ブナセムさんの、気になる事たち

続報 鳥取県・地震 重軽傷20人避難者は約3000人か (=_=)

昨日、14:07頃、鳥取県中部で起きたM6.6の地震で被害の状態が具体的に、
ワラスにも分かってきました。
また、Twitterでも、状況、続々発見できました。





震源地付近の倉吉市て、白壁が有名だったんですね・・・、しかしそれがこんな事に・・・。
(>_<)

公共施設もこの有様・・・。(・△・;)






それぞれの、被害の画像見てて思ったのは、完全崩壊するほど
酷くなくて良かったと言えば良かったんだろうけど、
これだけの揺れを現場で体験した人達、かなり恐かったろうな、と。
見るだけと、体験て、違いますよね・・・。


              ◇


ところで、今回の地震で、鳥取県内では16人が重軽傷。岡山、兵庫、
大阪の3府県と合わせると、重軽傷者は約20人にのぼっている模様です。
鳥取県北栄町によると、町内で住宅2棟を含む計7棟の建物が全壊し、
約10棟が半壊した。
倉吉市や湯梨浜町でも建物の損壊を確認。
鳥取県各地に避難所が設置され、約3000人が避難しているそうです。
境港市や岡山県、兵庫県でも転倒等により、骨折するなどの重傷者が出ていました。
そして、気がかりなのは、鳥取県三朝(みささ)町で86歳男性が、
「竹を切りに行く」と言って地震前に家を出てから、行方不明になっているようです。
途中の県道で土砂崩れが起きているとの事ですが、車等の巻き込まれた形跡は
無い様です。
もしかして、そのために道が塞がれ、帰宅出来なくなっているのかも
知れないですね。ご無事であります様に。


鳥取県ではその後も、今日にかけてM4前後、震度3前後の余震が続いています。
やはり、気象庁の発表どおり1週間は要警戒だと思います。
鳥取は2000年にもM7.3がありましたよね。過去には1943年に「鳥取地震」が
有ったりと、意外と地震が多い所ではないかと思いました。
しかも、気味悪い事に、この周辺では、目だった活断層は見つかっていない
そうです。
気象庁は、活断層なくても(地震が)起きる事がある、とも言ってるようですが、
まだ発見されてないだけなんじゃ?とかも思いますよね・・・。
何にしても、復旧も大変でしょう。余震も大人しく終わってくれ〜!
(揺れで弱っている家屋は、余震でも倒壊の危険があるので、恐いっすよね・・・。

それでは今回はこのへんで。
また、何かあったらアップいたします。(・・)/

震度6弱!鳥取県中部 M6.6 津波の心配は無しだが、今後1週間は同規模の余震に注意

驚きましたね、どうも最近、不自然に暑い日が続くなぁ・・・、
と、思っていたら、やっぱり・・・。(−−;)

20161021142418493-211407.png

[気象庁 地震情報より]
http://www.jma.go.jp/jp/quake/5/20161021142418493-211407.html


地震の発生は、10月21日、14:07頃でした。震源地は、
鳥取県中部(北緯35.4度、東経133.9度)で、震源の深さは約10km、
地震の規模(マグニチュード)はM6.6(推定)です。


震度5以上が観測された地域は以下の通り。
震度6弱 鳥取県中部
震度5強 鳥取県東部 岡山県北部
震度5弱 鳥取県西部 島根県隠岐地方
その他、中国地方兵庫県西部や四国地方北部等でも震度4の揺れを
観測しています。

この地震での、津波の心配はない模様です。


この地震の影響で、鳥取県倉吉市や湯梨浜町では建物の屋根が落ちたり、
倉吉市役所では、ガラスが散乱したりで、建物の中に入れない状況等、
建物にかなりの被害が出ている様子です。同県内では、落石の情報もあります。
また、同県北栄町の高齢者施設で入居者2人が倒壊物の下敷きになるなど、
けが人も出ている様です。


交通機関への影響は、震度5強の揺れが起きた岡山県北部ではJRで、
因美線などが運転を見合わせ、
中国自動車道の岡山県の新見ICと落合ICとの間の上下線、
それに岡山自動車道の北房ジャンクションと有漢ICとの間の上下線が
一時通行止めになりました。
また、地震による停電の影響で山陽新幹線は全線で、
一時運転を見合せていました。
21時現在は、既に高速道路も新幹線も通常通り運転を再開しています。
尚、ツアー客等にも被害は出ていない模様です。


ちなみに、運転中の、愛媛県伊方原発と、停止中の島根県の島根原発も、
異常は見られなかったそうです。


気象庁は、今後1週間は、最大震度6弱程度の余震がありうるとして、
警戒を呼びかけていました。


              ◇


しかしですね、これだけの強い地震があったにも関わらず、今のところ、
死者は出ていないようで、それだけでも不幸中の幸いだと思った事ですた。
(−O−)/
M6.6といえば、かなり強めの地震ですね。
まぁ、このくらいのマグニチュードならば、震源が海上でも、
被害を起こすレベルの津波も起きないと思います。
今回はしかも、震源が陸上でした。


