ブナセムさんの、気になる事たち

台風7号、関東接近へ=17日にかけ大雨高波警戒―気象庁

毎日暑いですね。^^;

台風の話の前に、今日は東北(福島沖)を震源とするM5,5の地震があって、
最大震度は4だったそうで、
関東・東北の方は少しヒヤッとされたのではないでしょうか? (・・;)>

マグニチュードが5,5なので津波になる心配は無かった訳ですが、
やっぱ揺れると一瞬ドキッとしますよね。 −−;

こちらの地震の方が大きかったので目立ちませんですたが、今日は西日本でも
伊予灘が震源の地震があり(13:40)、昼休みでご飯を食べ終わって、
15分程昼寝をしようと企んでいたワラスも揺れを感じて少しドキッとした事ですた。

だって震源が中央構造線のチョイ北で、伊方原発が再稼動してしまって間もなく
でしたから余計にね。 −−;


あー今日は、しょっぱなから脱線ですね。m(_ _)m

これから紹介する台風の話も含めここ数日、気象災害にちょっと注意!て感じ。
と云う意味を込めて・・。 ( ̄〜 ̄;)/



気象庁―台風情報より引用
1607-00 (1).png
台風7号は15日夜、小笠原諸島の北東海上を北北西へ進みます。

16日夜に伊豆諸島の東海上を経て、17日未明から朝に関東に接近し、
上陸する恐れもあります。気象庁は、関東甲信と東北地方では大雨や暴風、
高波に警戒するよう呼び掛けています。

7号は関東接近後も北上し、東北や北海道が影響を受ける見込みです。
6号は15日朝に北海道東部沿岸近くで温帯低気圧に変わりました。

7号は15日午後6時、小笠原諸島・父島の北東約280キロの海上を時速20キロで
北北西へ進んでいます。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、
最大瞬間風速は35メートル。中心の東側390キロ以内と西側220キロ以内が
風速15メートル以上の強風域。

16日にかけての最大瞬間風速は小笠原・伊豆諸島で30メートル、
波の高さは関東甲信で6メートル、東海と東北地方の太平洋側で5メートルと予想されます。


この予報、台風情報も含めて、セムさんの予測(あくまで予測ですよ(汗))では、
まぁリンク先の台風情報も見ていただければ分かる方も多いと思いますが、
7号は最も強い勢力時に、980ヘクトパスカル。暴風域も陸地に掛かる事は無く
、台風の中心も関東・東北の東岸をかすめて通る予報。となると台風の左側(西側)になる為、
風の被害は大した事はないのでは?雨は解りませんよ。^^;


東回りの湿った風が入る明日(16日)の夕方から17日朝にかけては関東で、
17日宵の口位までは東北地方でまとまった雨が降る可能性があると思います。

上手く行けば、関東地方は利根川水源域で、「恵みの雨」となるかもですが、
まぁ油断は禁物という事で・・・。^^;
しかし今年は台風、東日本で多いですね・・。しかも、西日本を通ってからの
では無く、直接、北上とか珍しいな、と。(・・)>

逆に、四国地方、そろそろひと雨欲しくなって来ました。^^ 

ここ、セムさんの住む地域は一降りくらいで今の所OKですが、四国の水瓶、
早明浦(さめうら)ダムの貯水率がぁぁぁっ!現在50%チョイです(T_T;)

梅雨時、結構降ってた筈なんですがね・・・。−−;

とにかく降り過ぎも降らなさ過ぎも困った事になると云う事で・・・。


東日本の皆さんは台風にお気をつけ下さい。
セムさんは、四国に雨乞いを始めたいと思います!
それではまた。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。