今年の夏の旅にお勧めの離島 色々 ^^ - ブナセムさんの、気になる事たち

今年の夏の旅にお勧めの離島 色々 ^^

皆さん、こんばんは。夏の休暇の旅行先は、もう決まりましたか?^^
まだの方で、ちょっとニッチな旅にも興味のある方にお勧めなのが、「離島の旅」です。

山・川・海など多様な自然を一度に楽しむことができ、本島とは異なる独特な“島時間”
が流れる離島。

今年の夏旅の候補先に、日本の離島はいかがでしょうか?^^
いずれもアクセスの難易度はそこまで高くなく、大自然とその島ならではの文化や空気を
感じられるところだそうです。^^

紹介されているのは5箇所で、その中で、今回は私の好み・独断と偏見で(笑)「奄美大島」と
「礼文島・利尻島」をアップしてみます。


因みに、その中に、

◆ 断崖絶壁の島『青ヶ島』(東京)も、ありましたが、
こちらは先月の私の記事  
  →http://norisem.com/article/439285167.htmlに紹介したので、今回は割愛しますね。
  ^^;>


◆ 希少な生物に会える『奄美大島』(鹿児島)
 地球上でこの島でしか会えない生き物たちや、個性豊かな表情の海岸、南国を思わせる
マングローブ、島唄や奄美黒糖焼酎。個性的で魅力あふれる自然や食や文化が残っている奄美大島。
森にすむ「ケンムン」という妖怪の伝説が色濃く残り、「実際に見た」という年配者も
多数おられるそうです。
レンタカーに乗って、自分のペースでのんびりとドライブするのが良さそうですね。^^

【基本情報】
住所:鹿児島県奄美市
アクセス:時期や天候により、発着時刻等に変更がある可能性もあります。
詳細な情報につきましては、お手数ですが下記の各問い合わせ先でご確認ください。

奄美空港(外部リンク)
発着便時刻表及び空港連絡バス時刻表(奄美空港サイト内)(外部リンク)
奄美空港0997-63-2251
※終点ホテルウエストコート(名瀬)まで所要時間1時間弱、料金\1,100(小児は半額)。
日本航空(外部リンク)
東京03-5460-0522
大阪06-6344-2355
福岡092-73-1280
日本エアコミューター(外部リンク)
琉球エアーコミューター(外部リンク)
バニラ・エア株式会社(外部リンク)


◆ 北海道の最果ての島『利尻島・礼文島』(北海道)
 「セットで訪れてほしい」と言われているこの2島。稚内から西に約60kmの位置にあり、
両島の間は、東西約8kmの「礼文水道」をへだてて向き合っている、利尻島と礼文島。
“北の最果て”というワードだけで冒険心をくすぐられるのが男。夏は南の島もいいけれど、
1年のうちで数ヶ月しかない、北の島のハイシーズンを満喫してみるのもGood!。

礼文島は、500mを超える高い山がなく、島の大半は海抜100m前後の広大な丘陵地帯が続く。
そこに生える草花は、ふきつける強い風によって背が低く、まるで緑の絨毯が永遠と続いて
いるかのような広大な景色が広がるそう。
また、別名「花の浮島」とも呼ばれ、夏には約300種の高山植物の花が海抜0mから咲き乱れる。
この独特の植生は、緯度の高さだけでなく、1万5000年前に大陸から切り離されたときの自然が
奇跡的に残っているためといわれています。

礼文島から船で約40分。
利尻島には、日本百名山のひとつであり、形の美しさから利尻富士とも呼ばれる利尻山が
そびえています。標高1721mのこの山は海抜0mから登ることができ、山頂からはサハリンが
望めます。もちろん、最果ての島ならではの高山植物や、海の恵みを活かしたクラフト制作、
湖畔をのんびり散歩できる沼地なども。
遮るものがない、最果ての広く雄大な大地と風を感じることができます。

【基本情報】
〔礼文島〕
住所:礼文島(北海道礼文町)
アクセス:稚内からフェリーで約2時間
礼文島から利尻島はフェリーで約40分
〔利尻島〕
住所:利尻島(北海道利尻郡)
アクセス:稚内からフェリーで約1時間50分
更に詳しくは、利尻・礼文島へのアクセス: 「一般社団法人 稚内観光協会公式サイト」へ  


如何です?行ってみたくなりませんか?(^_^)私も行ってみたいという気持ちありきの紹介
なのですが、いかんせん時間と経済状態が・・・、いやいや、今年の夏は
「YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO」大阪公演に燃えます!
て、自然は?(汗)^^;そう!もっと稼いで来年の夏はセムさん、家族を連れて行きまっせ〜!
(^O^)/~
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。