ブナセムさんの、気になる事たち

遂に小笠原に飛行場建設か? 父島にプロペラ機用滑走路案 羽田と結ぶ計画

皆さんは小笠原諸島を、世界遺産等の話題でご存知の方も、
結構居られると思います。^^
ご存じない(興味が無かった!)方のために、ワラスの趣味も兼ねて
説明させてもらうと、東京都から南に約1000kmも離れた所にある、
太平洋上に浮かぶ30余りの島々の総称が「小笠原諸島」だそうです。

d8e6324ef3f2a2b1d32d5d87fd63f4aa_s.jpg(父島です、マジヤバイ位綺麗ですね!)

この島々、何と東京都!小笠原村の管轄で、
その中心的役割を担っているのが父島です。
小笠原村へのアクセスは、東京〜父島間を週に1便のみの大型船で、
片道24時間掛かる、まさに日本の秘境です。

 (矢印の位置が父島です。^^)


そしてこの度、この父島にプロペラ機用の滑走路(1200m級)の建設を、
都と小笠原村が協議している事を知りました。
去る8日に、小池東京都知事が島の中西部に位置する洲崎(すさき)地区を視察し
、急患が出たとき等の命を守ると言う視点での空港の必要性を重要視する、
等のコメントをされたようです。この先、ニーズとコストの費用対効果や、
世界遺産に登録されている「自然」を保ちながら、観光とも組み合わせ発展させたい
とし、島全体との計画を練り直していくようです。
村は都に2年後の「返還50周年式典」までの空港建設の表明を求めているそうです。
因みに計画されている洲崎地区は、世界遺産ではない地区との事。


村としては、「緊急医療など村民のための空港。観光客優先ではない」
との事で、なるほど、
緊急医療や災害時の救援物資の搬送等の観点から見れば、反対する理由は
ワラスにも有りません。
後は、いかに「世界遺産の自然」を維持しながら費用対効果も出していくか
だと思います。
いくら世界遺産に登録されて無い地域といっても、島の原型から滑走路が
はみ出してしまうような事が無いようにしてもらえないものでしょうかね。
とはいえ、島民の方々の生活を思えば、何とか実現すればなぁ、
とも思ってしまいました。


なお、この島々、一般人が居住しているのは父島とここから船で2時間ほど南の
母島のみです。
人口も少ないこの地域に、上記に述べた条件(緊急時と経済効果、自然保護)を
いかに両立させるか?今後の動向にに注目したいと思います。


皆さんは今回のこの話、どう思われますか?
「絶対反対!」て方も居られるかも知れませんね。^^;
ワラスは現時点では上述の理由で、結論出しかねてます。
たとえ小さくても、空港が出来たら観光客のアクセスは増えるでしょう。
だって今まで片道24時間のコースがプロペラ機なら数時間くらいに
縮まるでしょうしね。
そうなると、心無い観光客が島の自然を・・・、なんてことも
やはり起きてしまうのでしょうか?
本当にこの島々の自然を大事に愉しみたい、と、思う人だけが
観光してくれると良いのですがね。
かく言うワラスもいつか近い未来に、カミさんと一緒に
観光に来て見たいなぁ・・・。
と、思っています。
勿論、島の自然や島民の方の生活をを損ねないよう気をつけながらね。^^;
しかしワラスの体感的直感では、そこまで心配するような事態は
起きないような気が、今のところしています。
どうでもいいと思うような人が、この島々にわざわざ観光に来ないような気がする、
と言う程度の根拠しかありませんがね・・・。^^;


それでは今日はこのへんで。セムさんでした。 (^^)/

阿蘇山噴火 気象庁は原因追跡へ 踏んだり蹴ったりの、九州熊本 農家にも大打撃・・・

皆さんこんにちは。
昨日の阿蘇山噴火の話の経過を、今日は追ってみたいと思います。

ea8f03b1212199ce0b6f6825831fd832_s.jpg


何と、今回の阿蘇山の爆発的噴火で、熊本、大分両県のみならず、
風下にあたった地域の、愛媛、香川まで降灰が確認されたそうです。
福岡管区気象台と気象庁によれば、7日昼頃から地下でマグマが動いたことを示す
前兆が観測されていた(マグマの動きに伴うとみられる火山性微動が続く等)。
マグマの動きが爆発的噴火の要因と見られていますが、
今後、噴出物を調べて原因を追跡する(マグマ噴火かマグマ水蒸気噴火、
または水蒸気噴火?)ようです。
そうしないと、どのタイプの噴火か断定できないそうです。


ここまで見て、ワラスは「ん?」と首をかしげますた。
だって昨日のワラスの記事での「京都大学火山研究センター」の
某教授は「水蒸気爆発」て、言ってたんじゃぁ?
あれって、ただの憶測?それともまたもや隠蔽かぁ?(笑)
だって、こんなツイートも今日になって発見しましたよう。




火山の噴火と言う意味では、決して馬鹿デカイとは思いませんが、
火柱、上がってるじゃん! 水蒸気爆発でこんな火柱上がるの?? 
これって少量でもマグマじゃないの??? (?_?;)
まぁこのへんは、今後の気象庁の調査結果の発表を待つ事にしましょう。


