ブナセムさんの、気になる事たち

やっぱ中央構造線、動いてんじゃね? 阿蘇噴火が関東の大地震に繋がる?

去る10月8日に阿蘇山が、マグマ水蒸気噴火で爆発的に噴火し、
噴煙は10000mを超え、火山灰が四国の愛媛・香川の両県まで観測されたのは、
まだ記憶に新しいところですよね。

39a5bd58c8cabd0209bcb0c9c69e08ad_s.jpg
写真はイメージです。現在の阿蘇の状況と一致するものではありません。


さて、この阿蘇山の噴火によって、関東でも大地震が起きる可能性が
あると云う話がある事を知り、ワラスはビックリしますた。(゜д゜;)
今回の阿蘇山の噴火自体、春に起きた、熊本地震の影響で、
中央構造線が動いて起きた可能性があると、地球物理学(地震学)の
専門家、島村英紀・武蔵野学院大学特任教授は言っているそうです。

811c5eb8cf8fdb7517a74dcb76b772f8_s.jpg
[中央構造線の東の端に近い位置にある(分杭峠)です。
フォッサマグナの西端付近でもあったはず。
パワースポットだったんですね・・・。如何にも、て感じですね。]


島村教授のコメントによると、震源となった熊本地方から阿蘇山の真下には、
日本最長にして最大の活断層である中央構造線が走っており、熊本地震が
この中央構造線を刺激して、阿蘇山の噴火に影響した可能性があるとの事。
実際に大分や熊本市から南西の八代市など、この構造線に沿って
震源が移動しているそうです。


島村氏の説では、は九州における中央構造線は、鹿児島付近から始まり、
熊本、大分を経て四国北部、紀伊半島から長野まで達しています。
このライン上には、西から川内原発、伊方原発も有りますよね・・・。
ちょっと離れてますが、大揺れしたら浜岡原発も影響受けそうですよね・・・。
(;_;)


ワラスも知りませんですたが、教授によると、日本には毛細血管のような
活断層が2000余りもあるらしく、実際にはその3倍の6000くらいもあるとの事。
日本て本当に断層だらけじゃん! ヽ(@O@)ノ


熊本地震は、マグニチュードは阪神淡路大震災と同じM7.3。
しかし、熊本の方が余震が長引いていて、その理由がどうも中央構造線が
動き出した為だともコメントされてました。
やっぱそうなんだ・・。(−_−;)


更に、中央構造線の影響で起きたと考えられる地震は、いまから
およそ400年前の慶長時代にまでさかのぼるそう。
1596年9月上旬に伊予、豊後、伏見でM7クラスの地震が相次ぎ
「慶長の連動地震」と呼ばれるもので、広範囲に被害を出したらしいです。
(TT)
関東地方は厚い堆積物のため、見えない活断層がたくさんあると考えられています。
実は、中央構造線も長野からさらに首都圏にまで達しているかもしれないと
指摘する声もあるようです。
以下のサイトから、中央構造線で検索すると、それらしい地図に行き当たりますよ。

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A&oq=%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A&aqs=chrome..69i57j69i60&sourceid=chrome&ie=UTF-8


しかし、地図を見てみて思ったのですが、中央構造線、その前にフォッサマグナに
影響を与えそうですね・・・。
どのみち、おっかない!!
ま、今更ながら、調べてみて思う事。
それはやはり日本って、地震&火山大国だなぁ、と。
島村教授の推測の延長線上で、ワラスなりに考えてみても、
関東大地震の前に東海直下型とか富士山噴火とかもありゃせんかい?
そもそも、今までがおとなし過ぎただけかも知れません。
むやみに恐れすぎる前に、腹をくくって、ある意味慣れるしかないのでは?


ま、科学的予知が間に合わないのであれば、やっぱ動物達の様子を
観察しておくとか、直感が働く(本当は皆、働いてんだけど・・・)人は、
予知夢とか虫の知らせみたいな事を、馬鹿にせず、活用すべきでしょう。
ワラスの体感では、今のところ、壊滅的なのが来そうな予感はしていません。
油断もしてませんが。^^


ただ、可能性としては、これからの日本、しばらくは、何時何処で起きても
不思議はないし、そうなると「想定外」て言葉は通用しないと思った事でした。
それでは今日はこのへんで。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。