ブナセムさんの、気になる事たち

ありゃりゃ・・。台風7号、関東上陸のおそれ 朝の通勤時間帯に最接近?

皆さんこんにちは。昨日アップしてた、台風7号ですが、昨日の台風情報より、
セムさんの予測より更に弱い勢力の状態で、しかし関東に上陸の可能性も
あるとかないとか、しかも関東では通勤時間帯に最接近とか・・・。
気になるところですが、とにかく詳細を見てみましょう。^^;

台風7号は、伊豆諸島の東の海上を進んでおり、17日明け方にかけて関東に接近し、
上陸する恐れもあります。朝の通勤時間帯に最も近づく可能性があり、関東や東北、
北海道では雷を伴った非常に激しい雨が降る予想です。気象庁は低地の浸水や土砂災害、
河川の増水に警戒を呼びかけています。

台風7号は16日午後6時現在、千葉県銚子市の南約220キロを時速30キロで
北北西に進んでいます。中心気圧は990ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は
20メートル、最大瞬間風速は30メートル。17日朝には水戸市の東約50キロに達し、
その後は速度を速めて北に進み、18日朝にはオホーツク海で温帯低気圧に変わる見通し。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00010003-wmap-soci.view-000
(16日午後3時現在の雲の様子と台風進路図)


★大雨に警戒
関東や北日本は台風からの暖かく湿った空気が入り、すでに雨の降っている所があるが、
今後は台風の接近に伴い大雨に警戒が必要となります。
関東は16日夜〜17日朝、東北は17日未明〜夕方、北海道は17日夕方〜18日午前にかけて、
雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。
局地的には、1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。
大気の状態が非常に不安定となるため、竜巻などの激しい突風のおそれもあるため、
屋外の活動などに注意が必要です。

17日夕方までの24時間に予想される雨量(多い所)は、関東や東北で250ミリ、
北海道で200ミリとなっています。北海道ではその後18日夕方までの24時間に、
さらに多い所で100〜200ミリの雨が降る見込みで、低い土地の浸水や土砂災害、
河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

17日午前6時の波の予想
★暴風・高波に警戒
関東や北日本は17日にかけて、海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。
17日にかけて予想される最大瞬間風速は35メートル。予想される波の高さは8メートル。
暴風、高波による船舶や沿岸施設への被害、海岸や河口付近では高潮による浸水や冠水の
おそれがあります。台風の中心に近い地域では、風の急激な強まりや風向きの急変にも
注意が必要です。
(weather map(一部、朝日新聞デジタル)より引用)


と言う事です。今回の台風7号の勢力は、台風としてはハッキリ言って弱いです。
しかし台風って右側(東側)から湿った風を伴ってきて、その風が当たってくる、
陸地の東側で大雨になりやすいのは間違いないので、やはり注意は必要でしょうね。
特に最近、雨が続いている北海道地方の方は警戒して下さい。(−o−)/


風に関しては、「陸上」では台風の左側(西側)に入ることもあり、多分、
大した事はないと思います。
が、予報円のもっとも西側を進んだ場合は、関東上陸の可能性もあるので、
やはり油断は禁物ですね。

高波にも警戒、とあり、腐っても鯛、いや、弱くても台風
(例え方、間違ってます?(^^;)>)です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00010003-wmap-soci.view-002

この図を見ても分かる通り、最大8メートルとか、結構怖そうですね・・・。(・・;)

間違っても、波を見にとかで、防波堤とか、岸壁には近寄っちゃダメ!絶対!ですからね。

まぁ、恵みの雨だけ降って、あとは大した事無いのが理想ですが・・・。
こればかりは、天の采配ですので気をつけるしかありませんね。

ところで、セムさんの住む高知県は明日も晴れて暑くなりそうです。(×o×)

こっちは逆に、にわか雨でもいいから降ってくれ〜!てな所です。

畑の野菜達が少し、しなり出してます。そろそろ畑に水撒きをしなければ・・・。
それではまた。セムさんでした。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。