しかし、季節はずれに妙な気候が続く時とかは、何故か地震や火山の噴火とか
多いように感じるのはワラスだけ?
確か、東日本大震災のときは1月の降水量が0mmの地点(太平洋側ですたが)が
結構あって、いくら冬とはいえ、何かおかしいな・・・。
と、当時のワラスは思っていたのです。
そしたら、ひと月後にあの惨事・・・。(TT)
今回の鳥取の地震は、これで終わって欲しいです。


それにしても、最初に貼り付けた地図を見ていただいても分かる通り、
かなりの広い範囲が揺れてます。
震度が弱かったので、あえて書きませんでしたが、高知県の西南部でも
震度1〜2を観測していたのですよ。
明日になれば、更に詳しい被害状況が分かってくるとは思いますが、
何にせよ、これ以上の被害が拡大しない事を祈るのみです。

それでは今日は、これにて失礼します。(・・)/

やっぱ中央構造線、動いてんじゃね? 阿蘇噴火が関東の大地震に繋がる?

去る10月8日に阿蘇山が、マグマ水蒸気噴火で爆発的に噴火し、
噴煙は10000mを超え、火山灰が四国の愛媛・香川の両県まで観測されたのは、
まだ記憶に新しいところですよね。

39a5bd58c8cabd0209bcb0c9c69e08ad_s.jpg
写真はイメージです。現在の阿蘇の状況と一致するものではありません。


さて、この阿蘇山の噴火によって、関東でも大地震が起きる可能性が
あると云う話がある事を知り、ワラスはビックリしますた。(゜д゜;)
今回の阿蘇山の噴火自体、春に起きた、熊本地震の影響で、
中央構造線が動いて起きた可能性があると、地球物理学(地震学)の
専門家、島村英紀・武蔵野学院大学特任教授は言っているそうです。

811c5eb8cf8fdb7517a74dcb76b772f8_s.jpg
[中央構造線の東の端に近い位置にある(分杭峠)です。
フォッサマグナの西端付近でもあったはず。
パワースポットだったんですね・・・。如何にも、て感じですね。]


島村教授のコメントによると、震源となった熊本地方から阿蘇山の真下には、
日本最長にして最大の活断層である中央構造線が走っており、熊本地震が
この中央構造線を刺激して、阿蘇山の噴火に影響した可能性があるとの事。
実際に大分や熊本市から南西の八代市など、この構造線に沿って
震源が移動しているそうです。


島村氏の説では、は九州における中央構造線は、鹿児島付近から始まり、
熊本、大分を経て四国北部、紀伊半島から長野まで達しています。
このライン上には、西から川内原発、伊方原発も有りますよね・・・。
ちょっと離れてますが、大揺れしたら浜岡原発も影響受けそうですよね・・・。
(;_;)


ワラスも知りませんですたが、教授によると、日本には毛細血管のような
活断層が2000余りもあるらしく、実際にはその3倍の6000くらいもあるとの事。
日本て本当に断層だらけじゃん! ヽ(@O@)ノ


熊本地震は、マグニチュードは阪神淡路大震災と同じM7.3。
しかし、熊本の方が余震が長引いていて、その理由がどうも中央構造線が
動き出した為だともコメントされてました。
やっぱそうなんだ・・。(−_−;)


更に、中央構造線の影響で起きたと考えられる地震は、いまから
およそ400年前の慶長時代にまでさかのぼるそう。
1596年9月上旬に伊予、豊後、伏見でM7クラスの地震が相次ぎ
「慶長の連動地震」と呼ばれるもので、広範囲に被害を出したらしいです。
(TT)
関東地方は厚い堆積物のため、見えない活断層がたくさんあると考えられています。
実は、中央構造線も長野からさらに首都圏にまで達しているかもしれないと
指摘する声もあるようです。
以下のサイトから、中央構造線で検索すると、それらしい地図に行き当たりますよ。

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A&oq=%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A&aqs=chrome..69i57j69i60&sourceid=chrome&ie=UTF-8


しかし、地図を見てみて思ったのですが、中央構造線、その前にフォッサマグナに
影響を与えそうですね・・・。
どのみち、おっかない!!
ま、今更ながら、調べてみて思う事。
それはやはり日本って、地震&火山大国だなぁ、と。
島村教授の推測の延長線上で、ワラスなりに考えてみても、
関東大地震の前に東海直下型とか富士山噴火とかもありゃせんかい?
そもそも、今までがおとなし過ぎただけかも知れません。
むやみに恐れすぎる前に、腹をくくって、ある意味慣れるしかないのでは?


ま、科学的予知が間に合わないのであれば、やっぱ動物達の様子を
観察しておくとか、直感が働く(本当は皆、働いてんだけど・・・)人は、
予知夢とか虫の知らせみたいな事を、馬鹿にせず、活用すべきでしょう。
ワラスの体感では、今のところ、壊滅的なのが来そうな予感はしていません。
油断もしてませんが。^^


ただ、可能性としては、これからの日本、しばらくは、何時何処で起きても
不思議はないし、そうなると「想定外」て言葉は通用しないと思った事でした。
それでは今日はこのへんで。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。