ブナセムさんの、気になる事たち

全国地震予測地図2016年版発表 (〜_〜;)

政府の地震調査委員会が10日、今後予想される地震の揺れの強さや確率をまとめた2016年度版の

「全国地震動予測地図」を公表。

その内容は海溝型地震と、陸地・沿岸の浅い所で起きる活断層型地震を想定。


南海トラフ地震の発生が近づいているとされていて、今後30年以内に震度6弱以上のゆれが起きる

確率は東海から四国の太平洋側にかけて、引き続き上昇。

海溝型と活断層型地震を総合すると、都道府県庁所在地の市役所の地点では、

千葉が全国最高の85%で、水戸と横浜が81%と、関東で高い所が多かったとの事です。

東京都庁は47%、南海トラフ沿いでは高知73%、徳島71%、静岡68%、津62%などが高い確率となっていました。
(*_*) 

ただ、今回の予測地図は今年の1月1日を基準に作成している為、4月の熊本地震は反映されておらず、

事務局の文部科学省は、熊本地震の震源となった布田川・日奈久断層帯を3年かけて調査し、

早ければ次回の地図に成果を盛り込む方針との事です。


それを聞くと昨年末(2015年)の12月17日に内閣府に発表された、静岡沖から九州東方沖にかけての

南海トラフで巨大地震が起きた時の超高層ビルの上層部が揺れ幅の大きい「長周期地震動」

(大阪・東京・名古屋の3大都市圏の地盤が軟らかい沿岸部でゆれが大きく、長く続くと見られる)

の予測も思い出されます。M9クラスの最大クラスの地震で長周期地震動の揺れが地表で続く時間は、

大阪市・神戸市の沿岸地域の一部が400秒以上と最も長く、近畿では大阪、兵庫、奈良、滋賀、

中部では愛知と三重、首都圏では千葉の各府県で300秒以上と推定されているようです。


しかしまぁ、こうしてみると日本の大都市圏て、つくづく地震の危険の高い地域が多いなぁ、

と、ゲッソリしてしまいますね。(+o+;)

私はこう見えても恐怖を煽るのは好きではありませんし、この手の予測は未だ的中したことは

無いですよね(て言うか的中しないで欲しい・・・)。

それに、日本全国、地震の震源域や火山だらけ。

やはり極端に恐れるのではなく、起きないこと、おきても小難で済む事を祈りつつ、

もし遭ったら避難場所は何処か?とか家族同士での連絡方法を確認・シュミレーション等の

人事を尽くして後は天命を待つ、位の心づもりで、日々、極力気楽に生きる方が良いのでは?

と、思っています。(甘い?)

何しろ、私の住む地域も南海トラフの震源域なので、尚の事そう思った事でした。(^^;)
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。