ブナセムさんの、気になる事たち

「フットパス」26日(日)朝、NHK総合で放送^o^;> 梅雨明け後・夏休みの旅行計画にも良さそう!

沖縄地方、奄美地方は梅雨が明けていますが、その他の地域は梅雨空が続いていますね。^^;

でも、そろそろ梅雨明け後の、そして夏休みの旅行とかの計画を練ってらっしゃる方々も多いのでは?
^^ まだ決まってない方には特に耳寄り情報だと思ったのですが、
今朝、NHK総合で【歩いて最高!発見の旅“フットパス”】をやっていました。^^

いま全国的に広がりをみせるフットパス。地域にさまざまな変化をもたらしているようです。

実際、日本でもフットパス整備は、まず、各地、自らの暮らす地域において、
個性豊かに育まれてきた文化・歴史・産業・景観等の資源を、地域の魅力として再認識・
調査することからはじめ、その後、それらの魅力にもっとも触れることのできる小径を探し出し、
ルートマップや道標の作成を行います。
 
 そうすることで日本のフットパスは、観光振興の側面のみならず、整備のプロセスそのものが、
地域が自分自身を見つめなおし、自らのよさに誇りを持つとともに、抱える課題に向き合っていく、
まちづくりのきっかけとなっています。
そして、各地がそのことに気付き、フットパス活動のすそ野は全国に広がってきています。

 実際、多くのフットパスは行政ではなく市民団体により整備・管理されており、
地域の魅力の保存・育成および発信のため、環境保全活動、イベント、ツアー企画などが
活発に行われています。

そのような背景を持つフットパス、楽しみ方としては、まず当HP等で確認し、訪れたい地域を決めます。
最初は、ご自宅に近い地域がいいかもしれませんね。^^
 次に、歩くときに迷わないよう、フットパスのコースマップを入手します。
HPや窓口での案内のほか、書店でマップ等の販売もしているそうです。
 あとは、天気のよい日(ここ重要ですね!^^>)にマップを持っておでかけし、
ゆっくりと気に入ったフットパスを歩き、その地域の魅力を思いっきり楽しみましょう。^_^

 なお、地域によっては、フットパス・ウォークのツアーやイベントを行っているので、
そちらに参加してみるのも良いかも知れませんね。
ガイドスタッフの説明や郷土料理のふるまいなど、より深く地域の魅力に触れることが
できると思いますよ。^^

あと、忘れちゃいけない注意点ですが、フットパスは、その地域の「昔からあるありのままの風景」
を楽しむ道です。
 その風景は、自然にできあがったものではなく、地域の方々の長年にわたる自然への働きかけや、
風土に根ざした伝統的な生活スタイル、土地への愛着などの結果として生み出され、
維持・管理されてきたものですので、地元の方々への感謝の気持ちを持って行動し、
道を外れての田畑・樹林・屋敷などへの立ち入りや、ゴミの放置、動植物・山菜・農作物の採取などの
行為は、絶対に行わない事ですね。

あと、天気が良くても川の上流で大雨が降った直後とか、風の強い日の外海の波打ち際なんかも
突然の高波なんて事にならないとも云えないので、どっちも近寄ってはダメですね。( ̄_ ̄)ゝ

それさえ守ることが出来れば、きっと楽しい思い出の残る「夏空の下の思い出」が、
皆さんそれぞれに刻まれる事と思います。^o^/

大旅行に限らず、近所の日帰り旅行としても、気持ちの良いものになると思いますが、如何ですか?
^^

因みに、私が住んでる高知県も、ちょっと町場を出ると、たちまちフットパスのスポットに
なりそうな所が目白押しです。田舎・僻地の、逆に利点ですかね〜?^^> 

家も近所が直ぐに水平線の見渡せる海だったり、海辺の山道(殆どジャングルですよ(汗))だったり、
ほぼ天然林の山道散策だったり・・・。
う〜ん、気になる皆さん、高知県(西南部)にも、この夏、是非フットパスしに来て見て下さいな。
^O^

まぁ、何処を選ばれるにしても、「日本フットパス協会」というところがありますので、
そこのHPにアクセスして情報収集から、ていうのも良いかと思います。^^


ところで、ついでと言っちゃあなんですが、「フットパス」について、意味を調べてみたのですが、
どうやらイギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を
楽しみながら歩くこと「Foot」ができる小径(こみち)「Path」が語源のようです。
なるほど、何だか10年近く前に盛り上がりを見せてた、「エコツーリズム」にも繋がりが感じられる
ものですね〜!
それではまた! ^^/

魔夜峰央さんのギャグマンガ「パタリロ!」が今冬舞台化に!(゜O゜)ノ

 1978年に『花とゆめ』(白泉社)で連載が始まり、82年にはアニメ化もされた。

魔夜峰央氏のギャグ漫画『パタリロ!』が、今冬、舞台化されることが映像・舞台関連会社ネルケプランニングより発表され明らかになりました。

主人公の、マリネラ王国国王、パタリロ・ド・マリネール8世(通称:パタリロ)が、
腐れ縁の英国情報部・MI6の情報部員で“美少年キラー”こと「バンコラン」、
元・国際ダイヤモンド輸出機構の殺し屋「マライヒ」等、周囲を巻き込んで起こす騒動を描く。

