ブナセムさんの、気になる事たち

小笠原諸島、世界遺産登録から5年 外来種の脅威で固有種ピンチに \(>_<)/

皆さんは、5年前に世界遺産に登録された「小笠原諸島」をご存知の方も多いかと思います。^^

小笠原諸島(おがさわらしょとう)は、東京の南南東約1,000kmの太平洋上にある30余の島々から
成り立っています。
小笠原諸島を構成する島々はこれまで一度も大陸や大きな島と陸続きになったことがない大洋島で、
亜熱帯の気候の中で独自の生態系が育まれてきた独自の進化を遂げた動植物の固有種が豊かなことが
評価されたところでもあるのです。

が、外来種の侵入などで固有種が減ってきており、ユネスコから現状報告を求められる時期も近く、
さらに悪化すれば「危機遺産」になる恐れもあり、環境省は外来種対策など新たな管理計画づくりを
始めるようです。


小笠原諸島の「固有種」、なかでも在来の陸産貝類(カタツムリ)は100種を超え、
その95%が固有種で、進化の歴史もわかることが遺産登録の大きな理由となりましたが、
その価値が今、人の行き来にともなって入り込んだ外来種の脅威にさらされると云う、
皮肉な事態に陥っています。(;_;) 

天敵はヒルのような外見の外来(肉食性)プラナリア
(ニューギニアヤリガタリクウズムシ:1990年代に父島に侵入。ニューギニアの原産種、
1970年代にグアム島などに侵入し、その後1990年には沖縄に侵入したことが確認され、
1990年代前半に父島で確認された後、島内で急速に分布を拡大させていったようです。
これは沖縄から移入された樹木にニューギニアヤリガタリクウズムシが付着していたために
父島へ侵入したとの説が唱えられています)やネズミ。

プラナリアは生息域を広げ、父島ではオガサワラオカモノアラガイが絶滅、
カタマイマイは一部地域を除き消え、兄島でもクマネズミに食べられカタマイマイが減っています。


その他、昆虫類に壊滅的な被害を及ぼしているグリーンアノール(別名、アメリカカメレオン 
イグアナっぽい風貌です)、戦後のアメリカ統治下であった1960年代、父島に中南米原産の
グリーンアノールが持ち込まれた。
どのようにして父島にグリーンアノールがやってきたのかははっきりしていませんが、
グアム島からの物資に紛れ込んできたとの説が唱えられています。

そして小笠原群島の森林に勢力を急速に広げているアカギ、(コミカンソウ科
(従来の分類ではトウダイグサ科に入れる)の常緑高木である。
樹木の材が赤みを帯びていることに由来、薪炭材として利用するために移植されたものであり、
固有種からなる在来の植生を駆逐することが懸念されています)等々。(−。−)


 ネズミ対策に関しては環境省は島々に殺鼠剤(さっそざい)を散布しましたが、
大半の島で数カ月から数年たつとまたみつかると云う状態。
「地形が複雑な島のあちこちに広がり根絶は難しい」とは環境省小笠原自然保護官事務所の
尼子直輝さんの談。
しかも殺鼠剤を、絶滅が危惧される固有種のアカガシラカラスバトやメグロが食べてしまう
恐れがあるそうで、スムーズには進んでいないようです。

 何かをたたけば別の影響が出る、外来種対策は本当に「もぐらたたき」ですね。
固有種の植物を食べてしまう野ヤギは約20年で7218頭捕り、父島以外では根絶しました。

ヤギ被害がなくなって固有植物が増えた島がある一方で、兄島では外来植物のギンネム
(ネムノキにそっくり、花が白い)やモクマオウ(葉っぱが、松やスギナに似ている常緑高木)
も増えてしまっているようです。



こうしてみると、外来種の侵入は単に観光客や入植者だけが原因ではなく、過去にアメリカの

統治下にあった時に持ち込まれたものが繁殖してしまったり、移入した植物に付いて来た者が

繁殖したり・・・。で、何だか取り返しのつかない事になって来ているように思いました。

そりゃぁ、今のご時勢、どんな辺境の地にだって人の行き来はある訳で、残念ではあっても

人の世の必然とも言えはしないかなぁ?と。

しかし、それのみ受け入れてしまえば小笠原の「世界遺産」としての価値が・・・。


う〜ん、どうしたもんでしょう?(〜_〜;)起こしてしまった事は仕方がないとして、今のところ
「もぐらたたき」を続けるしか無いのかも知れませんね。皆さんはどう思われますか?^^;

と、言う訳で、結論を言えないままですが、今日のセムさんはこの辺で。^^/

花火1万発!高知県土佐清水市 第55回市民祭あしずりまつり花火大会 2016年8月6日(土)   (^O^)    

