薪の直販市場「木の駅ひだか」 日本一の森林県・高知らしい企画 高知・日高村 ^^ 県外からの購入客も! - ブナセムさんの、気になる事たち

薪の直販市場「木の駅ひだか」 日本一の森林県・高知らしい企画 高知・日高村 ^^ 県外からの購入客も!

皆さんこんにちは。^^

今日は、我らが日本一の森林県、高知県からの、「薪(まき)」の話題です。^^

f3c18cc8e1b6e0ab32f44a3deea642be_s.jpg
写真はイメージです。


薪と言うと、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?
都会に住んでる方は、なじみが無いか、薄い事でしょう。
実際、興味は有っても、住宅密集地とかでは
使うに使えないでしょうしね・・・。(^^;)


しかし、ちょっと地方に、田舎に行こうものなら、今でも結構、
需要があるものです。
最近では、薪ストーブとかも結構、人気があったりしてますもんね。^^


さて、そんな中、「木の駅ひだか」(高岡郡日高村)では薪の直販を
しているのですが、10月に入り、盛り上がりを見せています。
ここでは、アウトドア用や薪ストーブ、薪風呂などに使う薪用原木を
良心市スタイル(無人販売)で安価に販売しており、
薪木の種類はクヌギ、サクラ、ケヤキをはじめとする広葉樹がメイン。
週末には多くの客が足を運び、中には大型トラックで大量購入する
県外からのお客さんもいるそうです。


そんな「木の駅ひだか」は、森林ボランティアとして活動する
NPO法人「土佐の森救援隊」が運営しています。
2010年に20人ほどの会員で「薪倶楽部」として発足。
仁淀川流域の個人林業者から原木を仕入れ、家庭用に30センチ〜50センチ、
業者向けに100センチのサイズに玉切りし、毎週金曜に会員や地域の住民と
薪割りを行っているそうです。


ちなみに商品は、「通常薪」=1コンテナ500円。「クヌギの特製薪」=同800円。
「ノリピー薪(規格外商品)」=同100円などとなっているようです。
興味の湧かれた方は、詳細等、以下のサイトからのアクセスをお勧めします。^^
 → http://mori100s.exblog.jp/17045969/



木の駅ひだか駅長の、片桐氏のコメントによると、ここでは年間1500トンの
原木が薪になっていて、お客さまの7割は『薪ストーブ』ユーザーだそうです
が、中山間地域の限界集落では薪風呂を使っている家庭も多いとの事で
、お年寄りには軽トラックで月に1度100キロほどを無料提供しているそうです。
太っ腹ですね。
そして、今でも田舎の生活での強い味方です。^^


やはり多いのユーザーは薪ストーブでしたか・・・。^^
薪ストーブは、ワラスの憧れでもあります。
ご存知の方も多いかと思いますが、何しろ部屋の暖まり方が違うのです。
とにかく薪は良いですよ。^^ 薪で沸かす「五右衛門(ごえもん)風呂
(薪風呂をこう呼ぶ地方もある筈です)」のお湯も最高です! 
薪を燃やす煙の香りも香ばしく、煙りすぎなければ、意外と
リラックス効果もあるかも?なんて思いますね。
特に冬場のお風呂は、身体が芯から温まります。
実は、ワラスの生家は、ワラスが幼い頃は薪風呂で、薪をくべて
火を焚き沸かすのが楽しみでもありました。
高知にIターンで引っ越してきて、貸していただいた最初の家の風呂も薪風呂でした。


時には、可能なら焚き火も良いですよね・・・。^^


う〜ん、この記事を書きつつ、薪の香りが恋しくなってきてしまいますた。
今の家を購入し、改築できたら薪風呂に改造したいなぁと、セムさん思っています。


それでは今日はこのへんで。(^^)/
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。