ブナセムさんの、気になる事たち

今後2週間、かなり高温=熱中症注意―気象庁より (@_@;)

皆さんこんばんは。夏の暑さ真っ盛りといった感じですが、これから暫くの間、
更に暑い日々が続くようですよ。(@▽@;)>

気象庁は4日、向こう1か月間の天候の予想を発表した。暖かな空気に覆われやすく、
気温は全国的に高くなる見通し。特に、8月中は厳しい暑さが続きそうだ。http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/imgs/1/temp/temp-00.png
(平均気温の1か月予報(4日午後発表)。出典=気象庁ホームページ)
 
この1週間は北日本と東日本を中心に大気の状態が不安定で、北・東日本太平洋側を中心に
雷雨となり、大雨となった所があった。気温は全国的に平年を上回ったが、向こう1か月も
高くなる可能性が高い。

厳しい暑さ続く お盆休みは猛暑に 気象庁1か月予報
高温に関する異常天候早期警戒情報(4日午後発表)
http://www.jma.go.jp/jp/soukei/imgs/000.png
出典=気象庁ホームページ

異常高温に関する情報
特に、9日(火)頃からの1週間ほどは、北海道を除く各地で特に気温の高い状態が続く
見通しで、気象庁は「異常天候早期警戒情報」を発表して、農作物の管理、
そして熱中症に注意するよう呼びかけている。

向こう1か月の降水量は、湿った気流の影響を受ける沖縄・奄美で平年より多くなりそうだ。
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/imgs/1/rain/rain-00.png
その他の各地の降水量は平年並みか、平年より多くなる見通し。

あとは、夏の日差し(日照時間)ですが、平年並みか平年より多い確立の所が殆どな様です。
(北海道日本海側のみ、やや少ない予想です。)
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/imgs/1/sun/sun-00.png
日照不足の心配は、ほぼ無いようですね。^^

な〜るほど・・・、と、云うことは一応、エルニーニョ現象が終わり、ラニーニャ現象に
移行するという、予想が当たってきてる訳ですか。
しかし降水量も平年並みか若しくは、やや多い位だそうで、最近の関東甲信地方の天気も
雨が多い事を考えると、やはり渇水の心配までは無さそうだと、以前の記事で書いたワラスの
予想も当たりそうですね。^^

個人的に言わせてもらうと、夏が暑いのは構わないんです、雨さえ土がカラカラにならない
程度に降ってくれれば、夏野菜も芋も稲もよく育ちますもんね。^^

あとは熱中症対策ですが、もう今更ですよね。
体力をつけ、睡眠を取り、室温を下げ、水分をしっかり摂り、風通しを良くし、日陰、
屋内に入る・・・。
ことさら騒ぐほどの事では無いんじゃないの?(^_^;)
と、思うのはワラスだけ?


むしろワラスの記憶にある、やばかった記憶は1994年ですよ。^^;

あの当時、大阪に住んでた私、確か大阪のみならず、全国的に空梅雨で、
そのまま夏の猛暑に突入し、琵琶湖なんて渇水警戒水位
(当時、観測史上最低だった記憶が・・・)を思い切り超えて干上がってしまい、
給水制限が続いて、しかもあの当時で、確か、最高気温が連日のように38℃前後まで
上がってました。(@O@;)

それでも、今ほど熱中症熱中症!とは騒いで無かった筈・・・。
ワラスはまだ20代中盤で(若っ!)、外装工事のバイトしてて、相当暑かったし
、しんどかったけど倒れる人の話は聴いた記憶がありません。

どうしちゃったんでしょうね?気のせいか、2011年以降から、急に(熱中症で倒れる人とか)
増えてきた気がするんですが、皆さんはどう思われます? (?д?)ノ 

脱線好きのブナセムさん、そのついでと言っちゃぁ何ですが、畑でも納得のいきかねることが
あって、何かと言うと、カボチャやスイカ、一昔前までは雄花と雌花を人工授粉なんてしなくても、
必ず何個かは実っていたのですが、最近では人工授粉しないと実らなくなってきてます。(T_T;)

そう云えば、ミツバチや蝶、それに花アブとかをメッキリ見かけなくなったなぁ・・・、と。
(全然いない、て訳じゃぁないんですがね、街場とは比べ物にならない位、生き物は
沢山いるし見かけます。野性のカブトムシやクワガタも時々見るし・・・。)

ここまで書いてみて、猛暑云々より、そんな(生き物が減ってしまった)環境になったのが
そもそもヤバイんじゃ・・・?
と思ってしまった、今日のセムさんですた。
それではまた。(^^;)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。