掲載誌を同社の『別冊花とゆめ』『メロディ』に移し、現在はWebマガジン『花LaLa online』で連載中。
コミックスは既刊96巻。スピンオフ作品も多数ある。
テレビアニメのエンディングテーマにまでなったギャグ「クック・ロビン音頭」なども知られています。

舞台の脚本は映画「行け!男子高校演劇部」などを手がけた池田鉄洋さん。
演出はNHK大河ドラマ「真田丸」で明石全登役を演じ、Eテレ「みいつけた!」などにも出演する
俳優・演出家の小林顕作さんが担当しますが、そのほかの詳細は未だなぞのままです。

気になる公演期間は、2016年12月8日から25日。劇場は紀伊國屋ホール
(東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4階)です。^^


う〜む、私、「パタリロ!」は姉が単行本を購読してて、面白いから読んでみな、と、
(私が小5位だったかな?)貸してくれたのがきっかけで読み、あまりのギャグのクオリティーの高さに、
当時笑い転げ、暫くはまっていたマンガだったのです。
ただ、バンコランとマライヒのラブシーンには引いていました。^^;

当然、アニメ化された中学時代も、殆ど毎週のように見ていました。
絵もストーリーも、わりかし原作に忠実だったように記憶してますが、当たってる?^O^>

しかし、高校生以降は趣味、嗜好が変わっていった為、殆ど見なくなり、
ここ20年くらいは「パタリロ!」の存在を忘れてしまってました。
それだけに懐かしさがこみ上げて来て、思わず書いてしまいました。^^>

とは言え、舞台化とは思い切ったことをするなぁ・・・。と云うのが正直な感想です。
だって、クックロビン音頭は勿論、あの「ゴキブリ走法」とか舞台でどうやってやるの?(゜_゜)
とか、ストーリーはどの辺りの話を使うか?とかマリネラとロンドンどっちが主に?
とか、パタリロ役バンコラン、マライヒ、それにタマネギ部隊やプラズマ]のキャスティングとかも
気になりますね。

まぁ、講演が決まった以上、がっかりな評判にならない事を(遠いので)見に行けない
私としては願っています。
冬に見られた方、感想をお願いしま〜す!^^

ゆず新曲「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」日本生命の新CMソング 原曲に敬意を込めて加筆&レコーディング ^^

オンエアされてから6日が経過しましたが、皆さんは、もう、日本生命の新CMソング、
ゆずの新曲「見上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜」ご覧になりましたか?(^^)>

 ワタスは日本生命の特設サイトからアクセスして、「吉田沙保里選手」、「国枝慎吾選手」

それぞれのVerを視聴しました。どちらもジーンと来て、良かったです。

ゆずの2人のハーモニー、やっぱ最高っすね!^O^


もともと、「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」は坂本九の楽曲
「見上げてごらん夜の星を」に、ゆずがメロディと歌詞を加筆したもの

。彼らがライブで披露したこと(2006年。山梨の身曾岐神社で開催した<にほんのうた>

というコンサートで披露)はあるのですが、レコーディングしたのは今回が初です。

なおゆず、スタジオミュージシャン、スタッフ全員が楽曲に敬意を込めて
正装でレコーディングに挑んでいます。

ゆずのオフィシャルサイトでは加筆された新しい歌詞やレコーディング時のスチール写真、

音楽評論家・田家秀樹によるライナーノーツを読むことできますよ。^^

ゆずからのコメント(多分、北川君の方(笑)。勿論、岩沢君も思いは同じだと思います^^)

でも「オリジナルの素晴らしさを残しながら、「先人の偉大な方々の想いを受け継いで、

なにかチャレンジができないか」と考え、詩・メロディを加えさせていただいたことが始まりです。

レコーディングでは、誰もが知っている名曲を歌わせていただくことのできる感謝の気持ちを

胸に秘めながら、精一杯歌わせていただきました。

半世紀以上前に生まれたこの曲が、2016年という時代でも皆さんにとって特別な、
そして大切な曲になってくれることを願っています。」と、言っておられました。^_^


原曲から加筆されたのは、先ず冒頭部分に「遠い遠い空の下で 一人ぼっちに思えたら 
 
そんなときには いつも思い出して欲しい  誰の心の中にも 今も消えない唄がある

 悲しいときはそっと 口ずさむ唄があった」そして途中、真中付近の

「二人なら 苦しくなんかないさ→二人なら(いつだって) ぼくなら(君と) 苦しくなんかないさ」、

最後にラストの繰り返し部の手前で「だから泪をふいて くじけそうになっても 

 心の中にはいつも”ぼくらのうた”があるから」でした。^^ 

上手く言えないけど、「ゆず」らしい良さが、加筆の歌詞の中にも込められてるなぁ・・・、

そして原曲に敬意が感じられるなぁ、と思った事でした。^ー^


こうして聞いてみて思ったのですが、こうなるとやはり、2人の弾き語りバージョンも
また聞きたくなってしまいますた。^^
私は基本、レコーディングされた方も大好きなのですが、やはり「ゆず」らしい弾き語りも欠かせない。

そう思ってるファンも少なからず居られると思うのですが如何でしょうか?(^_^)

しかし、先ずはニッセイの特設サイトで直接視聴、が、手っ取り早いと思います。

ファンならずとも、きっと心に響く新たな名曲となるに違いありませんよ。(^^)/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。