睡眠と覚醒、制御する2遺伝子発見! 解明に前進 筑波大・米テキサス大など - ブナセムさんの、気になる事たち

睡眠と覚醒、制御する2遺伝子発見! 解明に前進 筑波大・米テキサス大など

皆さんは、ご自身の睡眠に満足されていますか?(^^;)>
満足されている場合は良いのですが、
しっかり寝たはずなのに、朝起きても頭がスッキリしないとか、
疲れが取れず、身体が何となくダルイとか有りませんか?
(酒とか飲んでる場合は除きますよ ^^;)
そんな時、どうして?と疑問がよぎる人も多いのでは?
そんな、睡眠と覚醒について、遺伝子レベルで
解明しようという動きがあったんですね・・・。

aae380ff2a138431e860c699588ef08b_s.jpg
[このネコちゃんのように、グッスリ眠って、
スッキリ気持ちよく目覚めたいもんですね・・。]


筑波大や米テキサス大などの研究チームの2日付の英科学誌
ネイチャー電子版での発表によれば、
睡眠と覚醒の制御に重要な役割を果たす二つの遺伝子を
マウスの実験で新たに発見したとの事です。
実験では、脳神経細胞などにさまざまな遺伝子変異がある
マウスを生み出し、睡眠への影響を調べた結果、
「Sik3」遺伝子が変異したマウスは睡眠時間が大幅に増え、
覚醒時間が減少。
一方、「Nalcn」遺伝子の変異マウスでは、
浅い眠りのレム睡眠が大幅に減少していた。
と、筑波大の国際統合睡眠医科学研究機構からの発表でした。


ちなみに、健康な人の場合の睡眠は、ノンレム睡眠から入り、
レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して目覚めるそうです。
今回の発表では、Sik3遺伝子はノンレム睡眠の必要量を決めており、
Nalcn遺伝子はレム睡眠の終了に関与しているらしいです。
この研究が進めば、将来は人の睡眠障害の治療法改善につながると
期待されます。



さて、ここで、最近は僕らも聞いた事くらいはある筈の、
「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」について、
簡単におさらいしておきましょう。^^


ノンレム睡眠:深い眠りで脳も身体も休んでいる状態、
       ストレスを消去したり、ホルモンの
       分泌をしている。
       「居眠り」は、この状態。

レム睡眠:浅い眠りで身体は深く眠っているのに、
     脳が活発に動いている状態。
     筋肉の疲労回復。夢を見てい時はこの状態。
     トイレに起きたくなる時もこの状態。
     脳は活動しているので、この時に起きれば
     スッキリと目覚める。


と、まぁこんな感じでした。^^


ところで、Sik3遺伝子?Nalcn遺伝子?なんですが、
普通の人の一人であるセムさんには、何の事やらサッパリです。
(?O?)>
調べてみたんですが、噛み砕いて説明してくれてるところが
見つかりません。
でしたので、ワラスなりに無理やり簡単に言うと、
Sik3遺伝子 は「眠気」の細胞内シグナル伝達経路を
構成しているもの(要するに眠気を各細胞に伝達する働き)で、
Nalcn遺伝子については、やっぱ「レム睡眠(浅い方)」の終了と
覚醒に関与しているらしい事ぐらいしか分かりませんでした。
m(_ _)m



まとめると、この遺伝子の研究が進めば、睡眠障害や、
それによる関連疾患の改善や、もしかして睡眠時間の短縮化
とかにも効果があるかも知れないと、思いました。


ちなみにワラス、1日7〜8時間は眠ってしまう、いわゆる
「ロングスリーパー」だと思われますが、
1日に3〜5時間の睡眠で同じくらいか、それ以上に疲労回復でき、
頭もスッキリするという「ショートスリーパー」にあこがれ出してます。
だって、1日のうちに、やりたい事に使える時間が圧倒的に増えますもんね。
^^
今回の遺伝子の研究の発展がそんな事も可能にしてはくれまいか?
と期待もしちゃいます。
が、それを待たずして、ショートスリーパーに簡単になれる方法、
だれか知りませんか〜!(^^;)


それでは今日はこのへんで。(^^)/
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。