震度5弱(M5,7) 鹿児島県奄美地方南部 震源は沖縄本島近海 被害情報は無し (´д`;) - ブナセムさんの、気になる事たち

震度5弱(M5,7) 鹿児島県奄美地方南部 震源は沖縄本島近海 被害情報は無し (´д`;)

皆さんこんにちは。^^;
今日午後、鹿児島県の奄美地方南部で、強めの地震があったようです・・・。
最大震度5弱ですから、現地の方はかなりびびられたのではないでしょうか?
詳細を見てみましょう・・・。


20160926142522495-261420.png

[平成28年09月26日14時25分 気象庁発表 より引用]


南西諸島中部が中心で、揺れたようです。
しかしこれでは震源の位置が分かりにくいですね。
少し拡大してみましょう・・。


20160926142522495-261420 (2).png

[平成28年09月26日14時25分 気象庁発表 より引用]


ここまで拡大したら、何とか分かりました。
震源は気象庁の公表では、沖縄本島近海となっていましたが、
細かくは、鹿児島県奄美地方南部の沖永良部(おきのえらぶ)島付近の沿岸ですね。
この、沖永良部島で震度5弱、と震度4。1つ南の与論島でも震度4の揺れを
観測しています。
因みに、地震が観測されたのが、26日14時20分頃、震源の深さは40km、
地震の規模を示すマグニチュードは5,7(推定)です。
この地震による津波の心配はありません。と、ありましたが、
確かに、やや強めの地震ですが、この規模のマグニチュードで
震源の深さ40kmもあるのなら、津波は起きませんね。
役場や警察からも、被害の報告は入ってないそうです。
揺れによる、けが人や建物の破損等も無かったようです。^^


ここからは、気象マニアのセムさんの、個人的・体感的感想ですが、
津波の発生を警戒すべきマグニチュードは、「7,0以上」かと、そして同時に
震源の深さも「20km以内」である事ですね。
特に、マグニチュードが大きい(7代後半〜8位)場合でも、震源が100kmみたいな
深発地震だと、意外と震度も小さかったり、津波も起きなかったりしてます。
ただ、その場合、震源から妙に離れた所(え?何でこんな所が?みたいな感じですね)
が結構揺れたりするので、揺れには油断できないといったとかところでしょうか。
勿論、そんなマグニチュードで震源の深さが20km以下なら、当然、津波にも注意です。
(TT)


セムさんの住処は、南海・東南海の想定地域です、沖縄近海とかでも規模が大きく
震源も浅い地震であれば、津波に対する対策が必要になって来ます。
そんなこともあって、今日の地震は「おや?」と、一瞬、気になったのでした。
その他の地域だって、南関東から西の太平洋側の地方は、場合によっては・・・、
なんて事もありえますもんね。気にしてる方、けっこう居るかも?
と、思ったりしてます。


まぁ、今回はその後に余震等も無いようですので、単発の地震で終わってくれるのでは?
と、思っています。(家の犬もネコも落ち着いていますしね・・・。
だいたい、異変のときは前触れとして、飼ってる者も含め、動物が騒ぎ出します。
今回も今のところ、それが見られないので、ニュース等では、
今後1週間は余震に注意との事ですが、恐らく大丈夫でしょう。^^)
体感・直感を意識するのはいつもの事としています。^^
それでは今日はこのへんで。(^^)/
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。