ブナセムさんの、気になる事たち

地球外文明発見?! ロシアが深宇宙からの「強い信号」検知 (^_^)

皆さんこんにちは。^^ 

何でも、ロシアが深宇宙か、らの「強い信号」検知し、地球外文明発見の期待が
高まったとと言う話を目にしました。

セムさん、実はスピ系、そしてUFO・異星人ネタがかなり好きなのです。^^

それゆえ、今日の話題はセムさんにとっては、ちょっと左脳的情報ですが、
そちら側からですら、この手の情報が開示されだしたというのに興味が湧いたのです。

まぁ、気楽に先ずはどんな話か見てみましょう。^^


【AFP=時事より】地球外生命体が存在する証拠を求めて宇宙観測を続ける
ロシアの電波望遠鏡が、「強い信号」を検知したことが明らかになり、
科学者らの関心を集めている。


信号探知のニュースは、深宇宙探査研究に関する情報を発信するウェブサイト
「ケンタウリ・ドリームス(Centauri Dreams)」の運営者ポール・ギルスター
(Paul Gilster)氏が27日、イタリア人天文学者のクラウディオ・マッコーネ
(Claudio Maccone)氏によるプレゼンテーションの内容として伝えた。

同氏は、「これが地球外文明の仕業だと主張している人はいないが、さらに調査する
意義があることは間違いない」と話している。

この信号は地球から約95光年離れた恒星「HD164595」の方向から届いたとされる。
この星は少なくとも1つの惑星を持つことが知られており、
惑星の数はもっと多い可能性もある。

ロシアのゼレンチュクスカヤ(Zelenchukskaya)にある電波望遠鏡「RATAN-600」
によるこの観測結果は今になって公になったものの、実際に検知されたのは
昨年のことだったという。

専門家らはこの信号について、その意味や、発信元の正確な位置を解明するには
まだ相当の時間がかかるとみている。

それでもギルスター氏は、「あまりに刺激的な信号だったため、RATAN-600の研究者らは
この目標の常時監視を呼び掛けている」と書いている。

 この発見は、来月27日にメキシコ・グアダラハラ(Guadalajara)で開催される
第67回国際宇宙会議(IAC)で議題として採り上げられる予定だ。

 ギルスター氏によると、信号を検出した研究チームは、ロシアの天文学者
ニコライ・カルダシェフ(Nikolai Kardashev)氏が提唱した宇宙文明の進歩度を
示す尺度を用い、この信号が等方性ビーコンからのものだった場合、
地球文明よりもはるかに進歩した「タイプ2」の文明でなければありえない強さだと
説明している。

 一方、もし太陽系だけに向けて送られた狭い信号であれば、地球文明の能力に
より近い「タイプ1」の文明でも出せる強さだという。
【翻訳編集】 AFPBB News


【特集】エイリアン?それとも…? 宇宙の「謎」写真集
http://www.afpbb.com/articles/-/3043032?tmpl_skin=gallery&utm_source=yahoo&utm_medium=news



うむむ、これ読んでて先ずは、ロシアのゼレンチュクスカヤ、て何処にあるの?
と、気になったので調べて見ました。
(おいおいそっちかよ!^^; )


電波望遠鏡「RATAN-600」は、こんな所に設置されているんですね・・・。
改めて、ロシアって広いですね。
地図上に書かれているジョージアて国は、以前はグルジアて表示だったと思いますが、
しばらく見ないうちに色々変わりますね。
しかし、そこで信号が発見されたのは、去年の事だとか。
何故発表が1年経ってから?
しかもそれだけ時間が掛かっているのに、「これが地球外文明の仕業だと
主張している人はいないが、さらに調査する意義があることは間違いない」て、
何でそんなに時間が掛かるの?(?_?)

今時、違うなら違うですぐに解るんじゃね?て、感じるんですが・・・。
やっぱ何か隠してる感が・・。^_^ 
て、セムさんは妄想が始まります。(^o^;)

それから、等方性ビーコンて何じゃらホイ? (?_?)>

しかし、検索してもすぐには出てきませんで、訳がわかりません。
で、等方的と異方的でWikipediaで検索すると、唯一、ワラスが理解出来た部分に
『ある対象の性質や分布が回転により変化しないとき等方的であり、
回転により変化するとき異方的である。』とありますた。

ビーコンに至っては、全然サッパリですた。m(_ _)m

で、AFPの記事の内容の前後関係から、どうも、強い信号が飛んできた
方向の事かなぁ?と。
そしてこれが、等方的(全方向的?)だったなら「タイプ2(地球より進化している)」
であり、太陽系のみに絞られて発信されているなら、「タイプ1」の地球レベルであろうと
言われているようです。


ツイ的コメントや、まとめサイト等では、「「タイプ2」の文明だったら、もしそれが、
ガミラスみたいな恐い文明だったらいやだなぁ」とか「情報の発信元がロシアってのが
インチキくさい」とか色々言われてますた。^^;

しかしねぇ、ロシアがインチキくさいって?じゃぁアメリカやイギリスなら
信用するの?(ワラス達、庶民をバビロってる(笑)大元の筈でしょ・・。)
それこそだまされてね? (^^;)

それと、つくづく思うのが、もし地球より進んだ文明の場合なら、先ず地球侵略は、
意思も含めてありえないだろうと・・・。
何でって?だってそこまで進んだ文明なら、地球なんて侵略しようと思えば、
とっくの昔に出来てないとおかしいと思いません?
今、されてないって時点で、別の意図があるとしかワラスには思えないのです。
例えば、友好とか啓発とかね・・・。楽観的過ぎ? ^^

だいたい、他の異性人の文明が、通信手段に電波や信号を使ってるとは限らないのでは?
なんて、セムさんの妄想は膨らむばかり・・・。 ヽ(@∀@)ノ

そういう発想にワラスが至るようになった、きっかけの一つに以下の映画があります。^^

スライヴ (THRIVE 日本語版)


この映画、2012年からYouTubeで配信になってた筈です。
2時間強と、ちょっと長い映画ですが、特に前半はクロップ(ミステリー)サークルや
UFO、そしてフリーエネルギーの事が色々ドキュメンタリー形式で語られていて、
面白かったです。
まだ見た事がない方には特にお勧めですよ。^^

ワラスのブログの関連記事も合わせて、お読みいただけると嬉しいです。^^


http://norisem.com/article/440892469.html 
(地球外文明とかね ^^)

http://norisem.com/article/441460740.html 
(安全・無限なフリーエネルギーに意識を向けようって意味で^^)

と、言うわけで、今日も脱線しまくりの話を最後まで読んで下さり、有難うございました。
それではまた、セムさんでした。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。