ブナセムさんの、気になる事たち

熱帯夜を心地よく切り抜ける快眠法 エアコンの設定温度 ^_^

皆さんこんばんは。^^

関東以北と静岡辺りの方々までは、台風9号の上陸に備えての準備で
気を揉まれている方も多いかと思います。
(−o−;)

昨日までの記事に書かせて頂きましたが、台風の右側に入るので、
くれぐれも雨の被害には(風もですが)特にお気をつけ下さい。(・・;)



ところで話を変えますが、台風は勿論、太平洋高気圧も持ってくるのが、「熱帯夜」。
ちなみにこの、熱帯夜(ねったいや)の定義とは、日本の気象庁の用語で、
「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が摂氏25度以上のことを差すそうです。

特に街場にお住まいの方は、そんな夜は「蒸し暑くて寝苦しい!(@_@;)」と、
ついついエアコンの設定温度を下げまくっていたりしませんか? ^^;

こうなると電気代が心配になって来るのは勿論、今度は室温を下げすぎて身体を
冷やしてしまい、却って体調を崩してしまう原因にもなりがちなのでは?
(省エネ的にもマイナスですよね^^;)


そこで今日は、蒸し暑い熱帯夜を快適に乗り切る方法を少し探ってみましょう。^^


先ず、寝室のエアコンの設定温度は、日中の28℃設定より少し低い26℃設定が良いようです。
この温度が、ナイトウェアを着たときの快適に眠れる上限だそうです。
一晩中エアコンを使うのが気になる方は、寝ついたあと3時間でエアコンが切れるように
タイマーをセットすると良いでしょう。
睡眠の初めの3時間には、脳の休息に特に必要な深いノンレム睡眠が多く現れるからです。

設定温度をそこまで下げたくないと言う方は、いっそ裸で寝る、と、云う手もあるようです。
最初は違和感もあるかもですが、慣れてくれば29℃の設定温度で快眠できるそうです。
ただし、この場合は特に、お腹を冷やさないよう、タオルケットをお腹に掛けるのをお忘れなく!
(^^)/


そして気温だけでなく、重要なファクターに、「湿度」がありますね。
夏は湿度が70%以上になりますが、快眠できる湿度は50〜60%だそうです。
エアコンで冷房をつけると湿度も下がります。
また、エアコンの除湿モードを使えば、湿度だけなく温度も少し下がって、
電気の使用量も節約できます。
ただし、再熱除湿の場合は、冷房よりも電気代が高くなることがあるそうですので、
気温がそもそも高い時は、いっそ冷房のみ使った方が良いかも知れませんね。


また、エアコン以外の対策としては、夜の眠気は、体温が下がるときに強くなるそうで、
眠る2時間ほど前に入浴や運動で体温を上げておくと、そのあと急速に体温が下がって
寝つきが良くなり熟睡できるとの事です。


入浴は38〜40℃のぬるめのお湯に、20分ほど入るのが良いようです。
シャワーでは体温を上げることはできませんが、汗や汚れが取れて爽快になり寝つきが
良くなります。

実際、ワラスも家族も、日中暑すぎて、風呂に入るのもしんどいときは、
ぬるま湯ならずの、ぬるま水シャワーで済ませる日も少なくありません。
もっとも、我が家は扇風機のみでエアコンは無いので、真夏の間は、
この方が快適に眠れる日が結構多いですが・・・。^^;


実際、扇風機の消費電力はエアコンの20分の1ほどですから、かなりの節電効果も
期待できます。
但し、扇風機を使うときは首ふり機能を使って風が体の広い範囲に当たるようにし、
体の一部が冷えすぎないように注意しましょうね。エアコンと扇風機を併用するなら、
扇風機はエアコンの対角線上に起き天井に向けて使うと、部屋の空気の対流効果で、
効率よく寝室の温度が下がります。


くどいようですが、エアコンの無いワラスの家は、家族皆が、
各寝室に1台ずつ扇風機を持っています。
これで深夜の手前まで、日中の照り返しで暑い2階の部屋でも、何とか眠れています。
因みに、ワラスと犬だけが、比較的涼しい1階で寝させてもらっています。^^;


水まき用のホースの水が2階まで届き、なお且つ、近所迷惑の可能性の無い家は、
夕方に屋根に打ち水として水をかけても、照り返しの熱がかなり和らぎます。
ワラス、以前住んでいた家では、時々この手を使ってました。^^

防犯上の問題がなければ、ベランダや庭で眠ることも選択肢の一つです。
蚊帳などでしっかり虫対策をすれば、都会でも手軽にアウトドア気分が楽しめる事でしょう。


ただしこの方法、田舎(が大好きなのですが)に住むワラス達の場合は、近所の目以上に、
夜間にタヌキ・ハクビシン・イタチ・ノラ猫くらいならまだしも、イノシシが出る
可能性も否定できず(イヌを飼うようになってからは見なくなりましたが)、
蚊もかなり出るので、外では寝れませんね〜! (^o^;)>

