ブナセムさんの、気になる事たち

震度5弱(M5,7) 鹿児島県奄美地方南部 震源は沖縄本島近海 被害情報は無し (´д`;)

皆さんこんにちは。^^;
今日午後、鹿児島県の奄美地方南部で、強めの地震があったようです・・・。
最大震度5弱ですから、現地の方はかなりびびられたのではないでしょうか?
詳細を見てみましょう・・・。


20160926142522495-261420.png

[平成28年09月26日14時25分 気象庁発表 より引用]


南西諸島中部が中心で、揺れたようです。
しかしこれでは震源の位置が分かりにくいですね。
少し拡大してみましょう・・。


20160926142522495-261420 (2).png

[平成28年09月26日14時25分 気象庁発表 より引用]


ここまで拡大したら、何とか分かりました。
震源は気象庁の公表では、沖縄本島近海となっていましたが、
細かくは、鹿児島県奄美地方南部の沖永良部(おきのえらぶ)島付近の沿岸ですね。
この、沖永良部島で震度5弱、と震度4。1つ南の与論島でも震度4の揺れを
観測しています。
因みに、地震が観測されたのが、26日14時20分頃、震源の深さは40km、
地震の規模を示すマグニチュードは5,7(推定)です。
この地震による津波の心配はありません。と、ありましたが、
確かに、やや強めの地震ですが、この規模のマグニチュードで
震源の深さ40kmもあるのなら、津波は起きませんね。
役場や警察からも、被害の報告は入ってないそうです。
揺れによる、けが人や建物の破損等も無かったようです。^^


ここからは、気象マニアのセムさんの、個人的・体感的感想ですが、
津波の発生を警戒すべきマグニチュードは、「7,0以上」かと、そして同時に
震源の深さも「20km以内」である事ですね。
特に、マグニチュードが大きい(7代後半〜8位)場合でも、震源が100kmみたいな
深発地震だと、意外と震度も小さかったり、津波も起きなかったりしてます。
ただ、その場合、震源から妙に離れた所(え?何でこんな所が?みたいな感じですね)
が結構揺れたりするので、揺れには油断できないといったとかところでしょうか。
勿論、そんなマグニチュードで震源の深さが20km以下なら、当然、津波にも注意です。
(TT)


セムさんの住処は、南海・東南海の想定地域です、沖縄近海とかでも規模が大きく
震源も浅い地震であれば、津波に対する対策が必要になって来ます。
そんなこともあって、今日の地震は「おや?」と、一瞬、気になったのでした。
その他の地域だって、南関東から西の太平洋側の地方は、場合によっては・・・、
なんて事もありえますもんね。気にしてる方、けっこう居るかも?
と、思ったりしてます。


まぁ、今回はその後に余震等も無いようですので、単発の地震で終わってくれるのでは?
と、思っています。(家の犬もネコも落ち着いていますしね・・・。
だいたい、異変のときは前触れとして、飼ってる者も含め、動物が騒ぎ出します。
今回も今のところ、それが見られないので、ニュース等では、
今後1週間は余震に注意との事ですが、恐らく大丈夫でしょう。^^)
体感・直感を意識するのはいつもの事としています。^^
それでは今日はこのへんで。(^^)/

ドカ雪倍増?! 地球温暖化影響で内陸部 スキー場には朗報!?

皆さんこんにちは。^^
今日は、半分はセムさんの備忘録的記事としてアップします。^^/


今日のテーマは、冬になると話題になる「ドカ雪」です。
地球温暖化、が、騒がれだして久しいですが、これが進むと、日本の内陸部では
雪が減るどころか、逆にドカ雪が増えると言うのです。
どういう事かと思って調べてみますた。

こんなに降ったら大変ですね・・・。^^;
a0007_002796.jpg


 研究所では、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告書に基づき、このまま温室効果ガス排出量が増え続け、今世紀末には世界の平均気温が現在より約3度上昇するとの前提でシミュレーションを実施。海面水温などの条件を変えて90通り計算して、日本列島や周辺の降雪量を20キロ四方ごとに調べた。

 その結果、北海道や福島県、新潟県、富山県、群馬県、長野県、岐阜県などの内陸部や山沿いでは短時間に大雪が降る頻度が増え、1日当たりの降雪量も1割程度増えることが分かった。地域によっては、10年に1回程度だった大雪の頻度が、4〜5年に1回程度に増える可能性があるという。
毎日新聞 9月23日(金)21時10分配信より一部引用


なんでも、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)の発表では、10年に1回の頻度で
発生していた「ドカ雪」が、温暖化の影響で大気中の水蒸気が増え、
更にもともと気温が下がりやすい内陸部では温暖化しても気温が下がりやすい傾向が
続く為、必然的に、発達した雪雲から降らせる雪の量が増える事で「ドカ雪」の
条件が揃いやすくなる為、4〜5年に1回程度に増加するシミュレーション結果でした。
因みに、従来の豪雪地帯(富山・新潟等)の沿岸部では気温が上がる事で、
雪ではなく雨が多くなるそうです。
逆に、関東の平野部ではますます雪が降らなくなるそうです。
じゃ、西日本も同様に沿岸部では雨が冬季も多くなるのかな?
(そして内陸・山間部はドカ雪・・・?(・・;))


なるほど・・・、今回、備忘録的とワラスが言ったのは、「地球温暖化」
自体をワラスは疑っているからで、仮にドカ雪傾向が当たったとしても、
その原因は温暖化なのか、地球の磁場等の変化が原因なのかハッキリするのは、
もちょっと先の近未来の事だろうと思ったからなのれす。^^
(先日の記事 http://norisem.com/article/442137361.html
の終盤に関連内容リンク先含め、書かせていただいてます。
読んで頂けると嬉しいです。^^;)


まぁ、それはそれとして、そんな頻度でドカ雪が増えてしまったら、
実際はどうなるでしょう?


