ブナセムさんの、気になる事たち

虫よけ剤に「危険な成分」? 1946年に米国で開発された「ディート」 子供に使っても大丈夫なの?

皆さんこんにちは。^^
毎日暑いですね。^^;)>
そして、こんな暑い季節はやはり、虫刺されの季節。虫刺され、かゆくて痛くて嫌ですね。
(>д<)

アウトドアや公園にお子様を連れて行かれる時は特に、蚊やブヨ(地方によってはブトとか
ブユとか呼び方があるようです)等の毒虫に規を使われる方も多いでしょう。

さて、今日はそのために使っている虫除け剤の成分に、危険な物質が含まれている?
という話題です。


夏の外遊びで蚊やブユに刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を
含むスプレータイプの虫よけ剤(防虫剤)を禁止しているところもある。ディートの毒性を
心配しての対応のようだ。虫刺され対策は虫よけ剤だけではないが、頻繁に蚊に刺される
ような場所に出掛ける場合は、柔軟な対応が求められる。

虫よけ剤は、虫を寄り付かなくする薬で、その主成分がディートだ。ディートは、
1946年に米国で開発された化学物質。蚊やブヨ、ダニなど吸血性の昆虫に高い効果があり、
世界中で子供も含めて広く使われている。日本でも昭和37年から多くの虫よけ剤の主成分
として使われ、これまでに重篤な健康被害などの事例はない。

ただ、海外の動物実験でディートの神経毒性が疑われ、国民生活センターは平成17年6月、
厚生労働省や殺虫剤メーカーに対し、子供への安全性の検討や使用上限量などの表示を要望した。
これを受けて厚労省は同年8月、虫よけ剤の添付文書を改訂し、6カ月未満の乳児には
使用しない▽6カ月以上2歳未満は1日1回▽2歳以上12歳未満は1日1〜3回−など
子供への使用制限を盛り込むよう通知を出した。

その後の動物実験で、神経毒性について「影響は認められない」との結果が20年に出たが、
子供への使用制限は変わらないまま。関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)は
「今も子供への使用制限があることで、『子供に使うと危険』と考える保育園が
あるのではないか」と推測する。

今春から子供への使用制限がない新成分「イカリジン」を含む虫よけ剤が発売されたが、
市販品の多くは今もディートが主成分。

海外では子供への使用制限がない国もある。ディートの有効性について検討した海外の
論文では、マラリアや、このところ警戒心が高まっているデング熱、さらに海外で流行
しているジカ熱(ジカウイルス感染症)など蚊が媒介する感染症のリスクが高い場合は
使用を推奨している。

日本では現在、これらの感染症を媒介する蚊は確認されておらず、
東京大大学院農学生命科学研究科の山田章雄教授(獣医公衆衛生学)は
「国内ではSFTS(重症熱性血小板減少症候群)や日本紅斑熱、ツツガムシ病など
ダニ媒介性感染症の流行地を除けば、感染症対策として積極的に虫よけ剤を使用する
必要は現時点ではない」と指摘する。

ただ、虫刺されのリスクは感染症だけではなく、蚊に刺されたところが異常に腫れる
「蚊刺(ぶんし)過敏症」や、かゆくてかきむしってできた傷に細菌が入って「とびひ」
になることもある。とびひは、抗菌薬で1週間ほどで治るが、抗菌薬に抵抗性を持つ
細菌では治療が長期化する他、まれに腎炎などの病気を引き起こす事も。

虫よけ対策は、虫よけ剤を使うだけでなく、長袖・長ズボンの着用も勧められる。
また、水がたまる廃タイヤやプランターの皿を子供が遊ぶ場所に放置しないなど、
蚊が発生しにくい環境を作ることも大切。

感染症の専門家で、小児科医でもある川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は
「化学物質に無毒のものはないが、ディートの毒性は極めて低い。屋外の蚊が
いそうなところで子供が遊ぶときには、使用法を守って使えばいいのでは」と話している。

スプレータイプの虫よけ剤で心配なのは、子供がいたずらをして大量に吸い込んだり、
目に入ってしまったりすることだ。実際、過去に子供同士で虫よけスプレーをかけあった
事例が報告されている。厚生労働省によると、家庭用品による吸入事故で最も多いのは
殺虫・防虫剤で、平成26年度は258件と吸入事故全体の24%を占めている。

なるほど、防虫剤に限らず、スプレー製品は子供の手の届かないところに
保管することが大切ですね。^^;


