ブナセムさんの、気になる事たち

国土交通省、18日から「ミラーレス車」製造解禁

 国土交通省が17日、自動車のバックミラーやサイドミラーの代わりに、

カメラモニタリングシステムを備えた「ミラーレス車」の製造を18日から解禁すると発表しました。

道路運送車両の保安基準等を改正し、国内基準として採用するとの事。乗用車やトラック、

バスなどに適用されますが、バイクは除外するそうです。

国の認証を得た新型車から公道で走れるようになります。

新基準は、カメラのカバーする範囲やモニターの画質について、

現在のバックミラーなどと同等の性能を確保することを義務付けた昨年11月に

国連で採択された国際基準に沿った対応になります。

ミラーレス車になれば、従来車よりも広い視野範囲を獲得出来、雨でミラーが見えづらくなり

視界不良に陥ることを防ぐ効果もあるようです。メーカーの対応次第ですが、

車外カメラを小型化できるため、これまでになかったような新しいデザインの車両が登場する

可能性もありますね。

更に、業界関係者によれば、サイドミラーがなくなることで「大幅に騒音が減るほか

走行がスムーズになり、二酸化炭素(CO2)の排出量削減や燃費の向上が期待できる」という事です。

ただ、具体的にどれくらい排出量が削減出来、燃費がどれだけ向上するかはしめされていませんでした。
^^;


しかし、何といますか普通に凄い事になってきましたね。^o^

私が小さい頃に読んだことがあるようなSF漫画の世界のように本当になって来たなぁ・・・、

と昭和頭の自分はつくづく思うのでした。そのうち、ガラケーからスマホや@-phonに変わり、

そっちが当たり前になってきたように、車もミラーレスが当たり前になっていくのでしょうね。

肝心の人間の方はあまり進化してないようですが・・・。^^;

いやいや、意識が宇宙に向き始めた今度こそ!進化したいものですね。^^;

と、思う今日のセムさんでした。それでは皆さん、今日も最後まで読んで下さり、有難うございました。

お休みなさい・・・。(−v−)
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。