ブナセムさんの、気になる事たち

「風台風」の予感 台風18号は日本海沿岸を東進しそう 沖縄久米島では最大瞬間風速59,7m!

今日も、素人の気象マニア、セムさんの18号下馬評です。^^;
今回は、何だか「風台風」の予感です。
実際、沖縄県久米島の久米島空港では、4日午前0:50に、
最大瞬間風速59,7mを観測しています。
その時点での台風の進行速度が時速20kmと、ゆっくり目だったにも関わらず、
久米島地方の今回の台風による総雨量は100mmに達していないようです。
そんな理由から、セムさんは、雨よりも風の被害が目立つ、
「風台風」を独断で予想しています。^^;


先ずは、気象庁さんの台風情報を参考にさせてもらいながら、
様子を見て行きましょう。

1618-00 (1).png
[気象庁 台風情報 72時間拡大より]
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1618l.html


台風18号は、10/4、12時現在、東シナ海中部にあって、
時速25kmで北に進んでいます。
中心気圧は915hPaと、猛烈な勢力を維持していて、
中心付近の最大風速は55m(最大瞬間風速は75m)
中心から半径90km以内では25m/h以上の暴風域です。


と、このように見ていくと、確かに中心気圧は「マジ恐い」レベルの
猛烈な勢力ですが、その割りに暴風域の半径がコンパクトかな?
と、思いました。
進路予想図を見てもらえば、きっとお解りになるとおり、
5日の朝から24時間もしないうちに、日本の東の海上に抜けていく予想になってます。
九州の西海上付近から、上空の偏西風に乗ってスピードが上がるからだと思われます。
以上の事から、雨は長時間降り続く可能性は低そうなのと、
そんな速度で東進するので、進行方向の南側で暴風になりやすい、
それこそ突風や場所によっては竜巻とか、今回はそっちの方が恐そうです。
特に、台風が近くを通過する長崎県、壱岐・対馬地方や日本海沿岸地方では
暴風+短時間でも大雨はあるかも?ですね・・・。(−−;)
そして、台風に向かって南よりの強い風も吹き込んで来そうなので、
太平洋沿岸地域では、潮風による塩害にも注意が必要かと・・・。
(被害としては目立ちませんが、自動車等の機械類や、
(葉)野菜の栽培等には非常に困ります・・。)


まぁしかし、相手は台風ですからね・・・。じゃぁ雨は大丈夫だね!
と、タカをくくってしまうと、そんな時に限って・・・、なんて事も
無きにしも非ず。位の意識は持っておきましょう。
どの道、交通機関は一時的でも乱れるでしょうし・・。


ただ、今のところ(4日14時現在)、太平洋沿岸
(セムさんの住む、高知県西部では)では、海の波の感じは、
普段と特に変わりはありません。


結局のところ、お約束ではありますが、大した事がないことを祈りつつ、
防災意識はもって乗り切りましょう!に尽きると思います。^^
それではまた。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。