と、まぁ色々言われていますが、虫除け剤は肌に直接スプレーで塗布するために、
警戒されているようですが、どのみち、家庭内で使用されている殺虫スプレーとか
蚊取り線香なんかも、日常的にある程度は吸収されてるんじゃないの?とか思います。

現代社会では、言い出すとキリがないくらいあちこちに有毒成分に晒される危険性が
あるわけで、田舎だって農薬とかね・・・。(−O−)>う〜ん、こうして考えてみると、
話が脱線してきますが、人間て、いつの間にか虫達より毒に対しての耐性が
身についてたりして・・・。(~_~;)>
それにね、都会に住んでると、虫に対して敏感になるのは分かります(私がそうですた)が、
田舎に住んでると、段々、虫が平気になって来るもんで、人間の慣れって凄いですよ。
脱線ついでに言わせてもらうと、こちら高知県西南部では、夏の夕方や秋には
羽も含めると1cmはあろうかと云う大きなやぶ蚊が出ます。^^;これに刺されると、
痒いどころか、チクッと「痛い」です。(T∀T)
でも、この蚊も、蚊取り線香で倒せるんです。蚊取り線香強し!! (`∀´)ノ

それに、ディート不使用!日本製天然アロマの虫除けスプレー
http://onigiriface.com/natural-buzz-spray-japan.html)や
【天然虫除けスプレー作り方】(http://d.hatena.ne.jp/akazaeri/20140608/1402180065
なんて方法もあります。^^

あとは私たち各々が、自己責任で自分の好みに合わせて、気持ちや感覚にフィットする
やり方を実践していくのが1番だろうなぁ・・・。
と、まとめる今日のセムさんでした。それではまた!(^^)/

マリアナ諸島でM7・6 日本でも最大震度2を観測(7/30)

今朝早くに地震があったようですね・・・。(・・;)
私は今日の夜勤入りに備えて、朝遅くまで寝溜めをしていたので、先程知ったのですが、
東日本は少し揺れたようですね。マグニチュードも大きかったので驚きました。

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間7月30日06:18頃、北マリアナ諸島付近を震源とするM7.7の地震が発生しました。津波警報センターは、津波に関する情報を発表しましたが、津波による大きな被害のおそれはありません。
気象庁によると、この地震により、北海道から東海地方の広い範囲で震度1〜2の揺れを観測しました。この地震による津波の心配はありません。との事です。

■発生事象(USGS)
震源地:北マリアナ諸島付近(北緯18.5度 東経145.5度)
近隣都市からの方角・距離:
北マリアナ諸島・サイパンの北 366.3km
北マリアナ諸島・サンノゼ村の北 392.7km
グアム・ジーゴの北 555.2km
グアム・デデドの北 557.9km
グアム・Tamuning-Tumon-Harmon Villageの北 562.1km

発生日時(日本時間):7月30日06:18頃
震源の深さ:212.4km
地震の規模:M7.7
津波:津波警報センターは、津波に関する情報を発表しましたが、津波による
大きな被害のおそれはありません。

■震度2以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度2】
宮城県:丸森町鳥屋*
福島県:猪苗代町千代田*
千葉県:館山市北条*、鋸南町下佐久間*
東京都:小笠原村母島
神奈川県:川崎川崎区千鳥町*、二宮町中里*
静岡県:伊豆の国市四日町*

今のところ、マリアナ方面からも大きな被害の情報やニュースは入ってきていないようです。
^^;
このまま大した事ない事を祈ります。


ところで今回の地震、マグニチュードが大きかった割りに津波被害等、聞かれてないのは
(このまま、無い事を前提ですが)やはり震源の深さが212.4kmと深発だった事が大きいでしょう。

あの東北の震災以降、ワタスも少し敏感になって、気象庁のホームページ(http://www.jma.go.jp/jma/index.html)の地震情報を時々見たりしてるんですが、
気付いた特徴として、震源の深さが100kmを越すような深発地震であればあるほど、
マグニチュードの割に被害が無い、もしくは少ない事と、震源から大分離れた所で
(言いようによっては、「何でこんな所が揺れるの?」的な)揺れる傾向があるように思います。
^^;


今回の地震はマリアナ北部震源
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8A%E8%AB%B8%E5%B3%B6#mode%3Ddetail%
26index%3D7%26st%3D0)この地図の赤枠の上の方ですね・・・。

