ブナセムさんの、気になる事たち

COP21温暖化対策「パリ協定」批准国 55カ国超える 協定年内発効へ近づく

地球環境問題の一環として、騒がれだしてから久しい、地球温暖化の原因と
されているCO2の削減に関しての2020年以降の新た案国際的取り組みである
「パリ協定」ですが、21日に発効用件の55か国を超えたとの事です。
もう一つの発効の要件である温室効果ガスの排出量ベースでは、必要とされる
55%にまだ達していませんが、今月3日に温室効果ガスの二大排出国である米中が
批准したこともあり、協定の年内発効には大きく近づいた模様です。

fcb275d9eaaaa43b17e13deb768d30a5_s.jpg

[国連本部で21日行われた式典で、ブラジルやメキシコなど31カ国の代表が
潘基文事務総長に批准書を提出。事務総長によれば、これにより批准国は60カ国、
排出量ベースで約47,5%に達した。2大排出国である米中は今月初めに批准を済ませている。
パリ協定は、世界の温室効果ガス排出量の55%以上を占める55カ国以上の
批准で発効する仕組み。] 
時事通信 / 2016年9月21日 22時34分より一部引用


因みに、「パリ協定」の元となっているのは、COP21(コップ21)と呼ばれる
国際会議なのですが、
国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議の略称です。2011年のCOP17で、
2020年以降の新たな温暖化対策の国際枠組みをCOP21で採択することを決めたもの。 
京都議定書では先進国だけに対策を義務づけてきましたが、COP21では途上国を含む
すべての国が参加する枠組みをめざしています。


うむむ、ここまで書いてみましたが、まさか未だに地球温暖化の真の原因が
二酸化炭素だと信じきっている一般Pは多いのでしょうか?
ワラスが今日、言ってみたいのは、ま、確かに世界中が協力して環境問題に
取り組みだすのかな?と、超お人よし的に考えても別に構いませんが
(本当にそうなら結構な事ですがね・・・)、これってやっぱり僕ら一般Pを
「バビロる(笑)」(大雑把に、要するに操る、の意とワラスは解釈して使ってます。)
為じゃなかろうか?なんて思ったりするんです。


だって考えてみれば、地球環境問題って、二酸化炭素だけな訳なくて、
海洋汚染から水質汚染、大気も汚染されてりゃ絶滅する生物種の増加による
生態系バランスの破壊とか、原発が排出している温排水によって海水温が実は
上昇してるかも?(実際、1基の原発で、毎秒にして1級河川の水量くらいの水が、
その海域より7℃高い状態で排出されているそうです。)で、
それらが総合的に絡み合って、気候にも影響しているとワラスは思うんですが、
どうでしょう?(^_^;)


はぁ?何言ってんだコイツ!とか、知らんかった!考えたことなかった!!
なんて方にも、以下のサイトなんて良いきっかけの情報になるかと思って、
貼り付けておきますね。(^^)>
勿論、読んでからの判断は皆さんにお任せします。知らないままで言うのと、
知ってから自分なりに考えてから言うのとでは大きく違うと思うので・・・。


http://saigaijyouhou.com/blog-entry-681.html

http://sekainoura.net/vol-38%E2%98%85%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%AE%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%81%AF%EF%BC%9F.html

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n36934


それでは今日はこのへんで!
セムさんでした。(^^)/

各地で浸水被害続出、16号台風 東海沖で温帯低気圧に 

皆さん、こんにちは。
16号台風、予想以上に強烈でした。(>_<) 珍しく雨と風の音で目が覚めました。
ワラスは仕事を、正直休みたかったのですが、そういう訳にも行かず、
しかも出勤時間には暴風雨も峠を越えた様子でしたので、ある意味ホッとしながら、
マイカーで出勤をしたのですた。
それが、この画像です。我が家から割かし近くです。−−;
DSC_0558.JPG

とは言っても、まだまだ風は強く、雨も強いのがもう一降りといった感じで、
十分に恐かったですが・・・。
風でハンドル、時々ぶれましたもん・・。(・・;)>
まぁ、何とか事無きは得られましたがね。


台風16号は、先日の予想より強い、「非常に強い」勢力で鹿児島県の大隅半島に上陸し、
その後は太平洋側の地方を縫うようにして進み、21時に東海沖で温帯低気圧になった
模様ですが、以下のツイートにも見られるように、あちらこちらで大雨による浸水被害が
出てしまっています。(;;)






















上記に貼り付けたのは、ほんのごく一部です。


他にも、九州南部から東海地方に至るまであちこちで、避難指示や避難勧告の
出ていた地域がたくさんありました。
飛行機は欠航が相次ぎ、鉄道も四国などは始発から運転を見合わせるなどの
地域も続出していましたね。
今回も10号台風の時ほどではありませんが、行方不明者やけが人が出てしまっています。





