意外?案の定? 阿蘇山の爆発的噴火(10/8)は「マグマ水蒸気噴火」か - ブナセムさんの、気になる事たち

意外?案の定? 阿蘇山の爆発的噴火(10/8)は「マグマ水蒸気噴火」か

皆さんこんにちは。
阿蘇山の中岳第1火口が8日に36年ぶりに爆発的噴火をしましたが、
どうも「マグマ水蒸気爆発」だったようです。

39a5bd58c8cabd0209bcb0c9c69e08ad_s.jpg


この度の爆発低噴火では、噴煙が1万メートル以上上がり、
火山灰は四国地方(愛媛県、香川県)まで達しました。
気象庁は11日に、8日の阿蘇山噴火について、「マグマ水蒸気噴火」の可能性が
あることを明らかにしたようです。


気象庁が火山灰の分析を行ったところ、比較的時期の新しいマグマ由来の物質
(マグマから出たガラス粒子等)が含まれていた事から、高温のマグマが
地下水などに触れたことによって爆発が起きる「マグマ水蒸気噴火」の
可能性が高いという事でした。


まぁ、先日の記事でワラスも言いましたが、噴火の際に赤い火柱が
少しでも見えていたので、「水蒸気噴火」ではないよね〜・・・。
とは思っていました。
案の定、マグマが絡んだ噴火だったようです。


ちなみに、阿蘇中岳では、今年7月以降、地下のマグマだまりが
伸びる傾向が見られていたそうで、
気象庁は、今後も先週末と同じ規模の噴火が起きる可能性を指摘し、
引き続き警戒を呼びかけています。



ところで、噴火々々と云いましても、その種類は3種類ほどあるようです。
ちょっと今日は、おさらいしてみたいと思います。(−。−;)


・水蒸気噴火:マグマの熱で近くにある地下水が熱せられることにより、
       大量の水蒸気が急速に発生して圧力が高まり爆発を起こす現象。
       これが起きると、火口付近の岩石が砕けて噴石や火山灰となり
       周辺に飛び散ります。
       また、火山灰が積もった後には、数ヶ月から数年にわたって
       土石流が起きやすくなるそうです。


・マグマ水蒸気噴火:マグマが地下水や海水と直接接触する事で、
          大量の水蒸気が発生し爆発的噴火が起きる。
          これをマグマ水蒸気噴火と呼び、噴出物
          (火山灰等)の中にマグマ由来の物質を含むのが特徴。
          今回の、阿蘇山中岳の爆発的噴火は、これに当たります。


・マグマ噴火:文字通り、マグマを直接噴出する噴火。
       マグマが上昇して地表に噴出する仕組みは、色々あって、
       マグマ溜まりが周囲から押されたり、新しいマグマが
       マグマ溜まりに注入されてマグマ溜まりからマグマが
       押し出されたり、マグマに溶けていた気体成分が気泡になって
       マグマが膨張したりするなどして地表に噴出します。
       因みに、噴出したばかりの溶岩は1000℃前後もあり、大変危険です。


こうしてみると、やはりマグマ噴火が、一番恐そうですね・・・。
(勿論、どの噴火でもおっかないです。2014年の御嶽山の噴火は、
水蒸気噴火でしたもんね・・・。(T_T))
今回の阿蘇山の場合、マグマ水蒸気噴火だそうですので、
マグマは火口近くまで来ていたと云う事でしょう。
素人目には、やはり、春からの地震によってマグマが地表近くまで
上昇しやすくなっているのかなぁ・・・?なんて思ったりしました。
が、実際のところはどうなんでしょうね?


それにしても今年の熊本、本当に試練の年です。
何にせよ、このまま沈静化してくれるのが一番良いですが・・・。
被害、広がりませんように・・・。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。