皆さんこんにちは。今年も「花火大会」の季節が近づいて来ましたね。^^

子ども達の夏休みと重なる7月末頃から8月のお盆の頃まで、全国通津浦々でいろんな
花火大会のイベントが行われますが、今日は四国の最南端の街、
土佐清水の花火大会の話題です。

打ち上げ日:2016年8月6日(土)(市民祭あしずりまつりは8月5日・6日)
※雨天時:翌日に順延、翌日も開催ができない場合は、8月13日または14日に順延。
今年は何と10000発!。^O^ 

毎年1回、こんな辺ぴな町にも、大量の花火が盛大に打ち上げられる豪華なイベントです。^^
普段は静かな土佐清水の街が1年のうちで1番賑やかになる晩でもあり、
市民も楽しみにし始める今日この頃です。^^ 

その花火大会が行われるイベントの「市民祭あしずりまつり」も今年2016年で、
第55回となります。
「市民祭あしずりまつり」は、1961(昭和36)年に始まり、土佐清水市の繁栄、
産業の発展祈願と夏まつりを融合したイベントです。

日中午後には、チームでパフォーマンスをする「あしずり踊り」やステージイベントが
行われるほか、屋台村・物産店などが、夜にかけてにぎやかに軒を連ねます。

花火大会は清水港で行われ、今年はなんと、1万発の花火が打上がります!^^

小型煙火から尺玉、スターマインまでさまざまな表情を見せる花火の競演は、
毎年、会場をにぎやかに沸かせています。\(^O^)/

特にクライマックスの乱れ打ちは、夜空高くと海面を両方とも豪快・華やかに彩り、
迫力満点で、この祭りを締めくくるに相応しく、何度見ても爽快ですよ!^^ 

この日ばかりは、いったい人口15000人弱のこの街の何処にこんなに人が隠れてたんだ?!
て思いたくなるほど、沢山の人で賑わいます。
勿論、市外はもとより、この豪快な花火大会を見ようと、他県からのお客さんも、
メチャメチャ大勢来られるからですが・・・。(笑)
地元の人たちは、港や周囲の道路(歩道)の通路等を塞がない程度に、シートを広げ、
飲んだり食べたりしながら、毎年盛り上がっています。^^
私も、家族で毎年、見に行って楽しんでますが、今年は子ども達が大きくなってきたので
行きたがるかなぁ・・・? ^^;> て、とこですが、結局行くだろうなぁ、と思っています。
^^;


さて、気になる詳細情報です。
会場へのアクセスですが、

場所:高知県土佐清水市旭町 清水港 

電車・バス:土佐くろしお鉄道中村線中村駅から高知西南交通バス足摺岬行きで1時間、
     清水プラザパル前下車、徒歩5分 

お車の方:高知自動車道四万十町中央ICから国道56号を経由し、
     国道321号を足摺岬方面へ車で80km。<無料>駐車場あり(1100台)
     (各駐車場から、徒歩で5〜10分)。
(高知市から普通車で渋滞なければ、約2時間30分です。^^;)

花火の打ち上げ時刻:20:00〜21:00

トイレは6ヶ所だそうです。

詳しいお問合せは市民祭あしずりまつり実行委員会(0880-82-5547)
または「第55回市民祭あしずりまつりホームページ」にてお願いします。(^^)/ 
  →(http://ashizuri-fes.com/

ところで、お車の方、特に遠方より来られる方は、15時〜17時頃と21時〜22時頃までは
国道321号線は、年に1度の大渋滞が起き、迂回路等も無い為、普段なら隣の四万十市まで、
1時間弱のところが、2時間半は掛かります。(TOT)

いっそ、花火を楽しんだ後は、足摺岬温泉郷のホテルや民宿に宿泊されたほうが、
体力的にも楽かと思います。(温泉で汗を流して寝ると気持ちいいですよ)^^

土佐清水の市街地から足摺方面(ホテル・民宿)は、松尾トンネルの開通により、
通常片道15分程でアクセスできるようになりました。^^
当日の渋滞も四万十・宿毛方面より圧倒的に少なく、脱出しやすい事請け合いです。^^
半島西回りの県道です。昔ながらの、スカイライン山道越えより圧倒的に楽ですので、
お勧めですよ!(もし、そちら方面に宿泊される場合は、お祭りの駐車場は、
旧清水中学校跡地がお勧めです。当日、恐らく駐車場として開放されると思います。
詳しくは実行委員会かホームページで確認お願いします。)