それに、海や山の森から吹いてくる風は、気温以上に涼しく感じます。
気象台の予報が、最低気温26℃代なら、扇風機だけで充分快適に眠れます。
と、また話が脱線してしまいました。m(_ _)m



色々書きましたがやはり、気温と湿度を快適に下げ、体温を寝る前に適度に下げ、
寝る前には脳の刺激を控える事が快眠と疲労回復には重要だと云う事だと思いました。


番外編ですが、眠るときに起床時刻を強く意識て眠ると、その時間に気持ちよく
目覚めるようになるそうですよ。^^
「体内時計」の応用ですね。練習すれば身に付けられるようになるそうですよ。
試す価値ありそうですね。


とはいえ、こんな寝苦しいほどの暑い日々も、続いてもあとひと月ほどでしょう。
皆さん、秋の快眠を目指して、もうしばらくの夏を乗り切りましょう!
それではまた。セムさんでした。(^^)/

熱帯低気圧軍団、8/20時点で全員台風に昇格!(・・;) 台風が3個とも日本に接近 大雨に厳重警戒!

今日の話題も、台風情報になります。^^; とうとう熱帯低気圧軍団が、
全員、台風に昇格してしまいますた。  ̄∀ ̄;

19日に台風9号と10号が、20日に台風11号が発生。
いずれも日本に影響を与える台風となる見通しで、上陸する台風も出てきそうです。
とにかく、詳細を確認してみましょう・・・。(・・;)


★7月下旬から10個の台風

今年は台風1号の発生が7月3日と遅く、2号の発生も7月下旬になってようやくで、
台風の少ない状態が続いていました。ところが、その後は次々と台風が生まれ、
1か月もたたないうちに10個の台風が発生しています。

台風は熱帯の熱を、北へ運ぶ役割があります。台風の発生が少なかったということは、
普段より熱帯に熱が余っていた可能性があるとも言えます。
その熱が次々と積乱雲を生み、台風発生ラッシュの一因となっていると考えられます。

★台風情報


●11号は東北・北海道へ接近

台風11号の進路予想図。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1611.html

台風は、号数通りにやってくるとは限りません。
最も遅く台風となった11号が、まず明日(21日)にかけて、東北の太平洋側や北海道へ
進みます。台風として勢力を維持し続けた場合は、上陸するコースとなりそうです。


先日の台風7号の大雨に加え、北海道は前線による雨が降っていて、
そこに台風11号の大雨が加わります。
非常に危険な状況になる地域が出てくることが予想されます。

●9号は関東へ接近

台風9号の進路予想図。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1609.html

台風9号は北上を続けて、月曜日(22日)に関東付近に接近、上陸するおそれがあります。

明日(21日)の夜から断続的に雨となり、火曜日にかけて関東甲信・東海では、
大雨となる所がある見通しです。
さらに、台風はその後、東北や北海道に進み、北日本にさらなる大雨を降らせることになります。

台風11号・9号とも、極端に強くはなりませんが、それは風の話です。小さめに見える台風が、
災害級の大雨を降らせることは珍しくありません。
当然、落雷や瞬間的な突風のおそれもあり、海では高波が押し寄せます。

●10号は迷走する可能性も

台風10号の進路予想図。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1610.html

台風10号は、珍しい進路で、しばらく南西方向へ進みます。

「夏の台風は迷走しやすい」と言われます。
秋は、日本付近の上空にある強い西風に流され、ある程度コースが読みやすいのに対して、
上空の風が弱い夏は、台風が風に乗れず迷走することがあります。

台風11号・9号は、日本の東海上にある強い高気圧のふちを回る南からの流れに乗って
北上しますが、台風10号はこの流れに乗れず、日本の南をさまよう状態となります。
海水温の高い海域に進むことで、今より発達することも考えられます。

その後の進路は、非常に読みづらいですが、沖縄や九州方面に進む可能性がある一方、
本州に戻ってくるという予測も、シナリオの一つとして入ってきそうです。
台風10号進路予想図(5日間拡大)
http://www.jma.go.jp/jp/typh/16105l.html

★「災害級」は近辺かもしれない

一連の台風により、災害級の大雨となる所が出てきそうです。
残念ながら、今の時点では、それが「どこ」とまでは、しぼり込めません。
が、それはつまり、これを読んでいるあなたの近辺かもしれないということです。

最新の情報を仕入れつつ、危険を避ける行動をとっていただきたいと思います。


と、言う事です。皆さん、何かえらい事になってきましたよ・・・。
これだけの数の台風が発生したら、今までのワラスの記憶だと、
全部が影響を及ぼすなんて事は無かったように思いますが、
今回はそうは行かないようです。(TT)
夏休み後半のアウトドアレジャーは、何処も、見合わせた方が良さそうですね。