この方のような思いをしていた人も、少なからず居られた筈
(ワラスもその内の1人です・・)ですが、相手が台風ともなると、どうしても、
そうは問屋がおろしてくれないようです・・・。


実際、私の住む町でも地域によっては、浸水被害が出てしまった所がありました。(><)


今回の16号の、そもそもの誤算は、予想時には鹿児島上陸時には
960hPaの筈だったのですが、実際には945hPaだった事と、この時期にしては
台風のスピードが遅かった事などが挙げられると思います。
決して油断していた訳ではないでしょうけど、予想外、て事にも対応出来るのは、
やはり動物的勘(第6感)なんでしょうか?特にここ何年かは、平年では・・・、
という観念が気象面でも通用しなくなってきていると思います。
台風もあと1月は可能性がありますので、それこそ、動物的勘を大事にいこうと
思った、今日のセムさんでした。
それではまた。(^^)/

パンダって絶滅危惧種だった?! でも朗報 ^^ 絶滅危惧種から外れる

みなさんこんにちは。^^
パンダって絶滅危惧種って知ってました? (゜д゜;)
ワラスは恥ずかしながら知りませんですた。(−−;)
しかし、心配もつかの間、どうもその、絶滅危惧種からは除外された模様です。


1c17a5d765394a9e88b3501222aebeb3_s.jpg


どういう事かというと、近年、中国でパンダの数が増えてきたため、
国際自然保護連合(IUCN)はパンダを絶滅危惧種から外したそうなのです。
先日のワラスは、同様の話題で、ザトウクジラの事を書いていたのです。
http://norisem.com/article/441723061.html


今回はそれに続く同様の朗報として、ワラスの気に止まったのですた。^^


[中国政府は、自国のシンボルともよべるパンダを救うために努力をした結果、
近年では野生のパンダの数が17%も増えました。現在では、この10年間で1番多い数の
2,000頭まで増え、絶滅危惧種から脱出することができました。
現在は「危急種」という分類になりましたが、これからも竹林を増やしたり、
密猟を厳しく取り締まったりして対策していくとのことです。


絶滅危惧種から外されたからといって、もう心配ないというわけでは
まったくありません。
パンダの生息する竹林地帯は増えているものの、未だ数十頭のパンダしか、
十分に餌を手に入れられない竹林もあるようです。2015年の調査の結果、
中国のパンダが生息している地区は合計33カ所で、そのうち18カ所では
10頭以下しか生息していないことが分かりました。
この状態に対して中国は、野生動物保護区を作ることで解決しようとしています。]

ギズモード・ジャパン 9月19日(月)19時10分 より一部引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00010001-giz-prod


中国も本気を出せば、このくらいの事をやってしまえるのですね。
どうも、公害やら汚染やら、大雑把に国際問題やらで、ワラスの中でも
イメージが良くなかった中国ですが、見直しますた。^^


先日の、ザトウクジラの記事でも語らせてもらいますたが、特定の生物種の保護は、
地球環境や生態系全体のバランスとかへの配慮と言う課題はあるかと思うものの、
努力次第で失いかけたものも、取り戻せるのだと云う事を証明出来た、
嬉しい事例の1つだと思った事でした。


実際、中国も気候変動等で、今後はパンだの餌になる竹林が3割は減少してしまうとの
予測もされているようで、やはり、地球全体の課題として捉えていく必要がありそうですね。


ところで、パンダは漢字で「猫熊」と書かれるほど、クマの仲間でありながら、
あの体毛の模様プラス丸顔の愛らしい顔立ちが特徴的ですが、その理由は
野生のパンダの主食は竹で、竹は全体の食物の99%以上を占めるといわれている
事にあります。
(食べ物の不足する冬季に、人里に下りてきて、人間の食べ残した残飯や
死んだ小動物・家畜を襲ったりしてニュースになる事もあるそうですが・・・。)
その竹や笹を食べる為に進化(変化?)した奥歯は人間の7倍ほどもあるそうです。
(凄っ!!)
しかもパンだの頬骨の周囲には、硬い竹を噛み砕く為に大きく発達した筋肉が
あるので、そのお陰で、クマとは違って、可愛らしい丸顔になってるということです。
納得!^^


因みに、日本で動物園で飼育されているパンダは、中国からのレンタルだそうで、
上野動物園のパンだの雄と雌のレンタル料は1年で8000万円ほどだとか・・・。
(レンタル?しかもそんな高けーのか・・・。)


と、云うわけで、今日は平たく言って、パンダとパンダ好きの人には、特に朗報となる、
パンダ絶滅危惧種からの解放、という話題でした。
それではまた。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。