ブナセムさんの、気になる事たち

沖縄で6日発生 台風13号 発達しながら8日に東海・関東に接近、上陸の可能性も

皆さんこんにちは。^^

今日はまたしても台風ネタです。
しかし、言ってみれば、それくらい先月から台風の発生は多いし、
殆どが日本に上陸してるからなんですけど・・・。

とにかく現時点での詳細を確認したいと思います。

1613-00.png

《気象庁台風情報 台風経路図より》
「H28 9/6 9時現在」

存在地域 宮古島の北北西約90km
中心位置 北緯 25度30分(25.5度)
東経 124度50分(124.8度)
進行方向、速さ 北東 ゆっくり
中心気圧 1002hPa
最大風速 18m/s
最大瞬間風速 25m/s
15m/s以上の強風域 東側 170km  西側 130km


気象庁は6日、沖縄・先島諸島近海で熱帯低気圧が午前9時に台風13号に
変わったと発表しました。

台風はこのまま進むと、6日夕方から夜に沖縄本島、同日深夜から7日未明に
奄美地方に接近後、北上して8日朝に東海や関東の太平洋沿岸に接近し、
上陸する可能性もあります。
これまでの台風の被災地では早めの対策が必要です。

201609061250-00.png
《気象庁 雨雲レーダー より》

このレーダーの図を見ていただければ分かる通り、沖縄・奄美地方では既に、
かなり強い雨が降っています。こちらの地域では強風と高波も起きていると思われます。
7日にかけて続くでしょう。その他、九州から北の太平洋側でも今夜辺りから
波が高くなり、8日にかけて高波に警戒して下さい。

日本近海の太平洋、海水温も高い為、台風は発達しながら東進・北上し、
東海地方接近辺りから暴風域を伴う予想となっています。
東海以北の地方では強風・竜巻を含めた突風にも警戒が必要です。

そして、台風本体と台風周辺の湿った空気の影響を受ける、太平洋側の地域は
大雨の可能性が高いです。東海・関東地方は台風10号の影響で大雨が降って、
地盤がまだ緩んでいるいる地域もあります。洪水・土砂災害にも充分警戒しましょう。

7日正午までの24時間雨量は多い所で200ミリ、最大瞬間風速は35メートル、
波の高さは6メートルと予想されています。

台風は東海・関東接近時、小さいながらも暴風域を伴うようです、大雨と合わせ、
交通機関にも乱れが出そうですので、その際、各交通機関までの問い合わせもお願いします。

16090609.png
《気象庁 天気図 6日9時現在》

うむむ、この天気図を見てみると。太平洋高気圧が日本の南、
南西方向に一時的に勢力を広げているようです。台風はこの上を進んでいくのでしょう。
このタイプの進路は四国の太平洋側・高知県西南部でも大雨の確率が高いです。
そして今回は高波も来るでしょう。ワラスも気をつけます。

それでは今回はこのへんで。セムさんでした。(^^;)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。