ブナセムさんの、気になる事たち

夏のなんだかだるい...を解消する3つのヒント (^o^)

暑い暑いと言ったからって、全然涼しくなる訳でもないのに、ついつい言ってしまう。
と言うか、言わずにいるとますますストレスになっちまう〜!
なんて、夏はそんな季節ですね。^^;

誤解のないようにお伝えしますが、私は、夏、という季節は大好きです!

日は長いし、太陽は明るいし、植物は良く育つし、何より寒さに震える日が全くない!
\(^O^)/

しか〜し、暑さに耐えてると、それれだけで疲れてしまって、何時の間にやら「なんかだるい」
なんて日々を、気が付いたら過ごしてしまい勝ち・・・。
じめじめした雨の日から、一転して急にやってくる猛暑日。ゆらぎやすい季節は、どんなに体に気を遣っていても、疲れとストレスで、なんとなくの不調を感じてしまいませんか?^^;

そんな方(ワタスもですが(−O−)>)に朗報です。^^

あなた(ワタスも)のそのだるさは、ちょっとした以下に挙げる3つのコツで
すっきり解消できるかもしれません。
\(^O^)/


@寝相で不調を軽減

・寝相を変えるだけ。肌トラブルや気になる不調が軽くなるかもしれない

しわやにきび、肩こりや背中の痛みなど、身体のささいな不調を感じるなら見直すべきは
なんと「寝相」。

右向き、左向き、仰向けによって、それぞれにメリットとデメリットがあるようです。

・左向きで、背中の痛みが軽減。しかし、悪夢を見る確率は高まるとか?
・右向きが、ボケ防止に。しかし右向きに寝ると不機嫌になる確立が少しアップするそうです。
 (^_^;)
・仰向けで、顔のしわやにきびの予防に。しかし上気道が狭まったり、いびきをかきやすくなったり
 するようです。

A朝の目覚めで体調をコントロール(朝の目覚めがいいと、1日の生産性も上がります。)

・学者が教える、朝すっきり目覚める方法3つ

@:朝、昼光色(青系)のライトをつける(メラトニンを抑制して目覚めをよくするためには、
 オレンジ系の光よりも蛍光灯の明るい光のほうが効果的)

A:起きて1時間後にコーヒーを飲む(朝のコーヒーが目覚めをよくし、やる気を起こす、
  というのはよく言われてきましたが、記憶力まで高まるといいます。コーヒーを飲む
  ベストタイミングは起きてから1時間後とのこと。)

B:激しいワークアウトはNG。軽い運動を(激しい運動をしても、寝起きの頭をスッキリ
  させることにはつながらず、逆に怪我をしやすくなります。
  朝は、散歩などの軽い運動で血行をよくして、身体にスイッチを入れるのが良いそう)

朝日を浴びる、コーヒーを飲む、軽いストレッチをするなど、すっきりと起きるコツをつかむと、不調を引きずらなくて済むようです。

B呼吸法で体も心も快適に

・呼吸を変えるだけで、ストレスと疲れが消える
 胸とおへそにそれぞれ手を置いて深呼吸した場合、おへその部分が大きく膨らみ、
 胸の部分がほとんど動いていない状態。これが「横隔膜呼吸法」で、ヨガや瞑想のように、
 丁寧に長く息を吸い込んでゆっくり吐いていくことで、ストレスや不安を軽減してくれる
 効果があるそうです。

1日50回ほど行えば、まるでヨガや瞑想を行ったときのようにストレス解消や疲労回復、
ポジティブ思考と目に見えて変化が出てくると言われるこの横隔膜式呼吸法。
自宅やオフィスの椅子などで簡単にできるので、忙しくてなかなかヨガや
ワークアウトスタジオに行けないという人はぜひ一度お試しあれ。^^

あれもこれもと日々頑張っていると、万年ストレスと疲れが抜けない状態になってしまいます。
体の不調は心にも悪影響。リフレッシュする時間も取れないのであれば、一番簡単な
「呼吸を見直してみる」のはいかがでしょう。^^

フムフム、こうしてみると、以上に挙げてみた方法は、誰でも簡単に試せそうなものばかりですね。
^^

寝相に関しては、特に個人差・賛否両論ありそうですが、意識してチャレンジしてみる価値は
充分にあると私は見ました。
しかしまぁ、寝ている間に寝相なんて、寝返りでコロコロ変わるもんでしょうけどね・・・。^^;

あとは、私的には、コーヒーはやっているので、ストレッチと呼吸法(腹式呼吸)は
チャレンジしてみようと思いました。
皆さんも、夏を快適に乗り切る為にも、是非どうぞ。^^/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。