本当に、7月になって、漸く1号が発生したと思ったら、その後は次々に発生て感じですね。
先日の7号で、北海道では水害が起きてしまったばかりです。
落ち着きかけたところに、いきなり11号が、そして東海地方以東の地域には9号が
影響を及ぼしそうで、この2つの台風は上陸の可能性が高いようです。

今回は東北・北海道地方の方は大雨は勿論、強風にも前回の7号以上に注意です。
9号に関しては東日本を縦断する進路になってますので、特に台風の右側(東側)に
あたる地域では、充分な準備と、場合によっては避難の心づもりが必要になりそうです。
反時計回りの東よりの湿った空気がどんどん入ってくる気圧配置になる為、
台風の勢力が弱まっても、大雨とその影響による災害には厳重に警戒して下さい。
どうも、東日本・北日本を中心に、恵みの雨、では済まない雰囲気になって来ました。
(;_;)


さて、西日本に住む、ワラス達にとっては10号の進路が気になるところです。−o−;

四国沖まで西南西に進んだ後は南寄り、ないし西寄りに迷走しそうです。
しかも、この台風は数日後に沖縄近海で発達して、暴風域を伴う予想です。

もう1度、台風10号の進路予想図。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1610.html

そして台風10号進路予想図(5日間拡大)
http://www.jma.go.jp/jp/typh/16105l.html

こうなると、沖縄地方も災害に注意です。TT
西日本(太平洋側)でも、台風周辺を吹いてくる湿った空気の影響で、
大雨の可能性が出てきました・・・。

今後の進路いかんでは更に、西日本全体に被害の可能性も否定出来ませんね。
暴風域を伴ってくるので、10号は、風の被害もこの先、要警戒です。

とはいえ、いつもながら、極端に恐れると、かえっていざと言う時の判断力や対応力、
直感が鈍ってしまうので、やはり基本に立ち返り、「人事を尽くして深刻にならず」と、
行きましょう。
「雨雲レーダー」等のアプリとかも活用しましょうね。

それではまた、セムさんでした。(^^)/

台風9号がマリアナ諸島付近で発生 22日関東接近か=10号も発生可能性 (−∀−;)

皆さんこんにちは。昨日の記事 http://norisem.com/article/441154014.html で、
言ってた「熱帯低気圧軍団」からの2つが、台風に昇格&昇格確定のようでっす・・・。
昇格しないで熱帯低気圧のままでいて欲しかったのですが・・・。 (−▽−;)


台風5日間進路予報


19日午後3時、マリアナ諸島で台風9号が発生しました。台風の中心気圧は
994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル、
中心の南側220キロ以内と北側170キロ以内が風速15メートル以上の強風域で、
1時間に約15キロの速さで北に進んでいます。

名前は北朝鮮が用意した「ミンドゥル」で、「たんぽぽ」という意味だそうです。
(※台風の名前は、台風委員会(日本ほか14か国等が加盟)の加盟国などが提案した名前が、
あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられるそうです。)

台風9号は今後北上し、21日には小笠原諸島付近、22日には伊豆諸島付近へ進む見込みで、
その後本州にも接近するおそれがあります。今後の台風情報に注意が必要です。
一方、伊豆諸島の東海上にある熱帯低気圧が近く台風に変わる可能性もあり、
気象庁は注意を呼び掛けています。



う〜む・・・、まぁ夏ですもんね。太平洋上は海水温も高いですもんね。
そうなりゃ、当然水蒸気の供給量もたっぷりある訳で、そりゃぁ台風に発達するな!
て方が無理がありますよね・・・。
何となく分かってはいたんですが、セムさん、ついつい希望的期待が・・・。
ヽ(>д⊂)

な〜んて大げさに深刻になってもいけませんね。^^;
でもこの分だと、進路予想図通りなら本当に22日に関東接近、深夜には上陸の
可能性もあるじゃぁないですか!

今のところ、あまり強く発達する予想にはなっていませんが、油断せず、
腹をくくって準備するしかないようですね。(>д<)
この際、台風の名前なんてどうでもいいですよ!な〜にがタンポポだい!! 
ヽ(`д´)ノ


ところで、貼り付けた進路予想図には載ってませんが、関東の南東海上にある
熱帯低気圧が、ほぼ間違いなく台風10号に発達するようです。

この台風10号の進路予想はここから西南西に進み、21日には四国の沖合いに進んで
来そうです。
こちらも、今の所あまり強く発達する予想にはなっていませんが、油断大敵ですね。
ま、人事を尽くして天命を待つ、と行きますか。(−o−)> 

何にせよ、どちらの台風も恵みの雨、だけで終わりますように。( ̄O ̄)/

それではまた。セムさんでした。
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。