う〜ん・・・、内陸部で増加と言うことですので、スキー場は雪不足に
悩むことが減りそうですね、どころか大喜び?
しかし、気温が上がっての大雪は湿気も高そうですね、
そうなると雪質はスキー場としては下がってしまう?
(それは困る、でも内陸部は低温傾向は続くのなら、そんな心配は無用かも ^^;)
しかし、住んでる人たちは大変です。近年の台風や大雨の傾向と同様、
急激だったり極端だったりする可能性大だとワラスは予感します。(〜_〜;)> 
もしかすると生命に関わるような大雪もありえるかも?
(そんな予感は外れて欲しい!)
生活面でも、外出・脱出困難な大雪(道路や鉄道の寸断、ライフライン等の
インフラが一時的にでもストップ等)は困りものです。
どちらにしても、従来の常識が通用しない気候状態が今後も
続いてしまいそうなので、ワラス達の臨機応変力が試されそうです。


ワラスの住んでる地域は雪などめったに見れないくらい温暖な地域では
ありますが、四国山地の西部地域とかはもしかして?なんて思ったりもします。
(高知県にはスキー場があるんですよ!1つですが)
そして今後、旅先等でそんな目に遭わないとは限りません。
左脳的情報だけでなく、身体が感じている感覚や直感を、ここでも
大事にしていこうと思ったセムさんでありました。
とにかく、今後の推移を見守って行きましょう。

それでは今日はこのへんで。(^^)/

朗報? 2020年4月より 車のライト オートライト義務化へ

皆さんこんにちは。^^


国土交通省は2020年4月以降に販売される新型車から、暗くなるとヘッドライトが
自動で点灯する「オートライト」を義務化すると発表したようです。
その背景には、夕暮れの、周囲の様子が暗く見え出す時間帯に多発している、
高齢者の歩行者の事故を減らすのが目的のようです。
10月に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針との事です。


オートライトは自動車に搭載されたセンサーが明るさを感知し、設定された明るさで、
自動的に点灯・消灯をする仕組みです。
国内では、2014年時点で3割ほどの車にオートライトが搭載されているとの事ですが、
現在までのところ、ドライバーが点灯・消灯を手動でも選択出来る型式になっています。
しかし、新基準では夜間走行中は強制的に自動点灯となり、手動での選択は
出来なくなるそうです。(当たり前か・・・^^;)
勿論、昼間や停車中は手動で点灯・消灯出来るそうです。
(良かった! 夜間のアイドリング時とか、点灯しっぱなしって不味いですもんね。)


国土交通省によると、1000ルクス(日没1時間前くらいの明るさ)未満になると、
2秒以内に点灯するように義務づける方針だそうですが、消灯の基準は7000ルクスを
超えたら5分以内にと言う事です。
1000〜7000ルクスの間で点灯するかどうかは各社に委ねるようです。


因みに、20年3月以前に発売の車種には、この基準は適用されないそうです。


さてさて、この発表に関して、周りはどんな意見なのでしょう?

















う〜ん・・・、歓迎の傾向が強そうですね。
(自転車無灯火への苦情も炸裂している感もありありですね。^^;)


が、中にはこんな意見も





なるほどね・・・。しかし、現時点でも自動車・自動ライト点灯のパーツ品は
6000円弱で販売しているようで、そう考えると、値上げされても大したことないかも?
なんて思っちゃいますが、いざ、実際に基準施行となった時、どうなりますやら・・・。
^^;(↓こことかで販売してました。アドレス長くてごめんなさい。)
https://www.monotaro.com/s/q-%8E%A9%93%AE%8E%D4%20%8E%A9%93%AE%83%89%83C%83g%93_%93%94/?gclid=CjwKEAjwgo6_BRC32q6_5s2R-R8SJAB7hTG-rCToZBaa-FkioifBjGU2bKXWNxGSs8FFfy2Kxq4iehoCrpvw_wcB&utm_medium=cpc&utm_source=Adwords&utm_campaign=B&utm_term=12063300&utm_content=sq&cm_mmc=Adwords-_-cpc-_-B-_-12063300&ef_id=VxtQ3wAAAEy5orys:20160922153221:s


まぁ、ワラスのように、日中トンネルなんかで点灯し、車を降りるときに消灯するのを
忘れている事に気付かず、バッテリーを何度もあげてしまってる天ボケさんにとっては、
間違いなく朗報です!
夕方も、車に点灯お任せ出来るなんて楽チンですよね。^^
しかも、夜間でも停車中は手動で消灯も出来るならなおの事!
(夜はさすがに消し忘れたことはありません。(笑))
ま、後は車の価格ですね・・・。
メーカーの皆さん、どうか庶民の手の届く範囲でお願いします!m(_ _)m


それではまた。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。