で、日本での震度1の地域の西端域を見てみると 新潟県 南魚沼市、刈羽村 、
長野県 諏訪市、御代田町 、静岡県 沼津市、富士市、静岡清水町
と、まぁフォッサマグナの西の端、からの東側が揺れていますね。

それと、気象庁によると、というサイトもありましたが、12:30現在では気象庁の
地震情報には遠隔地震の情報は入っていませんでした。(?_?) 
何で?隠してるとしか思えない、としたらこれまた何で?
という妄想がセムさんの中で膨れたりしてます。^^;

ま、何にせよ被害が無ければ別に良いのですがね。¬(−o−;)Г

と、云う訳で、防災意識は引き続き維持していきましょう。それではまた。(^^)/

神戸うなぎの養殖に成功! 価格抑えめ 庶民の味に \(^O^)/

皆さん、明日30日は土用丑の日ですね。^^
と、聞けばやはり連想するのはウナギではないでしょうか?^^

ワタスもうな重・うな丼、そして蒲焼、どれも大好きです。
盛夏の時期の夏ばて予防の定番料理といっても過言ではないでしょう。^^
しかも価格抑えめ、庶民の味!の養殖に成功という話を聞けば、ウナギ好きの私、
放っておけません。(^д^)
今日はその「ウナギ」の話題です。^^


神戸市内で唯一のウナギの養殖会社「神戸養(よう)鰻(まん)」(同市西区櫨谷町福谷)
が、生育の難しいビカーラ種の自社養殖に成功し、「神戸うなぎ」として売り出している。
六甲山系の地下水を水槽に循環させる方法で、価格が高騰するニホンウナギよりも安い。
楠原真社長(54)は「肉厚で脂の乗りもよく、臭みもない。ぜひ味わって」と
胸を張ってコメントされてます。^^
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000007-kobenext-l28.view-000
(神戸ウナギの蒲焼)


水産庁などによると、ウナギのかば焼き(国産)の価格は稚魚のシラスウナギの不漁などで
1990年代の約2倍に高騰。専門店の閉店が相次ぐなど影響が広がっています。

ビカーラ種は主に東南アジアに生息。ニホンウナギの代替として注目されてきましたが、
デリケートで養殖が難しく、成魚まで育つ割合が低い難点がありました。

楠原社長らはウナギの養殖に適した水を求めて試行錯誤を重ね、適度なミネラル分を含んだ
六甲山系の地下水(軟水)に着目。餌や養殖に化学薬品を使わず、水中の酸素量を高める
設備を整え、安定供給にこぎ着けました。

同社のプラントセンターには、27基の養殖用水槽が並ぶ。東南アジアから
8〜10センチ大の稚魚を輸入。15センチ以上に育つと、別の水槽へ移す。
30センチ以上の成魚になると、さらに大きな水槽に移し、出荷を待ちます。
出荷まで1年余りかかりますが、水槽を3段階移し替えることで年3回の出荷が
可能となり、価格もニホンウナギの6〜7割に抑えられるそうです。

同社は、かば焼きの加工やレストランなど6次産業化も目指す。楠原社長は
「再び庶民の味として食卓に並ぶようにしたい。神戸の新名物にもなれば」と
コメントしています。

1尾1800円から。電話注文できますが、発送まで数日かかるそうです。
神戸養鰻TEL078・920・8729


うーむ、1尾1800円ですか・・・。^^;  1例として、
国産うなぎ蒲焼155〜173g1尾 九州産鰻(送料別)備長炭焼仕上げ蒲焼価格2100円(税込)
ですから、確かにそれに比べれば安い事には間違いないですが、
それでも今のワタスには手が出ないですね・・・。\(;▽;)/ 

まだ今年も地元のスーパーのアフリカ産とかの安売りを狙うしかないですね・・・。
(でも今日び、アフリカ産の方が意外と安全だったりして・・・。(^^;)>) 

因みに、ウナギの人工孵化からの養殖技術(完全養殖)は、一応、日本では技術的には
成功はしているようですが、(幼生は約9割が育つまでになったそう。)しかし、
2013年の現状ではシラスウナギ1匹にかかるコストは飼料代、設備投資、人件費、光熱費など
1000円以下では無理だといわれているそうです。(~_~;)
頑張れ!神戸養鰻!
ワタスは1尾600円の日が来るのを待っているぞぉ〜!!! ヽ(^O^)ノ

と、叫ぶ今日のセムさんでありました。それではまた。(^^;)/~
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。