですね。まず、僕ら人間に出来ることは「足るを知る」事なのでは?
と思った今日のセムさんでした。
それではまた!(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。