さて、この噴火で案の定、農家が打撃を受けてしまっています。
今のところ、被害は阿蘇山周辺地域以外からは聞かれていませんが、
阿蘇市等ではトマトやアスパラ、イチゴのハウスに噴出物で穴が開いてしまったり
、ハウスに火山灰が積もったり、更にはキャベツなどの農作物が灰を被ったりして、
ダイコン等は苗が枯れてしまったり、
その他、観光面でもキャンセルが300人以上出たりと、被害は深刻な様子です。


気象庁からは、その後も火山性微動や地震は続いていて、
今後も同規模の噴火の可能性はあるとの事です。


セムさん的には、昨日と体感は変わっていません。
あと1回2回はもしかして?とも思いますが、壊滅的噴火は無いと感じています。
(勿論、起きないで欲しいです。)
とにかく、これ以上の被害が出ない事を祈っています。


それでは今日はこのへんで・・・。

36年ぶりの爆発的噴火 阿蘇山 水蒸気爆発か 熊本地震の影響は・・

今朝と言うか、8日深夜AM1:46頃、熊本県、阿蘇山の中岳(標高1506メートル)
第1火口で爆発的噴火が発生したようです。(・・;)
気象庁は5段階に分かれている噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から
3(入山規制)に引き上げ、火口から約2キロの範囲で大きな噴石や火砕流への
警戒を呼び掛けています。
しばらくの間、登山等はあきらめ、安全第一で行きましょう。
ところで、噴火警戒レベル、具体的にはどんなふうに分けられているのか見てみましょう。

vol_alert_level.jpg

[気象庁 噴火警戒レベルの説明 より]
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/level_toha/level_toha.htm

今回の阿蘇山の噴火で、警戒レベルは3となった訳ですから、
ワラス達が見るべきは、この図の真ん中の欄ですね。^^;
なるほど、レベル3までくると山の周辺地域の生活にも影響が出るレベルですね。
今回の噴火に関して、どんな意見が出ているかも見てみると・・。











以上のツイートは、数多くの意見のホンの一部ですが、
一部地域では無事な所もあるようですが、総じて降灰の被害が出ている様です。
やはり、今のところ、農業被害が特に懸念されるところのようです。
本当に、今春の熊本地震から災難続きです。これ以上の被害が出ないことを
祈るばかりです。


ところで、今回の阿蘇山噴火は、火山の地下水がマグマの熱によって温められ、
沸騰して爆発する「水蒸気爆発」とみられる。と、
「京都大学火山研究センター」(熊本県)の大倉敬宏教授はコメントしています。
マグマが直接噴出する、「マグマ噴火」では無かったようですが、
要警戒である事に変わりはありません。
また、気象庁によると、阿蘇山での爆発的噴火は1980年1月26日以来、
36年ぶりとの事でした。
阿蘇山て、結構、それなりの噴火を慢性的に続けているイメージが
私にはあったのですが、大きな噴火はそんなに間が開いていたんですね。
意外でした。


やっぱり春に連発した「熊本地震」の影響では?なんて思った方も多いのでは?
(ワラスもその一人です。;_;)


しかし、火山噴火予知連絡会副会長の石原和弘・京都大名誉教授は、
「噴火に向かっていた火山活動が地震でむしろ邪魔をされた形に
なっていたのではないか。
地震の影響がなくなってきたので本来の阿蘇山の活動に戻ったということだと思う」
と、コメントしていました。
え?地震の揺れで地殻にひびとかが入って火山が活発化したんじゃないのか・・・?!
そして、(噴火の)爆発力は、近年の阿蘇山としては強いが、他の火山と比べれば
御嶽山よりも少し強いぐらいで、桜島や2011年2月の新燃岳などの噴火に
比べれば弱いそうです。


まぁ、どちらにしても、九州の火山帯は活動期に入っていると見て間違いないと
思いますね。
その他では、14年8月に口永良部島(くちのえらぶじま)も噴火してますしね・・・。
( ̄▽ ̄;)
ちなみに、ワラスの体感(当てになるかな・・・?)では、壊滅的災害は起きない、
と、今のところ感じています。(起きて欲しくないですが)


しかし、もしもこれ以上大きくならないまでも、噴火が続くようなら、
我が高知県にも偏西風に乗って、または上空の風の風向によっては、
火山灰が飛んでくるかも知れません。実際、徳島県にも降灰予想が
出ていたようですしね・・・。


そして、この火山灰ですが、非常に細かい粒子で体に入り込みやすく、
亜硫酸ガスや硫化水素など有害物質が含まれていて、ガラス(火山ガラス片)
が含まれており角は鋭く尖っているそうですので、あまり吸い込まないほうが
良さそうです。
今回は四国にそこまで大量に振るような気はしないのですが、
自分の所は関係ないと、タカをくくるのではなく、意識の隅くらいには
ストックしておきましょう。
熊本や大分の方はマスクをされた方が良い地域の方も居られると思います。


お約束にはなりますが、極端に恐れず、防災意識だけは持っておきましょう。
それではまた。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。