そこで1泊し、次の日にゆったりと海の景色を見ながら帰ると、きっと癒されると思います。
^^

ついでと言っちゃあ何ですが、四万十方面から帰られる場合、途中の「大岐(おおき)の浜」
の広い砂浜と水平線を休憩がてら、うっとり眺めるのもお勧めです。(*^_^*)
(※追記:先日、近隣の黒潮町でサーファーの方がサメに襲われ重症を負われるという被害が
    発生してしまいました。(TT) 今年は、海には入らず、安全第一で砂浜から景色を
    眺めるだけにして下さいね。足摺の沖合いでも3m前後のサメの目撃情報も
    ありますので・・・・。(・・;))

もし良かったら、夏休みや夏季休暇の旅行の計画に入れてみて下さいね。^^

それでは、今日はこのへんで。^^/

ポストエルニーニョ影響?台風発生まだゼロ 過去3番目の遅さ 8月は猛暑を予想 (~_~;)

今日もこちらは梅雨空です。あ、でも午前中は青空と日が差していました。^^

お陰で夜勤明けの眠い目を擦りながら、やっと本葉が2枚になったスイカの苗を午前中に
植え付け完了出来ました。(^O^)ノ 

その後で、仮眠兼昼寝から覚めてみると雨、今年は芋の蔓差しの時と言い、
お陰様でラッキーなタイミングが続いています。^_^



ところで、忘れがちかも知れませんが、今年は今日まで、台風が未だ1個も発生していません。
気象庁によると、6月以降の台風ゼロは統計のある昭和26年以降、18年ぶりだそうです。

過去3番目に遅かったのは6月25日(昭和58年)、2番目は7月2日(同48年)、
最も遅いのは7月9日(平成10年)となっていました。

しかし、今年はもしかすると、明日には第1号が発生するかもです。^^;

気象庁の明日朝9時の予想天気図にはフィリピンの北西沖に台風マークがありましたからね。^^;

それにしても18年ぶりって、何で?(?o?)

原因は、気象庁によれば、太平洋東部の海面水温が平年より高くなる「エルニーニョ現象」が
今春まで続いたことによる“ポストエルニーニョ”状態が一因と見られる、とありました。

26年夏から今春までは8季節連続で過去最長の大型エルニーニョが発生。
ペルー沖で海面水温が高く、フィリピン沖で低く、インド洋で高くなる。エルニーニョが
終息してもインド洋の海水温はすぐに低くならず、台風発生域のフィリピン沖に下降気流を
生じさせ続け、それが台風の発生を抑えたようです。

因みに、“ポストエルニーニョ”とは、エルニーニョ終息後もなお、影響が尾を引くという
意味だそうです。

しかし、そのままいけば今年は冷夏の可能性が高い、と、2月の時点では言われていたのに、
今日見ると、8月から「ラニーニャ現象」に移行して、猛暑となる。
なんて言われてますよ!

冷夏の危険性(農作物ね)と、はたまた猛暑による「熱中症への注意を!」て、どっちが当たるんだい?

て、これを読んだ時点では、誰でもこんがらがってしまいますよね。^^;

それに冷夏だ猛暑だといっても、私たち、西日本に住んでる人間からすると
あんまり関係ないように感じます。
だって「冷夏」の年も毎日のように30度を越して、結局、暑かった記憶しかありません。

しかも、最近では「熱中症」なんて、気温が30℃に届かなくてもなってる方が居るじゃありませんか!
(−O−)/ 


これらの影響が目に見えて出るのって、もしかして関東地方から北の地域だけなんじゃあ?
なんて感じるのは、私だけなのかい?(?O?)


関東地方では、夏の渇水を心配している専門家も居られるようですが、
そっちの梅雨はこれからが本番だろうに、心配なんて梅雨が明けちまってからにしなよ!^^;
て思ってしまいました。^o^;>



ところで、ワタスは最近、こんな「気候」や、天気、て言うのは、何となくですが
身体が「予感」て感じで捕らえているんじゃないかと思っています。

何でといって、私、実はある程度はそれで、自分の住んでる地域に関しては、
ここ数年、大体当たってるんですね。^^;

その勘で言わせてもらうと、今年の8月は、暑くて(どうせ毎年暑いさ!(笑))雨もそこそこ降る、
と感じてます。(追記:但し、西日本は7月はカンカン照りかな・・・。)

離れているけど、関東も、渇水までは無いような気がしてるんですが・・・、外れたらごめんなさい!
(>д<)>


まぁ、そんな事より、畑いじりを楽しんでいる私としては、大型台風の直撃が無い方が、
よっぽど大事ではないかと。
あとは渇水が無きゃそれでいいじゃん!
皆さんもそうでしょ?(^o^;)

と、言うわけで今日のセムさん、これにて終わります!では。^^/
スポンサードリンク スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。