虫よけ剤に「危険な成分」? 1946年に米国で開発された「ディート」 子供に使っても大丈夫なの? - ブナセムさんの、気になる事たち

虫よけ剤に「危険な成分」? 1946年に米国で開発された「ディート」 子供に使っても大丈夫なの?

皆さんこんにちは。^^
毎日暑いですね。^^;)>
そして、こんな暑い季節はやはり、虫刺されの季節。虫刺され、かゆくて痛くて嫌ですね。
(>д<)

アウトドアや公園にお子様を連れて行かれる時は特に、蚊やブヨ(地方によってはブトとか
ブユとか呼び方があるようです)等の毒虫に規を使われる方も多いでしょう。

さて、今日はそのために使っている虫除け剤の成分に、危険な物質が含まれている?
という話題です。


夏の外遊びで蚊やブユに刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を
含むスプレータイプの虫よけ剤(防虫剤)を禁止しているところもある。ディートの毒性を
心配しての対応のようだ。虫刺され対策は虫よけ剤だけではないが、頻繁に蚊に刺される
ような場所に出掛ける場合は、柔軟な対応が求められる。

虫よけ剤は、虫を寄り付かなくする薬で、その主成分がディートだ。ディートは、
1946年に米国で開発された化学物質。蚊やブヨ、ダニなど吸血性の昆虫に高い効果があり、
世界中で子供も含めて広く使われている。日本でも昭和37年から多くの虫よけ剤の主成分
として使われ、これまでに重篤な健康被害などの事例はない。

ただ、海外の動物実験でディートの神経毒性が疑われ、国民生活センターは平成17年6月、
厚生労働省や殺虫剤メーカーに対し、子供への安全性の検討や使用上限量などの表示を要望した。
これを受けて厚労省は同年8月、虫よけ剤の添付文書を改訂し、6カ月未満の乳児には
使用しない▽6カ月以上2歳未満は1日1回▽2歳以上12歳未満は1日1〜3回−など
子供への使用制限を盛り込むよう通知を出した。

その後の動物実験で、神経毒性について「影響は認められない」との結果が20年に出たが、
子供への使用制限は変わらないまま。関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)は
「今も子供への使用制限があることで、『子供に使うと危険』と考える保育園が
あるのではないか」と推測する。

今春から子供への使用制限がない新成分「イカリジン」を含む虫よけ剤が発売されたが、
市販品の多くは今もディートが主成分。

海外では子供への使用制限がない国もある。ディートの有効性について検討した海外の
論文では、マラリアや、このところ警戒心が高まっているデング熱、さらに海外で流行
しているジカ熱(ジカウイルス感染症)など蚊が媒介する感染症のリスクが高い場合は
使用を推奨している。

日本では現在、これらの感染症を媒介する蚊は確認されておらず、
東京大大学院農学生命科学研究科の山田章雄教授(獣医公衆衛生学)は
「国内ではSFTS(重症熱性血小板減少症候群)や日本紅斑熱、ツツガムシ病など
ダニ媒介性感染症の流行地を除けば、感染症対策として積極的に虫よけ剤を使用する
必要は現時点ではない」と指摘する。

ただ、虫刺されのリスクは感染症だけではなく、蚊に刺されたところが異常に腫れる
「蚊刺(ぶんし)過敏症」や、かゆくてかきむしってできた傷に細菌が入って「とびひ」
になることもある。とびひは、抗菌薬で1週間ほどで治るが、抗菌薬に抵抗性を持つ
細菌では治療が長期化する他、まれに腎炎などの病気を引き起こす事も。

虫よけ対策は、虫よけ剤を使うだけでなく、長袖・長ズボンの着用も勧められる。
また、水がたまる廃タイヤやプランターの皿を子供が遊ぶ場所に放置しないなど、
蚊が発生しにくい環境を作ることも大切。

感染症の専門家で、小児科医でもある川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は
「化学物質に無毒のものはないが、ディートの毒性は極めて低い。屋外の蚊が
いそうなところで子供が遊ぶときには、使用法を守って使えばいいのでは」と話している。

スプレータイプの虫よけ剤で心配なのは、子供がいたずらをして大量に吸い込んだり、
目に入ってしまったりすることだ。実際、過去に子供同士で虫よけスプレーをかけあった
事例が報告されている。厚生労働省によると、家庭用品による吸入事故で最も多いのは
殺虫・防虫剤で、平成26年度は258件と吸入事故全体の24%を占めている。

なるほど、防虫剤に限らず、スプレー製品は子供の手の届かないところに
保管することが大切ですね。^^;


と、まぁ色々言われていますが、虫除け剤は肌に直接スプレーで塗布するために、
警戒されているようですが、どのみち、家庭内で使用されている殺虫スプレーとか
蚊取り線香なんかも、日常的にある程度は吸収されてるんじゃないの?とか思います。

現代社会では、言い出すとキリがないくらいあちこちに有毒成分に晒される危険性が
あるわけで、田舎だって農薬とかね・・・。(−O−)>う〜ん、こうして考えてみると、
話が脱線してきますが、人間て、いつの間にか虫達より毒に対しての耐性が
身についてたりして・・・。(~_~;)>
それにね、都会に住んでると、虫に対して敏感になるのは分かります(私がそうですた)が、
田舎に住んでると、段々、虫が平気になって来るもんで、人間の慣れって凄いですよ。
脱線ついでに言わせてもらうと、こちら高知県西南部では、夏の夕方や秋には
羽も含めると1cmはあろうかと云う大きなやぶ蚊が出ます。^^;これに刺されると、
痒いどころか、チクッと「痛い」です。(T∀T)
でも、この蚊も、蚊取り線香で倒せるんです。蚊取り線香強し!! (`∀´)ノ

それに、ディート不使用!日本製天然アロマの虫除けスプレー
http://onigiriface.com/natural-buzz-spray-japan.html)や
【天然虫除けスプレー作り方】(http://d.hatena.ne.jp/akazaeri/20140608/1402180065
なんて方法もあります。^^

あとは私たち各々が、自己責任で自分の好みに合わせて、気持ちや感覚にフィットする
やり方を実践していくのが1番だろうなぁ・・・。
と、まとめる今日のセムさんでした。それではまた!(^^)/
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。