ブナセムさんの、気になる事たち

やっぱそうかい!? 「未知の断層が原因」政府調査委・鳥取県中部の地震について

先日、21日の14時過ぎに、鳥取県の中部で起きた、M6.6の地震について、
政府の地震調査委員会は「これまで知られていない長さ10キロ以上の
断層がずれて起きた」と、発表していたようですね。

今回地震を起こしたと推定される断層のある辺り


どうもこの付近に地表に現れていない、隠れ断層があったと推定されています。


同様に、国土地理院からも、政府調査委発表と同日の22日に、断層は
北北西−南南東に延びる長さ約18キロ、幅約13キロの大きさで、
最も浅い所(上端)が地下約500メートルにとどまり、地表に現れない未知の
「隠れ断層」とみられる。と、発表していました。


また、中国地方の北部区域にはM7以上の大地震を起こす恐れがあるとされる
長さ20キロ以上の主要活断層はないそうですが、M7級の鳥取県西部地震
(2000年(平成12年)10月発生(M7.3))も同様に地震前に断層の存在が
知られていない場所で起きました。調査委は今年7月、
「被害を起こすような地震活動が他の区域に比べて活発」として、
今後30年以内にM6.8以上の地震が起きる確率を40%と高く算定していました。


ここでは、調査委・委員長の平田直・東京大地震研究所教授は
「地表に活断層が現れていなくても、被害を及ぼす地震が起こる
可能性は全国どこでもある」ともコメントされているようです。


しかし、気象庁の方では、青木元・地震津波監視課長によれば、
「今回のような地震は活断層がない所でも起きる」とし、根拠に、
震源付近で明確な活断層が確認されていないことや、地下の浅い場所が
押し合って起きる「横ずれ断層型」であるとの見解でした。

                
              ◇


う〜ん・・・、いったいどれが本当なんでしょう? (?_?)>
ワラスの知っている限りでは、地震の発生原因は1つには、
海溝型[プレートが沈み込み、反対側のプレートが元に戻ろうとして、
その反動で起きる地震。と解釈しています。^^;]。
もう1つは、
活断層型[プレート内部での断層運動によって起きる地震。と、解釈しています。^^;]
です。
その線で考えると、ワラス的には「活断層型」かなぁ?やっぱり・・・。
活断層が無い、のではなく、まだ発見されてなかった。
だけではないでしょうかね?
実際、国土地理院からの発表での要約で、
[最も浅い所(上端)が地下約500メートルにとどまり、
地表に現れない未知の活断層。]て言うのが一番説得力を感じますた。


うむむ、じゃ、考え直せば、今、活断層が無いとされている地域でも、
安全安心とはいかないって事じゃ?
地表に現れ得ない活断層は想定外???


首都圏とか、あまり活断層が、その手の地図には書かれてなかった
記憶がありますが、それこそあれでけ建造物が密集し、
地下に穴を掘りまくってしまったお陰で、正確なデータが解らなくなってる
だけかも?若しくは、解ってるけど「パニックを避ける為」と、いう
表向きな理由で、隠蔽されてたりして??!!


ひえええええ!(@∀@;)やめてえぇぇ!! もしもそんな理由だたら、
いっそのこと正直に教えてくれよ!て、思うのワラスだけ? (^O^;)>
だってさ、ワラスは「知らぬ・関せず・騙されてるだけ」で生きてるより、
「知って、覚悟して、なお且つ気楽に生きる」方が幸せ。
と考えちゃう人なもんで・・・。(^^)>
ま、いつもの妄想に過ぎないかも知れませんが・・・。^^

何にせよ、相手は地震、いつものお約束どおり、極端には恐れず、
気楽に覚悟、てとこでしょうかね?
日本は、火山と地震のどちらかは、必ず付き合っていくしか無さそうですもんね。
それでは今日はこのへんで。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。