ブナセムさんの、気になる事たち

公共料金の支払いがビットコインで可能に 国内初 東京 新電力で

皆さんは仮想通貨「ビットコイン」なるものをご存知の方も多いかと
思います。^^

かく言うワラスも、2年前に起きた取引所の破綻(はたん)事件をきっかけに
名前くらいは知るようになりましたが、その後、すっかり大人しくなった様に
勘違いしていたようです・・・。^^;


と、言うのも、なんと!仮想通貨「ビットコイン」の取引所を運営する
レジュプレス(東京) http://www.resupress.com/
と云うところが新電力と連携して、この11月から電気料金を支払えるサービスを
始めるそうなのです。
勿論、国内初のビットコインによる公共料金支払いサービスの開始となるわけです。
さて、そのサービスが利用できる会社はというと

 支払いができるのは、LPガス販売の三ッ輪産業(東京)の子会社の新電力「イーネットワークシステムズ」との契約。電気料金はビットコインに換算され、レジュプレスが提供するビットコインの取引口座から引き落とされる。
朝日新聞デジタル 9月26日(月) より一部引用


と、なっています。サービス提供元のレジュプレスに関してですが、
すでに約30000の口座を持っているそうで、そうなると当然ながら、
イーネットワークシステムズは、口座開設者からの新規契約の獲得を狙っていると
思われます。
うむむ、しかし今のところはまだまだ大都市部の利用者のみ、と云った感じの
イメージも受けました。^^;


が、勿論、ここからビットコインの可能性を拡げる狙いがあるのは確実だし、
素人のワラスなどには及びも付かないような勝算も計算済みからの
今回のアクションなのだろうな・・・、と思った事でした。
だって、公共料金の支払いも可能、となれば、そこから利用者は
(評判を聞きながら、にはなるでしょうが・・)じわじわ拡大していくだろうし、
新電力と言う事で、電力自由化の動きもこちらの方から加速させていこうとも
しているのでしょうね。
ビットコイン側・新電力側お互いにとってのwin-winと、いった所でしょうか。
勿論、これで利用者からの意見等をリサーチしながら更にサービス内容を
充実させれば(win-win-winとなれば)、両方の利用拡大が、
更に現実味を帯びてくるでしょう。
因みに、イーネットワークシステムズに関しては http://www.enetsystems.co.jp/ 
へ、アクセスすれば、サイト内で色々知る事が出来るようになってました。^^


しかし、世の中、だんだんネット環境で色々済ませていく時代に入ってきたなぁ・・。
と、痛感するのはセムさんだけじゃぁないですよね。^^
今回のこの話題も、そんな意味でワラスの興味を引く内容でした。


あ、そうそう、ところでビットコインの意味なんですが、ワラス的には
「色んな通貨と、そして他の人々との間で交換可能なウェブ環境上の
ポイントマネー的存在」として理解したつもりになってます。^^;
もし、違ってるよ!て思った方は、噛み砕いて教えていただけると、
セムさん、超〜!喜びます。^^


ビットコインの入手方法に関しても、既に色々、教えてくれてる
サイトがありました。^^
以下のサイトなんか、ワラスでも割かし解り易かったです。
(僻地在住の為、利用開始はまだも少し先になるとは思いますがね・・・。^^;)
http://btcnews.jp/bitcoin-document-016/


それでは今日はこのへんで。セムさんでした。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。